カテゴリ:子育て( 74 )

昨日の晩、モモが急に思い出してニコにこんなことを言いました。
「A(モモのクラスの男の子)に、『いとこ(ニコのクラスの一つ年下の女の子)のことぶつなって弟に言っておけ』って言われたよ!」と。
子供同士、おもちゃの取り合いとかちょっとした口喧嘩からつい手が出てしまうことって日常茶飯事。実際ニコは、モモや親友Aにはすぐ手や足が出る。でもそんなに仲がいいわけでもない女の子のことをニコが叩くかな。もし本当に叩いたんだとしたら、何か理由があったんだろう。そう思いました。
でも、私は現場を見てないし、先生からもそういう話は聞いてないし、こうして回り回ってきてモモの口からそれを聞いたってことが何とも嫌な感じでした。
それで今朝ニコを幼稚園に送って行ったときに先生に聞いてみました。
先生は初め勘違いして、その女の子がニコのことを叩いたと私が言ってると思っていたので、「違います、その反対です!」と言うと、「あ~、あの子はすごくお転婆で皆に手を出したりするのよ~。初めに叩いたのはあの子で、ニコはやり返しただけだから。心配しないで、ニコはそういうことはしないから。何かあったらあなたにちゃんと話すから大丈夫よ。」ということでした。やっぱりね~、と安心しました。思っていた通りでよかった。
どうやってこの話がAにまわってきたのかわからないけれど、ニコが悪いと決めつけるように言われてしまってモモも嫌な気持ちになっただろうし、勿論Aはそう思っているんだろうし。
こういう誤解って結構あるんだろうな。
やっぱり母親って自分の子供の行動に敏感だし、自分がいない時の様子ってすごく気になる。他人の言葉に一喜一憂してしまいがちだけど、いつも子供のことを一番近くで見ているのは自分。子供の事を一番信じてあげられるのは母親の私なんだな、と思いました。

yukoちゃんの記事を読んだ後だったこともあり、考えさせられました。素敵なお母さんですね!



[PR]
c0161459_19114392.jpg

先週水曜日はニコの誕生日でした。もう4歳!
お腹から出てきたときのひょろひょろの足とおしりは一生忘れないと思う。あれから4年も経ったなんて。

誕生日当日は、同じ日生まれ、同じクラス、しかも同じ通りに住んでいるAと共に幼稚園でお祝いしてもらいました。Aマンマと用意したのは今年もピッツァ。パン屋さんで注文したピッツァにトマトソースで2人の名前を入れて持って行きました。

そしてその夜には家族だけでお祝い。↑ケーキの上にはモモがニコに書いたカードが。。やっぱりこうして家族水入らずで過ごすのが一番いいな。



c0161459_19120490.jpg

これではまだ終わらず。
Aマンマとの話の流れから、金曜日の夜ウチで2家族合同のお祝いをすることに。
スーパーでピッツァの生地を買ってきて、おうちピッツァ。それでもちょっとしたアンティパストと7人分のピッツァを用意するのに意外と労力を使いました~。子供は(特にニコ)は騒ぎまくり、Aマンマの弾丸トークは尽きることがなく・・・
グッタリ
写真入りケーキはAマンマが注文しておいてくれたもの。ナイフを入れるのが拒まれました(苦笑)

私にとっての最大の山は日曜日の親戚と親しいお友達を呼んでのパーティー。毎年、「今年はいとこだけ呼ぶことにしよう」と思いつつ、結局いとこだけでも4人で+モモニコで既に子供が6人。。だったらと、お友達を数人追加してしまい、スゴイことになってしまうのです。
今回は、男の子組はまぁ勝手に遊ばせとくとして、女の子組はもう6~7歳なので何かクリエイティブなことを一緒にやろうと思いいくつか用意しておきました。
ひとつが、TIGERで買っておいたマスク(お面)。色々なデザインのマスクが冊子に描かれていて、それを切り取り自分で好きなデコレーションをするというもの。画用紙で羽を作っておいたので、それを貼ったり、ペンで好きな模様を描いたり。それを見た男子軍団が「自分も欲しい!」と言いだし、最終的には皆でマスクを付けて大騒ぎ!!あれほどまで騒ぐとは考えてなかった。。(汗)
そしてクリスマスツリーの型で抜いたクッキーにデコ。これは女子4人に大受けでした。
今年のバースデーケーキは、ココアロールケーキを2本並べてミニガーランドとクッキーで飾りました。ロールケーキは巻くときに生地が割れてしまって散々な出来だったけれど、飾りで無理やりカバー。

