第二の故郷藤沢へ・1日目

天気の良かった金曜日、祖母や親戚が住んでいる藤沢へ行ってきました。母が里帰り出産をし、その後も何度となく訪れ親しんできた土地であるそこは、私と弟にとって第二の故郷。日本に来てからひと月半経ってやっとモモを連れて行くことができました。
すぐお隣の茅ヶ崎には私の弟やイタリアにも遊びに来てくれた友人夫婦が住んでいるのでとにかくみんなに会いたいし、せっかくだから美味しいもの食べたりお店巡りしたり(茅ヶ崎周辺はカフェ、パン屋、雑貨屋、美味しいお店など盛り沢山なのです♪)鎌倉行ったりやりたいことがありすぎて本当はゆっくり一週間ぐらいいたいほどだったけれど、赤ちゃん連れでは結構厳しく泣く泣く一泊二日となってしまいました。ということは、もちろんハードスケジュール。でも何とか最低限のことは達成できました!

電車に乗って約2時間。モモは抱っこひもに乗ったまま半分以上は寝ていました。駅に着くと同時に目が覚め、弟の家に着いた時にはもう元気いっぱい。
この日のメインイベントは『新江ノ島水族館』。車に乗り換え、まずは腹ごしらえ。
水族館に向う途中、湘南工科大学の目の前にあるカフェレストラン(名前チェックせず。。)へ。お友達とワイワイお喋りしながらお茶を楽しむ主婦たち、一人ランチするおじさん二人、外のお弁当テイクアウトコーナーに並ぶ大学生・・・という幅広く地元の人たちに利用されているこのお店、しつこくないハワイアン調のインテリアに、気持ちよくハワイアン音楽が流れ、なかなか居心地よかったです。格闘家系の若者男性スタッフがとても親切で、赤ちゃん連れの私たちにもちゃんと気配りしてくれるし、料理も手作り感があって美味しかったので大満足でした。弟、good choise!


009

モモを溺愛する私の弟(笑)が、どうしても連れて行ってあげたいと言っていた、そして私も以前からずーっと行きたいと思っていた新江ノ島水族館に到着!なんと彼は年パスを持っているのですが、今同伴者は半額のキャンペーン中ということでかなりお得に入れました♪
入ってすぐの所では希望者に写真撮影のサービスがあって、私たちも、ウツボの人形を持たされ「チーズ」ではなく「イワシー!」の合図でパチリと1枚撮ってもらいました。クリスマスバージョンなどと言って危うく赤いとんがり帽をかぶらされるところだったけれど、それは勘弁!と断固否定。

そして中はこんなんです・・・







入ってすぐの水槽は相模湾の魚たち。

021


見て!このイワシの塊!ちょっと気持ち悪い。。

034


大水槽で行われたショー『フィンズ』では、ちびっこたちが参加できるクイズや、こうしてスタッフがカメラを持って水槽に潜り魚をアップで撮影、私たちは隣にあるスクリーンでその映像を見れたり、大人も楽しめました。

059


060


モモはまだよくわかっていないようだけど、たまには手を伸ばしてみたり(無理やり?!)してました。

038


047


040


寿司ねたコーナーで見たちょっとぞくぞくくるアナゴたち。

051


このグラスの中に何がいるかわかりますか~?

064


063


水槽もクリスマスバージョンです。他にもサンタクロースやリースなど。

079


もう一つ、ショー『ペンギンストーリー』
ペンギンもたまらなく好きです。この3匹が飛び込むのを見守っている奥のペンギンがなんとも愛らしい!

096


途中寝ていたモモも起きて、テラスで休憩。海の目の前!すぐ横には江の島も。
風がなく太陽さんさんで薄いセーターでも暖かい(いや、暑い!)ぐらい、最高の眺めをバックに写真撮りまくり!母とモモの素敵なツーショット写真が撮れました。

祖母が家でモモの到着を首を長~くして待っているので、水族館はここまで。
↓ちょっとお疲れかな?

105


126


5月以来の曾孫との再会に大喜びの祖母。私は大好きなおばあちゃんの「わかめとじゃがいもの味噌汁」やぬか漬などなどに大喜び(笑)。
モモが寝たあとも、祖母の楽しい話は続き(睡眠薬を飲んで酔っ払っているような状態に!)、あまりのおかしさに母と私大笑いしながら号泣してしまいました。こんな時間がいつまでも続けばいいのに!


藤沢にいると、心から和むことができます。東海道線乗って、江ノ島眺めて、おばあちゃんの美味しいごはん食べて・・・。本当に幸せな時間でした。

[PR]
by momo_capricci | 2008-12-22 00:52 | 日本 | Comments(0)