イタリアの小学校で習う筆記体

モモが幼稚園に通っていた頃から憧れていた筆記体。小学生になりイタリア語の授業で教えてもらってからは嬉しくてしょうがないようで、家でも毎日のように何か書いています。
でもまだ全ての文字を完璧に覚えていなくて時々私に聞いてくるのですが、「先生のと違う!」とダメだしされてしまうことが結構あるのです。
モモの書く文字を見ると、私が中学生の時に習った筆記体と書き方が異なるものが・・・
特に小文字のfとpとzには面喰ってしまいました。
で、イタリアで使われている筆記体を知りたくて探してみました。

c0161459_04494602.jpg

これはあるサイトから借りてきたものですが、イタリア語ではjkwxyは使われないのでこの21文字のみ。こうして文字が単体で書かれていると、acdgoqの左側にくっ付いてるヒゲが気になる・・・文字を続けて単語を書くときは勿論このヒゲで繋がっているわけなので気にならないのですが、例えばaで始まる単語を書くときにもこのヒゲが必ず付くのです。大文字については私自身が忘れてしまっているものが多かったのですが、改めて見てみるとやっぱり全然違うものが多くてビックリ。
何だか書きにくそうな筆記体なのにそれを忠実に書こうとしている(学校で習ったのだから当たり前だけど)モモを「健気だな~」と思ってしまいました(苦笑)

それから文字の書き順について。モモの書き方がメチャクチャで驚いてしまうのですが、イタリアでは書き順って重要ではないのかしら?
1つ、ビックリしたエピソードが。小学校が始まって間もなく算数の時間に数字の書き方の練習があったのですが、その頃からモモが”5”を右上から一筆書きで書くようになったのです。「その書き順は違うでしょ」と注意したら、「これで合ってる」と言い張るので学校で使われている練習帳を見てみたら本当にそうなっていました!
そういうことがあったので、アルファベットに関しても日本とイタリアでは書き順自体が違うものもあるのかもしれないという思いと、日本ほど書き順に重きを置いていないのかも?という思いがあり、今まで疑問を持ちつつも学校にお任せしていました。
でもやはり気になるので今ちょっと見てみたら、日伊で書き順の違いがあり、しかもイタリアの子供向け学習サイトをいくつか見比べてらサイトによって書き順の違う文字がありました。
そして自分のアルファベットの書き順がかなり間違っていたことも(日本の書き順で)わかり、もうグチャグチャ~。モモに偉そうに教えている場合じゃありません(汗)
今となってはモモも自分流の書き方になってしまって直すのが難しいかもしれないけど、もっと注目して明らかに書き順が違う文字は修正しないと、と思いました。
ひらがな・カタカナは書き順も割と厳しく教えてきたけど、アルファベットも学校にお任せにしないできちんと見てあげないといけなかったんだなと反省・・・

今算数も、引き算が二桁になってきたりして混乱しているモモ。見ているこちらとしては「なんで~?!」と思ってしまうような易しい計算も、モモにとっては未知の世界の話で壁にぶち当たってしまう。説明してもなかなか解ってもらえずついイラッときてしまうのだけど、気長に付き合ってあげなくてはと、こちらも反省。毎日練習問題をすることにしました。

イタリア語と日本語ごちゃ混ぜで説明してしまうのも良くないんだろうな・・・
解りやすく教えるのって難しい。親にも多々課題あり、です。




[PR]
by momo_capricci | 2015-04-13 06:44 | イタリア生活 | Comments(0)