何なんだ、この国は! (12月11日追記あり)

滞在許可証の話の続きを更新したいところなのだけれど、このところあまりにも色々なことが起こるので頭がパニック寸前です。
先ほど
例の件でニコを小児科に連れて行き、その後郵便局に寄ってきたのですが、その両方で「もう、何なの!!」と言うことが起こり・・・ちょっとここで発散!

先月、ニコの左耳の近くにある先天性耳瘻孔が炎症を起こしかさぶたができていて本人も痛がっていたので小児科に連れて行きました。ところが「今の状態では診れないから、この炎症が治って普段の状態になったら診せに来て」と言われてしまい、その時は3歳児検診だけしてもらって先天性耳瘻孔には消毒すらしてもらえずノータッチで帰ってきました。
その翌日にはかさぶたが取れ1週間ほどで完治してしまったのですが、「完治にはひと月ぐらいかかる」と言っていた先生の手前、ちょっと間を開けることにして、今日行ってきました。
で、「耳の穴を診せに来ました」と言ったのですが先生全く覚えてなく・・・いきなり耳の中を見始めました;「それではなくて、ここの穴です!」と見せたら、「あ~、これは外科に診せないと。それに今は何ともなってないから。もし炎症を起こしたりしたら消毒をすればいいよ。」ですって!治ってからじゃないと診れないと言っていたくせに!!ビックリです。「もし今度炎症が起きたらまずは私のところに
診せに来て。必要なら塗り薬を処方するから」とか言っちゃって。。この前そうしたんですけどね。
イタリアはホームドクター、そして小児科医も決めなければならないのですが、モモが赤ちゃんの時診てもらっていた先生はやる気なさげなうえ診療時間があまりにも短かったので、アルビーの友人から聞いて今の先生に替えたのです。でもね、う~ん。。今更また替えてもしょうがない気もしたり。
とにかく、ひどい症状が出た場合はピサ大学病院に連れて行くことになりそうなので、そこまで大事に至らないよう普段から更に気を付けていこうと思いました。

そして、郵便局での話。なんでイタリアって、郵便局でも、役所でも、人によって言うことがこんなにも違うんでしょう。ホントいい加減にしてほしい。
日本の親戚や友人宛にクリスマスカードを送ろうと思い行った訳です。封筒入りのカードを普通郵便で送るだけ。ここ何年か手紙はいつも1通2ユーロだったので、「15通分だから30ユーロだな、高いけど仕方ないか・・・」なんて思いながら、シールタイプの切手15通分がプリンタから出てくるのを待っていたとき、ふと「1通分いくらですか?」と聞いてみたのです。そしたらなんと4ユーロ!!えっ?!
「普通に手紙を出すのに1通4ユーロなんて高すぎるでしょ?!それに今まで2ユーロだったのに!」と言っても、お兄さんシラーッとして「料金が変わって日本へはハガキも手紙も20gまで一律4ユーロになったんです」って。信じられない額だったので「書留じゃないですよね?」「日本からは1ユーロもかからないのに!」と色々言ってみたのだけれど、そんなの興味なし。「そんなに高いんじゃ送れません、2ユーロだと思ってきたのだから」とやめにしようと思ったら、「もう9枚スタンプされていて、その分は払い戻しできません」と言われてしまい、仕方なく36ユーロ払いましたよ。あー、信じられない。
実はつい先日、市内の別の郵便局で日本に1通手紙を出していて、その時は確か80セントと言われ、いつもは2ユーロなのに何なのこの違いは??と思っていたところで。本当にいい加減!
今日は頭に来て、領収書を切ってもらいました。それでさっきPosteitaliane(イタリア郵便)
HPで確認したら、確かに2014年12月1日から値上がりしたようなのですが、日本への普通郵便は20gまで2.30ユーロとなっています。だから、30セントの値上げってことです。
明日アルビーが郵便局に聞きに行ってくれることになったのですが、さぁどうなるか。向こうの間違いだけど、払い戻しなんてしないんだろうな。
なんで普通に手紙出すだけでこんな憤りを感じなければならないのか。。出す前にいくらか聞かなかった私が悪い??本当にアホらしくなります。

