イタリアへ、そしてその後

c0161459_620349.jpg


モモと母と3人で成田を発ち、また長旅が始まりました。
祝日だったこの日、飛行機はガラ空き。運よく私たちは1列を独占させてもらえました。
2か月ちょっとでモモはさらに大きく成長し、予約しておいたバシネットはギリギリといった感じ。動き回りたくてしょうがないモモをシートに座らせたり、床で遊ばせたり(途中、危険なので、と注意されました。。)、バシネットに乗せてみたりとこちらはもう休む間もないほどでしたが、行きに比べたら雲泥の差。4~5回眠ってくれたし、自分がトイレや食事をしたい時には母が見てくれていたので、心にゆとりを持ったまま過ごせました。
でも、12時間以上のフライトはやっぱり疲れますね、ホントに。
乗り換えのチューリッヒでは移動・歯磨き・オムツ替えを交代でしているうちに時間が過ぎ、あっという間に搭乗時間。
-4℃という寒さの中バスに乗り込み、飛行機の元に着いたと思ったら皆すごい勢いで我先にと中に入ってしまい、ベビーカーをたたんでいた私は放置されたまま一人ポツン。。その上バックパック、旅行カバンにもう一つバックを持っていたのに、CAさんすら降りて来てくれません。「誰か手伝おうって気はないわけ?!(怒)」どうしてよいかわからずにいると、バスの運転手さんが見かねて手伝ってくれました。行きもそうだったけど、意外と皆さん冷たいものです。。
フィレンツェ行きの飛行機は満員。皆乗り込んでさぁ出発と思ったら、機体に霜が降りたとか何とかで40分の遅れ。モモは大泣きするし、人の熱気で機内はサウナ状態だし、もうウンザリ!
それでも無事少しの遅れでフィレンツェに到着、荷物も全部出てきたのでホッとしました。
空港にはアルビーと知人がお出迎えに来てくれていましたが、モモはベビーカーで死んだように頭をがっくりと下に倒して爆睡でした。
そんな状態だったにも関わらずアルビー、モモを見て「全て変わった!」と。こんなに爆睡してるのに何でわかるの??
3つのスーツケースとバックパック、旅行カバン、ベビーカーなど車に何とか詰め家路に着きました。
実家出発から22時間、長い長い子連れ旅が終りました・・・







c0161459_65633.jpg


モモが夜中起きて遊び始めるのに付き合ったりと、私と母は疲れを癒す間もなくヘロヘロ。
でも翌日久しぶりのポンティーレ(海に突き出した展望用の橋)へ散歩に出かけました。日本に比べると暖かく、薄手のコートでも十分なぐらいでした。(でも地元の人たちは大抵分厚いコートでがっちり身を固めて散歩してます)

c0161459_7194123.jpgモモも疲れてぼーっとしがち。目も半開き、二重がさらにくっきり。

バルで飲んだ久々のカップチーノ、美味しかった!アルビーが私と母の分のカップチーノを注文する時、店の人に「この時間(午後)にカップチーノを飲むのはドイツ人と日本人だけだ!」と
わざわざ言っていたことにちょっとムッときたけど。。

眠くて眠くてしょうがないモモがわめき始めたので退散。時差ボケはそう簡単には治りません。。

バッボのことを忘れてしまったのかモモは他人行儀な振る舞いで、変に愛想笑いしたりはにかんだり、いつもと全然違う様子に母と私は笑ってしまいました。抱っこされてるときも本当は嫌なのを我慢してて、最後には私に救いを求めてきます(笑)。


ところがこんな場面も・・・

c0161459_7173190.jpgc0161459_7174751.jpg

写真だけ見るとまるで以前と同じように打ち解けているように見えますが、実はそういう訳ではないのです。
こんな風に眠ってしまうなんて、よっぽど眠かったんでしょうね。アルビーはこんな体勢で私を呼ぼうにも呼べなくて困っていたそうです(笑)。

その後もモモは寝たい時に寝て、遊びたい時に遊んで、今ではほぼこちらの生活リズムに合ってきました。

c0161459_7303029.jpg


私ももう少し眠れたら、この無気力状態が回復するかな~(苦笑)。
モモの成長記録や今ハマっていることなど更新したい記事があるのになかなかその気になれない今日この頃です。

[PR]
by momo_capricci | 2009-01-21 07:35 | 日々 | Comments(0)