こうして無事、4回のお祝いが終わりました~。4回は多すぎるよね。
今年モモの誕生日はパーティーなしで外食だったので、ニコにはこんなに色々やってあげてモモはちょっと不満そうでした。他のお友達みたいにクラス全員呼んで外でやりたいようなのだけど、それは無理!
これぐらいの規模のパーティーが限界です。・・・と既に次の誕生日のことが頭を過るのでした。



[PR]
c0161459_06115015.jpg

モモが通い始めた音楽教室は、こんなvillaの一室で。広い敷地には公園もあって、ニコと2人遊んで待ちます。教室に親は入れないので、どんなことをしているのかは、モモに聞くか先生に聞くか。
小さい子が多いけれど、とても楽しんでいるようです。




[PR]
長かった夏休みもようやくあと1週間で終わりという今日。
6月初め、学校を3日間早く切り上げさせてもらって日本へと出発した訳ですが、最終日に宿題について私が直接先生に聞きに行きました。(聞きに行かないと教えてくれないことが多い!)それで言われたのは、強制ではないけどイタリア語と算数の本を1冊ずつ。それ以外は何もなし!きっとたくさん出るんだろうなと思っていたのでその時はちょっと拍子抜けしました。
その本は学校関係の本を扱う書店でしか手に入らないということだったので、時間もないし日本から戻ってきてから買いに行くことに。
で、7月初め。先生から聞いた○○通りにある△△書店を探すもそれらしき店はクローズ(店の中空っぽ!せんせ~い!!)。チェントロにある、知ってる限りの本屋を1軒、2軒・・・と回るも「うちにはその本はないです」と言われ、3軒目にしてようやくゲット!でも算数は在庫切れで1週間待ち。来週取りに来てと言われてしまいました。。
そんなこんなでスタートが遅れてしまったせいもあり、今になってヒーヒー言ってます。モモも私も!!
前半は易しい問題ばかりだから楽勝~♪だったのが、後半はもうわからないところだらけ。。問題の意味すら解らないと言うことが多いので、それを説明するため私がずっとそばにいなければならない。
「問題の意味が解らなかったら何度も読み直して、例や絵を見て、全体を確かめながらよく考えなさい!!」と言ってるのに、それがなかなかできないよう・・・まだ1年生終わったばかりだから当たり前??
算数では一桁の足し算・引き算すら固まってしまうモモ。習い始めた時から苦戦していたのだけど、何故か成績はとてもよかった・・・先生ちゃんと見ているのだろうかと、私怪しんでいます。この先2年生になったら掛け算も出てくるだろうし、大丈夫なのだろうか。。
しっかり身に付けさせたいと思う一心で、教える口調も厳しくなるし、イタリア語と日本語ごちゃ混ぜで説明しちゃったりして、更にモモを混乱させてしまっているかも。
しかも、2冊ともまだ10ページ以上残っているというのに、昨日クラスのお友達の誕生日会でもう一つ宿題があったことを知り、愕然。。
なんと日記を書かなければならないらしい~!!教えてくれたマンマ、「そんなの6日分ぐらい書いておけばいいのよ~!今日はどこへ行ったとか、誰に会ったとか、何か予定があった日の出来事を適当に書けばいいのよ~!!」って(苦笑)さすがイタリア人。この宿題のこと、先生はきっと夏休み直前に言ったんだと思います。私、聞いてないもん!もういなかったもん!!
こういう大事なことは少し前に言っておいてほしい。そして、きちんと全員に伝わるようにしてほしい。
6日分っていうのはさすがに気が引けるので、できる限り書けるよう今日から頑張ってます。
2~3日に一度ぐらい、日本語で日記を書くようにしていたのだけど、それはしばらくお休みです。

