口論の理由は…

先週の話。
このブログでも何度か愚痴っているけれど、相変わらず毎日の献立が苦痛で苦痛で日々頭を悩ませています。今は大体1週間の夜の献立を、肉2回、魚2回、ピッツァ1回(この日は何も考えなくていい♪)、卵料理1回、あと1回はできるだけ野菜中心の料理に、とザックリ決めていて、そうすることで少しは気が楽になるかなと思ってました。でも実際は、魚が思うように手に入らないことが多いし、自分のレパートリー不足や食品に対する意識の変化で使う材料を自分自身で制限してしまっているところがあったり、子供の好き嫌いもあったりで、なかなかうまくいきません。
それに加えて今ますます私を悩ませてくれるのが、アルビーの食に対する言動。。元々食べ物に気をつけている人なのだけど、最近歳のことを考えてかより一層こだわりというか、自分が食べるものは自分で決めたいという気持ちが強くなってきているようで。私に「今夜何作るの?」と聞いて、それが彼の中OKでない場合、「じゃあ自分は○○を作るよ」と言って、私たちと別のものを自分で作ります。うちのキッチンが広くて、家計に余裕もあって、というのなら話はまだすんなりいくのだけど、子供のシャワータイムや夕飯の準備でバタバタと忙しくしている時に度々狭いキッチンを占領されたり、買い物も増えたりすることが結構ストレスで。なので、できるだけ家族全員同じものをと思うのだけど、それが本当に難しい。私、食事については自分なりにいつも考えていて、且つ子供の好みやその日給食で何を食べたかも考慮したりして、日々の献立を絞り出しているつもりなんだけど。。
基本、子供には「何食べたい?」と聞くことはないのですが、先週のある日、もうどうにもメニューが浮かばず、半分投げ出したい気持ちでモモに「何食べたい?」と聞きました。そしたら「コロッケ~!」という答えが返ってきたので、じゃあ久しぶりに作ろうか!と思ったのです。で、翌日アルビーに「今夜はコロッケにする」と言ったら。「自分は食べない。揚げ物は先週したじゃないか!月一で十分だ!この前モモが『揚げ物にすると何でも美味しい』と言っていたけど、だったら毎日揚げ物食べてればいい!!」と怒りがモモに飛び火してしまい。。普段私が作るもの(特に魚)をイヤイヤ食べることが多いモモが前の週に作ったイワシのフリットを食べながら言っていた一言に腹が立っていたらしく。。このところ度々アルビーが別のものを作って食べていたので、そのことにストレスが溜まっていた私も反論。「私だって栄養のこと色々考えて作ってる。子供がいる家庭はどこだって少しは子供に合わせることになってしまうでしょ。いつも子供の好きなものばかり作ってるわけじゃないし。今回は私が何を作っていいかわからなくなってしまったからモモに聞いてみただけで、たまにはそういうことがあってもいいじゃない!じゃあ私は子供の事ではなくいつもあなたのことだけを考えて作らなければならないの??家族で同じものを食べることはできないの?!」と・・・その後も口論はしばらく続き、結局アルビーが「じゃあもう何も言わない!」となり、気まずく終了。。
分かっているんです。アルビーは自分で自分の健康管理をしっかりしようとしているわけで、それは責任感があって素晴らしいことなのだと。でも、私も家族全員のことを考えたうえで料理しているわけで、それをみんなで囲んで食べるっていうの、できないのかなぁ・・・それって私の自己満足なのかな。
今回が初めてではなく、年に何度が同じような口論が勃発するのですが、お互いの食についての考え方が全くかみ合っていないということでは決してなく、「アルビーみたいにちゃんと考えてる人で(私の考え方が通じる人で)よかった」と思うこともよくあります。
ってことは、”大切だと思うこと”に共通点があるってことなんですよね。ここで吐き出したらポジティブに考えられそうな気がしてきました。
もっと気を楽にして料理を、食べることを楽しみたいなぁ・・・




[PR]
by momo_capricci | 2016-02-16 07:34 | 日々 | Comments(14)
Commented by cipolline at 2016-02-16 17:04
食事の献立、難しいですよねー。。。家計を考えバランスを考え、さらにできれば家族みんなが笑顔で食べてもらえるように考える・・・。うち、実家の父親はとっても単純で料理なんて全然できないから、口に入れる前から「おー!!うまい!」と言って逆に母を怒らせるタイプ。(苦笑)