いい気分でお歌なんか歌っちゃってるニコを後ろに「ホント、信じられないわ!」「いい加減にも程がある!」「もうこんな国イヤだ!」と毒づきながら自転車こぎこぎ家に帰ってきたのでした。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事の翌日(昨日)アルビーが郵便局に行ってきてくれたのだと思っていたのですが、そうではありませんでした。酷い落ち込みようだったので、相当揉めてきたのだと私が思い込んでいました。あまりにも混雑していたのでやめたそうです。
で、今日行ったら、やはり郵便局のコンピュータには4ユーロと出てきたらしく・・・「他の局では2.30ユーロだった。場所によって金額が違うのか?!HPにも2.30ユーロと書いてあったぞ!」と抗議したら、そこのお偉いさんが出てきて、コンピュータ上のミス(更新か何かをしなければならなかったらしい)だったことがわかり、間違いを認めたことは認めたらしいのですが「その日のうちでないと払い戻しなどの手続きはできない」と言われたのだそう。しかも「彼(私に1通4ユーロで払わせた青年局員)は15日前に入ってきたばかりで・・・」とか言い訳を始めたらしい(怒)そんなのこっちが知ることか!
で、その日送らなかった残りの封筒、結局は送るのに切手代を払わされたということです。。
もう、何も言う気になれない・・・

これからカードなど送る人は、今回の様な間違えもあるので前もって金額を聞いたほうがいいです。
日本への20g以内の普通郵便は2014年12月1日現在、2.30ユーロです。




[PR]
by momo_capricci | 2014-12-10 06:53 | イタリア生活 | Comments(12)
Commented by patata at 2014-12-10 18:34 x
momoさん!読んでいて私まで頭にきちゃいました!