仕事疲れで毎朝9時~9時半起床というのが当たり前になってしまっていて、一日の始まりが非常に遅く、朝食、身支度、宿題、掃除機かけをしたらもう昼食の準備、の毎日。
私がモモの宿題に付きっきりになるので、その間ニコは大抵一人DVDを観てるかおもちゃで遊んでいるか。でも飽きてモモの部屋に来て騒ぎ始めたり、自分も宿題やると言って聞かなかったり。本当に大変。。下の子への対応には困ります。ニコもそろそろ文字を書く練習・・・なんて思っていたけどとんでもない!ほぼ何もできませんでした。
毎年のことながら、夏休み長すぎるー!!それなのに、ある町では「夏休みを10月まで!」なんていう要求も出ているらしい。信じられないわ・・・

とにかくあと1週間、モモと一緒に踏ん張ります。終わるのかなぁ・・・



[PR]
c0161459_20232829.jpg

月曜日の朝、モモの登校は10時10分。イタリアの学校(幼稚園)には宗教の時間があり、キリスト教の勉強をします。クラスのほとんどの子供たちがその授業に参加していますが、「宗教は自分の意志で決められる歳になってから」というアルビー考え方からモモは受けていません。ということで、この日は特別に遅い登校が許されています。
この空いた時間を日本語の勉強に充てることにしてしばらくは週1でやっていたのですが、やっぱり間があきすぎてすぐに忘れてしまう・・・なので最近は、基本的に”時間がある限り毎日”を目標にやっていて、今のところ続いています。
先日の
この記事から8日。やり方を変えてから、あれだけ苦戦していたカタカナをほぼ覚えることができました!昨日試しにどれだけ覚えたか書かせてみたら、思い出せなかった文字はヌとミの2つだけ(写真)。継続って大事なんだなと実感しました。本当はパーフェクトの時だけはなまるとご褒美シールをあげたかったんだけど、すねる人がいるので間違い3個までならOKってことに・・・
カタカナ自体はほぼ覚えているのだけれど、濁点の有無や、ひらがなで書くところをカタカナで書いてしまったり(またはその反対)のミスが多い=集中力がない。ニコがお邪魔するときもあるし、環境作りがなかなか難しいです。
あと、毎回日付を書くのに「ようか」「はつか」などの読み方も教えているのですが、これは覚えるのに時間がかかりそう。
「昨日が20日だったから、今日は何日?」と聞くと「じゅうににち」と答えることがよくあって、「21」を「じゅうに」と読んでしまう間違えは以前からなかなか直りません。数字の方も要勉強!です。
日本語の勉強は、本当に根気が必要ですね~。

