2013年 12月 11日 ( 1 )

先日、私のアレルギー検査に行ってきました。

自覚しているアレルギーは、10年ほど前に検査した時にわかったハウスダストとイネ科の植物、そして痛み止めの薬2種(日本のものとイタリアのもの一種ずつ)。他にも抗生物質を飲んで動悸がしたことが数回と、何が原因かはわからないけれど食後に背中や顔などに発疹、痒みが出ることがあり。
自覚しているものはまだいいとして、やはり薬品関係が心配なので、かかりつけの医師に相談しアレルギー科での検診を予約をしました。

結果から言うと、まず抗生物質のアレルギー検査はそこではできず、ピサ大学病院に行くよう言われました。結局その日やってもらえた検査は17種類の一般的なアレルギーで、そのうち陽性反応が出たのが7種。
自分がそれほどのアレルギー持ちだとは思っていなかったのでビックリ。猫アレルギーだったなんて!
痛み止めに関しては、「今まで服用してみてアレルギーがなかったものを使うように」ということで、特に検査はありませんでした。

今回の結果をまずかかりつけ医に見せに行き、その後近くの保健所に血液検査をしに行ってから結果をもって大学病院に抗生物質のアレルギー検査をしに行かなければなりません。何て不便なシステム。。検査料なども場合によってはビックリするほど高かったりするし。。
大学病院へは家族全員で行くことになるので待ち時間なども心配。
でも大事なことなので、早く済ませてスッキリしたい!
日本にいたときは抗生物質を飲むことがほとんどなかったのだけれど(医者に行くほどの病気にあまりならなかった)、イタリアに来てからは増えてしまった・・・
病気にならないよう普段から気をつけて予防していくことも、家族のことを含め、もっとよく考えないといけないな。


アレルギー検査の覚書き
[PR]
by momo_capricci | 2013-12-11 06:51 | 日々 | Comments(11)