nicoちゃんのこと、先生何も覚えてなかったんですね・・・先日診せに行った時に先生と一悶着あってmomoさんがもやもやして悩んでしまった時間返してよっ!て思っちゃっいました(-з-)
郵便のこと、私も今朝、別のブロガーさんの記事で値上がりしたというのを見たんです。
でもHPの表示と値段がかなり違うって困っちゃいますね、しかも大分多く払ってるんですし!!払い戻ししてくれると良いですね。。
イタリア人のシモーネでさえ「郵便局は皆馬鹿だから行きたくない」と言っています、行くたびに必ず何かが起きて(笑)憤りを感じるみたいでw
私も先日カードを購入したところで、送らないと!と思っていたところだったので、送料のこととっても気になります。もし本当に4€なら、折角カードは購入したけれど、送るの躊躇ってしまいます。。
Commented by nori at 2014-12-10 18:36 x
私は普段手紙は出さないの。ストレスの元になるから。写真とか手紙書いても写真撮ってLINEとかメールで送ったり。でもこの間ウリがジージバーバにお手紙を書いて、郵便で出したいと言うので…タバッキに切手買いに行ったら『値上がりしたのよね~』って…またか?って思った。別に2ユーロ30セントでもいいよ、日本の3倍くらいかかってもいいけど…ただ、取るならちゃんと届けて欲しいなと思う。せめて1週間とか?結局届かなかったことも何度かあるし。でもこの間の手紙は5日で届いたらしいし、よくわからない。その郵便局員はスゴイね、よくもまぁそんな言いきったりできるね。返金って形はとってもらえないかもしれないけど、他のカードの切手料金分とかに回す、とかしてもらわないと私は納得いかないな。てか納得しない。
Commented by naocci at 2014-12-10 22:03 x
あれ、わたしこないだ出したクリスマスカート(封筒入り)3.5ユーロだったと思ったが・・・なんでしょうこの金額は?? 久しぶりに「Via aerea」なんて赤字で書いたからかしら。 小児科医はよろしくありませんね(怒)!!! 
Commented by momo_capricci at 2014-12-11 06:07
patataさん
この先生が何も覚えてないの、いつものことなの。その辺はもう慣れちゃったんだけど、前回と全く違うこと言うのはやめてほしい・・・信用を失うよね。
本当に、郵便局員は態度悪いし間違えるし、シモーネの気持ちがよく分かるわ。
今回のことは、完全に向こうの間違えで、本当は2.30ユーロです。でもこういう局員もいるから切手を出してもらう前に確認した方がいいね。
今日アルビーが行ってきてくれたんだけど、家に戻ってきたら黙って頭を抱え込んでしまったので何も聞けなかった・・・行ってもらって後悔したよ。こういう理不尽なことが色々ありすぎて、イタリア人のアルビーですら参ってしまう。ヒドイよね。
Commented by momo_capricci at 2014-12-11 06:18
noriさん
noriさんのように自らストレス回避するの、正解ですね。
年に一度のことだしと思って日本にカード送っているんだけど、そんなことすら普通にできないこの国って・・・子供が書いた手紙とか、届かないと切ないよね。
昨日の郵便局員、新米っぽい若い青年だったんだけど、態度だけはご立派で。相手のことは全く無関心。
今日アルビーが行ってくれたんだけど、どうにもならなかったっぽいです。帰ってきたときの落ち込みようをみて何も聞けませんでした。。最近こういうことが多すぎて、アルビーも参ってるみたい。
Commented by momo_capricci at 2014-12-11 06:30
naocciさん
3.5ユーロって数字はどこからきたんだろう?20g以上の金額とも違うし・・・本当に謎ですね。
この小児科医には以前から不信感があったんです。数か月前ニコが中耳炎になった時、抗生物質を8日間与えるように言われ、その後再診に行ったら、耳の中を確認もせず顔色を見ただけで「もう大丈夫でしょう」と言うんです。「耳は診ないんですか?」って聞いたら「薬を8日間飲んだんだから治ってるでしょう」って言っておしまい。なんだかな~って感じです。。
Commented by kouraji at 2014-12-11 12:56 x
ストレスフルな郵便事情ですね。HP上で記載のある金額とは異なる金額を例示するというのがまかり通るというのが納得できないです。医師の件もあり得ません、が、あり得ている、、、。しんどいですね。日本のそれぞれの事情をご存じだからこそ感じるストレスですね。みなさん、よく我慢してらっしゃいます。
Commented by ito-cin at 2014-12-11 16:55
ひぃぃぃ・・・・(T_T)読んでいるだけで泣けてくる、疲れる、アタマに来る・・・
もう、「また・・・?」って感じですよね・・・
小児科、うちも、「6ヶ月までは母乳で!」って言ってたのに、五ヶ月半のとき検診で、「フルーツとか始めてわよね?」って言われて・・・
私はいちいち反応してしまったんだけど、こういう事に巨人氏は、「まぁ忘れちゃったんじゃない?」って感じでスルーなんですよね。こういうの性格なのかイタリア人だからなのか、私も大雑把にならねば損だなって思います。
それにしても、ニコちゃんの様な大事な件はきちんとしてもらいたいですよね・・・病院ですよ、病院・・・
そうですか、郵便局、その後もダメだったんですね・・・あぁ信じられない・・・この国には「顧客満足」とか「企業努力」って言葉はないんですね。。
こういうことって、イタリアだからなのか、日本が素晴らし過ぎるのか、他の国を知らないのでどっちが普通とか言えませんが、素晴らしい方になれてしまった私達には苦痛の何物でもないですよね・・・
お疲れ様でした。。何かいい方法でストレス解消できますように・・・!
Commented by momo_capricci at 2014-12-12 05:28
kourajiさん
本当にこの国は、郵便だけでなく色々な場面でストレスだらけです。何が一番頭に来るって、彼らの開き直り、不誠実さ、要領の悪さ・・・
来た当初に比べたら、ここがどんな国だか分かってきた分これでもだいぶ精神的に楽になりました。
正直ものが損をする国です。
Commented by momo_capricci at 2014-12-12 05:50
ito-cinさん
疲れますよね、分かりすぎるでしょ?!
医者は人の命が関わる場合もあるのだから、これじゃあまりにも無責任です。大雑把でいいことと悪いことがありますよね。ホームドクターって面倒くさい!と思ってしまいます。
私も日本とイタリア以外の郵便事情は知らないけれど、他の先進国に比べたらかなりひどいんじゃないかって想像できます。完全に自分たちのミスなのに、それを認めても謝らない、いい訳をする。誠意がなさすぎです!
なかなか怒りが収まらなかったのですが、今日は裁縫に集中できたので少し楽になれました^ ^
Commented by mimi at 2014-12-13 22:17 x
悲しいですがこれがイタリアの現状です。ブログ主さんがお住まいになっている国はこうだと受け入れるしかありませんね。これは人の問題ではなく国の問題ですね。イタリアでは出来ないんです、こういう事がちゃんと。もう何が起こっても耐える以外ないと思います。私もこういう事に振り回されることが沢山ありましたね。今は日本で生活してますけど、こういうストレスがなくてかなり解放されています。はっきり言って馬鹿馬鹿しいですよね。このままで大丈夫なんでしょうか、イタリア。。。。こういう事があるたびに、私は国の心配より、これが子供達が育っていく国なのかという心配がまず先に来ますね。せっかく美味しい料理と綺麗な景色がある国なだけに勿体ないとしか言い様がありません。
Commented by momo_capricci at 2014-12-15 07:42
mimiさん
初めまして。コメントありがとうございます。
そうですね、ここで暮らしている限りこの状況を受け入れる、というか、何とかかわしてくぐり抜けていくしかないですね。。
日本では当たり前だと思っていたことがイタリアではあまりにもスムーズに行かなくて、しかも誠意がなくて、本当にがっかりします。
この国で育って行く子供の将来・・・心配ですが、私たち親ができる限りいい方向に導いていけるよう頑張るしかないのかな。。