でもやり方ひとつでこんなに上達するのだから、楽しめるような勉強方法を模索していかなければ。まずはやる気をアップさせることが大事!と私も学びました。




[PR]
c0161459_07523415.jpg

モモが小学生になり、日本語の方ももう少し力を入れて教えなくては!と焦り始めました。
まだ1歳代の頃、弟からもらった”あいうえおパズル”をよくやっていて、ひらがなは比較的早く覚えられたような気が。それでも毎日は勉強していなかったので、書く練習をして覚えても次にやるときには忘れてしまっていたり。完璧になるまでには時間がかかりました。そしてようやく幼稚園の年長さんになってからカタカナに入りました。でもこれが、なかなか思うように進みません。
いくつかのテキストを使って”アイウエオ・・・”と順番に練習していくこと7~8回。これが全然覚えられなくて同じことの繰り返しだったので(読むことはできるけど書けない)、やり方を変えてみました。
モモが興味を持っている世界の国々の国旗。私が日本から持ってきた『なるほど世界知図帳』という本に、全ての国の国旗と基本情報が載っているページがあり、モモはそれをよく眺めていました。国名はカタカナが多い・・・「コレは使えるかも」と思ったのです。
ノートに国名(カタカナの部分)を見ながら写して、それをひらがなに。それを一日8か国ずつ。
それと同時に身近なもの、シフォンケーキ・ローラースケート・ペッパーピッグなどモモが好きそうなものを私がひらがなで書いて、それをカタカナに直す練習も始めてみたら、以前よりお勉強が楽しくなってきたよう。あとは少しずつでもできるだけ毎日日本語に触れることが大事なのだなと実感しました。慣れるまではこちらも大変だけど、習慣になってしまえば一日30分ぐらいの勉強はなんてことなくなるのかも。
カタカナをマスターしたら、漢字も~!!1年生で覚える80字、これまた苦戦しそう!
二人目のことも考えると気が遠くなる・・・
お母さんの頑張りどころ!子供と一緒に頑張っていこう。



[PR]
c0161459_05082645.jpg

夏の間はバーニョ(海)のプールに行くので、ということで水泳教室には通っていなかったモモ。10月からまた通い始めました。
以前と同じレベル・時間帯なのですが先生が変わるということで、どうかなと思っていたら・・・案の定、新しい先生を見た途端泣き出す。。メンバーもすっかり変わってしまい初めは不安でいっぱいだったモモ。ところが同じ学校のお友達がいるということが分かったら、コロッと態度が変わり大はしゃぎ;その変わりようといったら!つくづく、小学校で幼稚園のお友達が同じクラスにいてよかった!と思わずにはいられないほど。いなかったら毎日「学校行きたくない!」って泣いていたかも。
とにかく、また楽しいプール通いが始まったのですが、困ったことに新しい先生が全然ダメ!子供の動きをきちんと見てないし、統率力なし。これじゃ上達しないとすぐにわかったので、時間は少し遅くなってしまうけれど、夏前まで教えてもらっていた先生のクラスに変更させてもらうことにしました。
この水泳教室、それぞれの先生の指導力に差があるように見えるので、更新の時にこちらの時間の都合だけでなくきちんと先生チェックしなければいけないなと思ったのでした。
来週からはバルバラ先生にまたビシバシ鍛えてもらおう!




[PR]
今日はモモの小学校、ニコの幼稚園初日でした。
イタリアは入学式・入園式というものがなく、あっけなくその日が終わってしまうのですが、今朝小学校で上の学年の子供たちが新1年生に向けて贈ってくれた歌を聞いたときはウルッときました。二人とも、今日はとても楽しかったようでひとまず安心。


c0161459_23365298.jpg

身支度を終えたモモ。余裕のポーズが決まってる!?
こうしてみると、やっぱり成長してるんだな~としみじみ。お姉さんになってきたなぁ。



c0161459_23371090.jpg

教室で。幼稚園で同じクラスだった女の子が一人いて、会うのをとても楽しみにしていたんだけど、具合が悪くて欠席。今日は同じクラスだった男の子と一緒に座って楽しそうにお話してました。お友達がいると心強いね!



c0161459_23374816.jpg

カチンコを持っている人が担任の先生。先日あった説明会の時も意気揚揚と「今年度中にみんなで映画を撮るつもりです!」と話していて、今日も張り切ってみんなに見せていました(笑)すっごくやる気満々でチャキチャキしたベテラン先生に好感が持てました。



c0161459_23363175.jpg

ニコちゃんも、ついに幼稚園児!だいぶ言葉が増えてきたけれど、まだまだ幼くて頼りない感じ・・・



c0161459_23395861.jpg

モモが通っていた幼稚園の同じクラスに入りました。送り迎えで何度も来ていたので先生の顔も年上のお兄ちゃんお姉ちゃんたちの顔も知っているはず。
教室に入っていったらまずは棚にあるおもちゃをひと通り確認(笑)先生が「チャオ~!」と言ってくれてるのに背中を向けて固まっていた。。
その後は先生がニコをそっとしておいてくれたので、好きなように車のおもちゃで遊んだり絵本を見たり、自分の世界の中で楽しんでいました。今日は30分だけだったのであっという間!
帰り際、「楽しかった?」と聞いたら、「ぽっぽ(電車)あった!」と嬉しそうに答えてました(苦笑)
本格的に始まって先生との絡みが増えたらどうなるかな~とちょっと心配。