一方、パオロは味覚が私なんかよりずっと鋭いし、それでいて好みがはっきりしているので、momoさんのところと状況は違えどこれまでも結構悩んで色々試行錯誤してきました。(現在進行形ですが)

今は私の体調が日によって違うので買い物に出られなかったりして家にあるもので片付けてしまうことも多いけれど、普段は私も一週間分の献立を作るようにしています。で、作るときに、パオロにとりあえず食べたいものをだだーっと(単品でも)あげてもらうようにしています。うちもランチ・夜と週14回分あるので、その中にパオロのリクエストしたものを埋め込んで、バランスやどこにもってくるかは私が決める。そうすると、自分のリクエストしたものが入っているから彼も満足そうだし、多少は我慢してくれます。

でも、momoさんの言うように、食に関してこだわりがあるのはとってもいいことだと思います。そして、野菜も新鮮で旬なもので美味しければ我が家のボーイズも好んで食べてくれる。単純なことだけど子供には味がわかる人に育って欲しいと願います。
少しずつ譲って、みんなが満足できる食卓に近づけたいですよね。
Commented at 2016-02-16 20:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-02-16 20:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-02-17 14:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by momo_capricci at 2016-02-17 18:16
> cipollineさん
こんにちは。
yukoちゃんのお父さんのキャラ、大好き!(笑)うちの父親は糖尿病なのに節制できない人で、薬飲んでればOKみたいな感じで好きなもの飲食してるの。健康管理って周りがいくら言っても自覚して本人が行動しないと仕方ないんだよね。そういう人を見てきたから、きちんと実行しているアルビーのこと、尊敬しているんだ。風邪もほとんどひかないのは努力の賜物だと思う。
私もアルビーにまず何食べたいか聞くんだけど、それが魚だったらイワシ(sarde)か干しダラ、肉だとジビエ系や鴨などで、子供が食べたがらないもの、値段の張るものばかり・・・イワシは手に入りやすいし私も積極的に取り入れてるんだけどね。
子供の事を考えなくていい分お昼はすごく気が楽で、ほぼ毎日野菜たっぷりパスタ。たまに塩の量で文句言われるけど(苦笑)
やっぱりさ、お互い多少は譲り合わなきゃ誰かが苦しくなっちゃうよね。私だって食べたいものあっても他の3人が食べなかったら作りたくても作らないし・・・
食べることって嬉しいこと、楽しいこと。いくら体にいいものを食べていてもいつも家族の顔が沈んでいたら台無しだと思う。
パオロさんの好みがはっきりしてるって話、イタリア人に共通するところがあるよね。好きでないものは無理に食べなかったり、「自分はいらない」ってはっきり言ったりするの見て、イタリアに来た当初ビックリしたのを覚えているよ。
色々悩むけど、大事なことだから、これからも試行錯誤でやっていくしかないのかな・・・

Commented by momo_capricci at 2016-02-17 18:36
> 鍵コメat 2016/02/16 20:22さん
こんにちは。
そうだね、それもすごくあると思う。若いころから気をつけていたみたいだけど、家族ができるとより一層その思いは強くなるし、年齢のこと・子供のことを考えるとなおさらだよね。cipollinaさんへの返事でも書いたけど、そういうこと全くしない私の父親と正反対で、自分で情報を収集して実行しようと心がけているのってすごいなと思う。私も感化されるし、できるだけ協力したいと思ってはいるの。
でも子供もいるし、毎日のことだし、家計のこともそうだけど、できることとできないこともあるんだよね。お互いある程度は妥協しつつ、理解しあってなるべく楽しい食卓にしたい・・・
ほかの歳の差カップルはどうなのかね。旦那さんはあまり気にしなくて、奥さんが気を付けてるってパターンが多そう(私の偏見かもしれないけど)な気がするけど、今度友人カップルにも聞いてみよう!子供の有無でも変わってくるよね。
Commented by momo_capricci at 2016-02-17 18:57
> 鍵コメat 2016/02/16 20:59さん
こんにちは、お久しぶりです~。コメント嬉しいです!
