カテゴリ:日本( 36 )

c0161459_00280010.jpg

今回のフライトもアリタリア。日本行きを悩んでいたときにちょうど割引があり飛びつきました。
前回はニコが赤ちゃんだったためアルビーにミラノまで送ってもらったけれど、今度はPISA→ROMA→NARITAと乗り換え1回。モモはいいとして、ニコがどういう風になるかでこのフライトの明暗が分かれるな・・・と思っていましたが、待ち時間が多かった割りには頑張ってくれました。
ピサ空港に早く行きすぎたのと、飛行機の所まで乗客を運んでくれるバスの遅れでいきなりの2時間半待ち!最初はご機嫌だった2人(写真左上)もさすがに待ちくたびれ・・・モモは愚図っていたけれど、ニコは最後の方はずっとこうして(写真上中・右)飽きずに行ったり来たり遊んでました。ピサ空港、もう少しお店があったかと思っていたけど、それは私の勘違い。

ローマでのトランジットはかなり歩くと言うのを覚えていたので二人を引き連れてお店などに脇目も振れずとにかく搭乗口へ。着いた先には勿論日本人がたくさんいて、既に日本にいるようでした。思っていたより早く着き、またしても時間が余ってしまいすることもなく・・・ちょっと早めに並び始めていたら後ろのおばちゃん3人組に話しかけられイタリア生活のことなんかを立ち話。話しかけられたニコ、逃げまくる(写真左下)。「イタリアにはウォシュレットないのね~、あれはちょっと辛かったわ」と言っていたおばちゃん。そっか、使い慣れている人にはあれがないと辛いものなんだな・・・私は便座がちゃんとあって清潔にしておいてくれればそれで十分です。

ローマでも遅れがありやっと乗れた機内。モモはFrozenや実写版シンデレラなど映画三昧にご満悦。ニコも大好きなPeppa Pigを5回も6回も見てました。
食事は今までにないほど激マズで、ニコに至っては見ただけで手もつけずパンを少しかじっただけ!これは予想していなくて、ビスケットぐらいしか持ち込んでいなかったことを後悔。フライト後半には空腹・・・やっぱりおにぎり必要だな~!
モモニコは好きなだけ映画やビデオを見て、疲れたら寝てで、そういう意味ではとても楽でした。ただ私自身はすごく疲れて眠かったのに座った体勢ではどうしても眠れなかくて辛かった。ぐっすり眠っている大人の皆さんが羨ましかったです!

日本到着が遅れ、スーツケースが出てきたのも最後の方で、もうクタクタになって両親と対面。ずっと食べたかった美味しい中華にその足で連れて行ってもらいました♪
慣れない人と場所にもじもじしつつも、中華の丸テーブルをぐるぐる回したり歩き回ってついたての陰に隠れたりするいたずらニコは健在(写真右下)。
美味しい麺とか餃子とか食べて「あ~、日本に帰ってきた!」と実感しました~。




[PR]
by momo_capricci | 2015-07-07 01:21 | 日本 | Comments(2)

c0161459_5334757.jpg

今年の日本滞在はひと月と今までで一番短かったので、その期間でやりたいこと・やらなければならないことをなるべくこなしたい、というのが常に頭の中にあり、とにかく毎日のように出かけていました。子供を両方連れて行くのは厳しいので、今日はモモ、明日はニコ、といった感じで母に一人(時には二人とも)預け友達に会いに行ったり買い物したり。
やりたかったことの一つに、モモを児童館もしくは園庭を開放している幼稚園(保育園)に連れて行くということがあって事前に調べていたのですが、児童館はちょっと離れているし園庭開放のタイミングも悪かったりして、結局連れて行けませんでした。
何度か近所の公園に行っただけ。それでも、シャボン玉で遊んだり、日英ハーフの1歳年上の女の子に出会って少しだけ一緒に遊んだり楽しみました。

それから、モモがとても喜んでいたことがあります。それは、ばぁば(曾おばあちゃん)や叔父さんに自分でお手紙を書いて送ったこと。郵便局まで私と二人で歩いて行って、切手を買い、自分で貼ってポストにポトンと入れるのが楽しかったようです。ばぁばからすぐに返事が届いて、その中にいろんな可愛い切手も入っていて大喜びでした!初めてのお手紙、大事にイタリアに持って帰ってきました。


c0161459_534582.jpg

私にとって何よりも嬉しかったことは、小学校以来の親友のところに生まれた息子くんに初めて会えたこと。ニコよりもひと月半ほど先に生まれたYくんを連れて、その友人がうちまで会いに来てくれました。同級生の男の子なんて、ホント嬉しい。今回はもちろん二人の絡みはほとんどなかったけれど、次回は一緒に遊んだり喧嘩したりするのかな。二人の成長が楽しみ。
日本に帰るたび会う友達とその子供たちにもまた会えて、元気いっぱいの姿が見れて、嬉しかった!家が離れているのにこうして会いに来てくれたり集まってくれたり・・・どうもありがとう。