c0161459_23383490.jpg

ニコと一緒にモモを迎えに。とても満足そうな表情がすべてを物語っていました。第一日目、いいスタートを切れたようで本当によかった!

モモの幼稚園3年間が本当にあっという間だったので、ニコもそうなるんだろうなと思うとちょっと寂しい・・・でもいつまでも小さいニコちゃんではいられないよね。

おめでとう。ガンバレ、モモニコ!!



[PR]
c0161459_05464695.jpg

今日は夏休み最終日でした。長かったけれど、過ぎてみると「もう3か月も経ったんだ~」という思いも。いいお天気だったので、モモは今シーズン最後ではと思われる、海&プールを楽しんできました。
私はここ連日夜更かしが続いて、今日はもう結構ふらふら(苦笑)ギリギリにならないとできない人間なもので、ニコのスモックやタオルの名前刺繍、巾着袋作りなど夜な夜な1時ぐらいまでやってました。それでもニコと一緒にお昼寝して(習慣となってしまった!汗)何とかやっていたんだけど、今日は巾着を仕上げなければならなくて、お昼寝返上。何とか間に合いました。
夏は夕食が遅くなり、ということは子供の就寝も遅くなり・・・子供を寝かしつけた後のひとり時間がついつい深夜までづれ込んでしまって遅寝遅起きの夏休みでした。。
ニコのトイレトレーニングのことやこの夏の出来事を記事にしたいのだけど、今日はもうシャワー浴びて寝ます。
明日の小学校・幼稚園初日はそれぞれが全く違う登校・下校時間なので午前中バタバタです。ニコはまだトイレが上手くできないので給食が始まってもしばらくは12時に迎えに行くことになりそう。
明日、モモニコがどんな表情をして学校に、幼稚園に入っていくか・・・ドキドキ。
二人の新しい生活が始まります。




[PR]
今日は幼稚園最終日でした。あっという間の3年間。
色々思い出してみるとじーんとしてくるのですが、こちらの幼稚園では卒園式などないし、もうほとんどのお友達が既に夏休みに入っていて最後の2週間ぐらいはほとんど数人しか来ていなかったので、今日もなんだかいつも通りただ「チャオ~!」と言ってお別れした感じでした。モモも全然寂しいとか、先生に会えなくなる、とか考えてないようだし。私は私で、先生にお礼の挨拶をしようと思っていたのに立ち話に花が咲いていて(これがなかなか終わらないんだ・・・)、いつものことながらタイミングが掴めず、ニコがぐずり始めてしまったのでそのまま帰っちゃいました;また9月に会えるしね、なんて(苦笑)


c0161459_06200167.jpg

3年前もこの場所で写真を撮りました。清々しい、いい笑顔。成長したなぁ!
今その時の記事を読み返してみたけれど、つい最近のことのよう・・・あの時はニコがお腹にいたんだよな~。大きなお腹でモモとこの道を歩いて通ってたんだ・・・


c0161459_06203204.jpg

そして今度はニコが通い始めるなんて・・・時が経つのは本当に早いものです。
あ~、もっと大切に毎日を過ごさなければ、子供はどんどん大きくなっちゃう!心の余裕がなく、思うように二人に接してあげられない自分。。反省。
9月からの新しい生活がどうなっていくか、楽しみよりも心配が大きいけれど、そんな親の気持ちとは裏腹にきっと子供たちはたくましく成長していってくれるのだろうと思います。

モモ、3年間頑張ったね。卒園おめでとう。




[PR]