う~ん、そういう食生活もちょっと心配ですね・・・その鶏肉も、そういう物を自分で買ってきて、これ焼いてって言われたら確かに嫁としては腹が立ちますね(苦笑)
育った環境があまりにも違うと戸惑いますね。子供って小さくてもそういうのよく見てるから、影響されそう・・・
どちらが良いとか悪いとか決めつけるわけではないけれど、家族で食卓を囲むことの楽しさ、温かさ、みたいなものを少しずつ分かってもらえるようにやっていけたらいいですよね。うちの場合もそうですが、やっぱりお互い理解し合うことがまず大事なのかな。
日本人同士じゃないし、特にちゃんと話さないと分からないイタリア人相手だから(苦笑)、どんなことに対しても自分の考えを相手に伝える努力が必要なんですよね。
それがまた大変だけど、お互い頑張りましょう!
Commented by momo_capricci at 2016-02-17 19:17
> 鍵コメat 2016/02/17 14:47さん
いえいえ、とんでもない!
以前、お菓子作りに使いたくてBIOの菜種油を買ったことがあるのですが、値段が結構する上に、私が買ったものは香りにクセがあって、それ以来買っていないんです。揚げ物には使わなかったのでどんな感じに仕上がるかはわからないのですが・・・
今はお菓子も揚げ物も、ESSELUNGAのBIOのOLIO PER FRITTURAを使っています。ひまわり油にヘーゼルナッツ油が少しだけ混ざっているものです。クセがないし1リットルとたっぷりなので気に入ってます。
オリーブ油オイルもそうですけど、特に油はいいものを使った方がいい、とアルビーも他の友人も言っています。色々試してみたいのですが、いいものは値段も張るし、なかなか・・・今はこれでいいかなと思っています。
Commented at 2016-02-18 15:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by momo_capricci at 2016-02-18 19:53
> 鍵コメat 2016/02/18 15:56さん
ESSELUNGAはイタリアの大手スーパーの名前です。きっとそちらにもあると思うのですが・・・見つかるといいですね。
私もまだまだ知りたいこと知らないことだらけなので力になれるかわかりませんが、これからもお互いに情報交換していきたいですね!

Commented by nori at 2016-02-22 06:12 x
上手く言えるかわからないんだけど、一言で言うとすっごくびっくりした。別に、アルビーさんを否定とか非難とかしているわけじゃなくてね、こんなことあるの?!って、率直に驚きです。自分は○○を作る、って、それは自分だけが食べる分?そういうのを見て、モモちゃんとニコ君は何にも言わない?出てきた食事に文句言ったりするようにならない?
