自家製の粉5種

アルビーがクリスマス前友人宅に挨拶に行った際、こんなにたくさんの粉類をお土産にいただいて帰ってきました。

c0161459_7534786.jpg


奥から、全粒粉・小麦粉・トウモロコシ粉(ポレンタ用)・栗の粉・ひよこ豆の粉。
全粒粉と小麦粉は膨張剤を使用できないものだそうで、ということはパスタ用ってことかしら??お菓子やフォカッチャは作れないんだ、残念。そして、ポレンタはうちではまだ1度しか作ったことがないし、ひよこ豆の粉の使い道はfarinataしか知らないし・・・唯一使いそうなのは栗の粉で、リコッタと混ぜたケーキやアルビーが好きなcastagnaccioというイタリアの素朴な焼き菓子をたくさん作れそうです。

せっかく頂いた自家製の粉を無駄にしたくはないので、まずはこの小麦粉でうどんでも打ってみようかな。
それから、この際手打ちパスタにも挑戦してみよう。いつか作ってみたいとは思っていたけれど、パスタマシーンもないし、何だか面倒そうで手を出せずにいたんですよね。
それにしても、膨張剤を使えない粉って、一体何が違うんだろう?イタリアの小麦粉の分類と使い道がよくわからなくて調べてみたりもするのですが、まだよくわかりません。

そうそう、先日Tammyさんからイタリアでのシフォンケーキ作りのポイントを教えていただいたので次回作るのが楽しみです。というのは、シフォンケーキを10回以上作って上手くいったのがたったの一度だけ(それも完璧ではなかった)、つい最近も念のためベーキングパウダーを入れて作ったのに大失敗してしまったので、どうしてそうなってしまうのか伺ってみたのです。やはり日本とイタリアの粉に違いがあるそうで、それぞれに合った作り方にアレンジしなければならないそうです。
粉ものも奥が深いんですね。

この粉で何か上手く作れたら、ブログにアップしようと思います!

[PR]
by momo_capricci | 2011-01-05 08:43 | 日々 | Comments(4)
Commented by ito-cin at 2011-01-05 09:30
栗の粉?ひよこ豆の粉??不思議ですね~。(笑)

それにしても膨張剤が使えない粉ってどうしてですかね??
興味津津(笑) 何か分かったら教えてくださいね♪

日本は、薄力粉・強力粉・片栗粉、がメインどころですよねー。
イタリアにはこの3つに代わるものってあるんですか??
Commented at 2011-01-06 11:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by momo_capricci at 2011-01-06 22:25
ito-cinさん
こちらではfarina di castagne(栗の粉)とfarina di ceci(ひよこ豆の粉)がスーパーでも一般的に売られています。私はまだ使い道がよくわからないのですが・・・
日本とイタリアでは粉の分類の仕方が違うんですよね。だから「これが薄力粉」とは言えないようなんです。私も詳しくないので、何かわかったらまたアップしますね!
Commented by momo_capricci at 2011-01-06 23:28
鍵コメさん
あけましておめでとうございます!
しばらくブログから離れていましたが、以前も今も、そちらのブログを楽しみに読ませてもらっています。娘さんの対する愛情が本当によく伝わってきて、温かい気持ちになれるブログですね。
これからも楽しみにしています。今年もどうぞよろしく!