ノーと言えない性格

「No」と言えなかったばっかりに、ちょっと大変なことを引き受けてしまった。。
勝負は明日の朝。
その話を聞きに行ったとき、「これは私には厳しいな」と思っていたにもかかわらず、「Si(はい)」と言ってしまい(それまでに色々経緯もあって)、後でひどい自己嫌悪。
しかもイタリア人にありがちだけど、その後勝手に話を大きくしてしまい、打ち合わせと全然違うことをメッセージで要求してきた。
私が「イタリア人ってどうしていつもこうなの?!勝手に話を変えるし!」とあーだこーだ文句を言っていたら、アルビーに「これがイタリア人なんだよ、知ってるだろ。そういうものだと思って受け止めるしかないんだよ!」と、いい加減分かれ、みたいな感じで逆に説教され・・・アルビーが別にイタリア人の肩を持って言ってるわけじゃなく、私のために言ってくれてるっていうのは分かってるんだけど、腹が立つ!(苦笑)
とにかくもう後には引けないので、なるようになる、と思って頑張るしかない。
これも経験。こうして人間強くなっていくんだよな。と自分に言い聞かせてるところです。


[PR]
by momo_capricci | 2016-03-23 07:28 | イタリア生活 | Comments(2)
Commented at 2016-03-23 19:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by momo_capricci at 2016-03-23 23:48
> 鍵コメさん
こんにちは。
そうそう、私も思考が止まっちゃう。特にイタリア人との会話では、まず内容を理解するのにいっぱいいっぱいで、その場で返事を求められると考える間もなくて「Si」って言っちゃったり。初対面ならなおさら・・・
今回は友人から、コックをやってる友人にお寿司を教えてあげてほしいと言われて。よく聞いてみるとこの辺りでも有名な高級リストランテのコックで、しかもパリなどで高級なお寿司を何度か食べてる人だってことがわかって。
腹をくくって今朝行って来たんだけど、私が想像していたのと違って(打ち合わせでの彼の説明が少なすぎた!)許容範囲内だったので、何とかやり遂げられたよ。事前のメッセージのやり取りで私の質問にちゃんと答えてくれなかったりしたので、私の心配が増大してしまったのね(苦笑)とにかく今は終わってホッとしてます。
案ずるより産むがやすし、なのは分かっていても、勇気が持てない。何事も経験なんだよね。結果的にはやってよかった^ ^
コメント嬉しかったよ、ありがとう!