別に食べたくないならほんの一口だけ食べてみるとか、黙って食べなきゃいいだけじゃないのかな、って思うんだけどな。おかず一品とかじゃないだろうし、他のもの食べておけばいいと。きっと男性は毎日毎日ご飯作ることがどんなことか本当には分かっていないんだろうね。たまーに作るだけなんて楽しいに決まってるし。
別に、子供に『何食べたい?』って聞くことは決して悪いことではないと思う。いつもいつもはまずいだろうし、好き嫌いのある子だったらそれはさらに問題だろうけど、たまにはいいよね~小さい頃、母にそう聞かれて、『春巻き!』とか答えてちゃんとそれが晩御飯に出てきてさ、なんか嬉しかったの私覚えているもの。なんだか、愛を感じる。
揚げ物月一?!?!ひぃームリ!私揚げ物大好き。昨日のメインはサバの竜田揚げ甘酢あんかけ、今日は主人が豚と鶏とズッキーニとナスとカルドをのフリットを作ったよ~食べすぎかなー。
Commented by momo_capricci at 2016-02-22 20:02
> noriさん
子供たち、バッボがいつも食べるものに気を付けていて、自分の分を作って一人だけ別のものを食べていてもそれが好物だからってわけではないこと分かっているの。よく食事時に食べ物のことで私とアルビーがあーだこーだ話してるの聞いてるから、その辺は大丈夫だと思う。
うちはイタリア流にメイン付け合せって感じで、日本のように何品も作らないから余計こうなっちゃうのかな。
そうだよね、子供にたまに食べたいもの聞くの、自分の意見も聞いてもらえて嬉しく思うよね。そういうことがあるから、多少嫌いなものでも食べようって気になるかもしれないし。
へぇ~、noriさんちは揚げ物多いんだね!二日連続なんてうちではあり得ないな。。でも月一を強制するのはあんまりだよね。
アルビー、いろんな野菜を細かく刻んで炒めてカレー粉などのスパイスで調味したもの(塩は一切なし!)を頻繁に食べているんだけど、よくもまぁ同じものばかり飽きずに食べているものだな~と、感心してしまう。それが美味しくて好きみたいで本人満足してるから、何も言えない(笑)
Commented by mimi at 2016-03-01 22:03 x
どちらの言い分も正しいような気がします。うちのイタリア人の主人は家族みんなで同じものをおいしく食べよう、というのが大前提です。食事って中身ももちろん大事でうちも無添加やオーガニックなど出来るだけ身体によい選択をするよう普段から心がけていますし、揚げ物は食関係の仕事をしている身内から“週1回がベスト”と聞いてそれを守るようにしていたり、でも、外食やおつきあいで揚げ物がそれ以上になったりすることもありますし、普段食べないようなジャンキーな食べ物を食べる事だってあります。それはしょうがないですし、それが特別だという事は子供達も理解しています。それより何より、食べる事=楽しい事!と思える事が重要かと。“共有すること”って一番大事だな、と私は主人を見ていて思います。私も以前は子供の食生活や就寝時間等、すべての事に気を張り過ぎていつも怒ってばかり、ストレス溜めてばかり居たんです。でも、ある時、果たして子供の為だろうか、と思うようになり、もっと違う視点から考えてみよう、と思うようになり、その結果、気を抜いて楽しく、例外があってもいいじゃないか、と思えるようになりました。そうする事で肩の力が抜け、すべてが良い方向に向いて行きました。あれこれ考え過ぎてストレスを溜めたり神経を使ってばかりいてはせっかく健康な食生活をしていても身体は疲れてしまうような気がします。こだわる事は悪いことではないですが、片寄すぎているのも良くないかな、と。本来の“家族”や“食事”のあり方を別の方向から考えたら少し楽になられるのではないでしょうか。
Commented by momo_capricci at 2016-03-04 05:51
> mimiさん
初めまして。コメントありがとうございます。
mimiさんのお考えに全く同感です。家族揃って同じものを美味しく楽しく食べれたら、それが最高ですよね。
私自身特にここ数年は食品選びに結構気を付けていて、それを踏まえたうえで家族全員の食事を考えていたつもりなのですが、主人は主人で自ら情報を得てそれを実践しようと心がけていて、それはとてもいいことだと思うのだけど、でも”自分だけ違うものを食べる”っていうのはどうなのかとずっと思っていて。
そういった疑問や狭いキッチン、家計の問題などでストレスが溜まったりして、料理も食事も楽しくなくなってきているんです。悩んでやっと決めた献立なのに子供に嫌な顔されるし、”楽しい食卓”からどんどん遠ざかってる感じです。
今現在も相変わらず主人が自分の分を作って食べることが週に2~3回はあって、これはもう変えられそうもありません。これまで何度も同じことで口論したけれど変わらなかったので。
主人が健康のためにやってることだからこれはこれでよし、と私が割り切って、子供にも主人がしていることをきちんと説明すれば、もっと気が楽になれるかな・・・
健康的な食生活を送っていても楽しくなくてストレスが溜まっていたら意味ないですよね。まずは私が考え方を変えてみようと思います。