高校の同級生と10年以上ぶりに会えたのも、かなり嬉しかったこと。ずっと気になってはいるけれどなかなか声をかけられない。そういう友達が結構います。彼女もそんな友達の一人でしたが、今回はもう一人の友達が連絡を取ってくれたおかげで3人(+モモニコ)で一緒に食事をすることができました。
震災後、考えていたのです。いつどこで何が起こるかわからないから、会いたいと思っている人にはできる限り会うようにしたい、と。人付き合いが苦手な私にとって、一度疎遠になった友人と再会するというのは簡単なことではないのですが、やっぱりこうして会えるとすごく嬉しい。
こんなに久々に会っても、あの高校時代の空気がすぐに戻ってきて、居心地がよかったです。

こうして振り返ってみると、急ぎ足ではあったけれど、会いたかった人たちに会えて、充実の日本滞在だったなと思います。
モモに日本の子供たちとの触れ合いをあまりさせてあげられなかったのはちょっと心残りだけど・・・
でも日本語がまた戻ってきたは嬉しいことです。この日本語、どのくらい持つかしら。

日本滞在記、これでおしまい。

[PR]
by momo_capricci | 2012-07-12 06:45 | 日本 | Comments(4)

c0161459_5491748.jpg


モモにとって初めてのディズニーランド。
待ちに待ったこの日は、快晴。
本当は前の週に行く予定だったのですが、弟の都合が悪くなり1週間延期になりました。
それはもう、イタリアに帰る5日前。モモにとってのメインイベントは最後の最後に無事やってきました。

炎天下の中、顔を真っ赤にしながらのパレード待ち。
これから何が始まるのかもよく分からずひたすら暑さに耐えていたモモ。
見たくて仕方がなかったシンデレラ城が目の前にあります。


More
[PR]
by momo_capricci | 2012-07-11 07:37 | 日本 | Comments(2)
c0161459_6504048.jpg


神奈川県F市で私の祖母、弟、叔父が暮らしているので、弟宅お泊りも兼ねてみんなに会いに行ってきました。

私たち兄弟が生まれた町でもあるそこは、子供のころからの思い出がたくさん詰まった、いるだけで何となく幸せな気分になれるところです。そういう場所に自分の子供を連れて行くのって、感慨深い思いがします。そして、親戚に会うのがちょっとだけ照れくさい・・・
前回と同じイタリアンレストランで、前回とほぼ同じメンバーで食事をしました。でも今度はニコが初登場。3人の子の父である叔父は「もう怖くて赤ちゃん触れないよ~」なんて言って、遠くから見守っていました。私はみんなの顔が見れただけで満足。そしてまた祖母に会えて嬉しかった。
この辺からカメラの調子がおかしく・・・「じゃあみんなで写真撮ろう!ハイチーズ!」とまで言っといて、シャッターが下りない・・・そして電源が切れました(泣)上の写真までは普通に撮れてたのに~。

弟宅には2泊させてもらいました。嫁のYちゃんは妊娠中ですが、得意の餃子を準備して迎えてくれました。美味しかったなー!ホットプレートで焼きながら食べるの、いいね!モモさんは、餃子には手を付けず、納豆&味噌汁のみ。。
翌朝は金環日食が見れるという日で私たちも日食グラスを用意していたのですが、生憎の小雨模様。弟宅の窓からはちょうど見えない角度で外に出ないと様子がわからなかったのと、ニコがいたので雨の中外に出るのが億劫だったのとで、テレビで見ていました。ところが実は見えていたようで・・・やっぱり外に見に行けばよかったなと後悔しました。
その日は車で横浜のズーラシアに行きました(写真ナシ~・泣)。日食で動物たちがどんな行動を起こすか、というのをちょうどその朝中継でやっていたのを見たのですが、時間を早めて開園していたとのこと。
入園してすぐのところでお姉さんが写真撮影してくれるポイントがあって、私たちも撮ってもらいました。弟がモモにと買ってくれた写真には日食のマークが入っていました!いい記念です(日食は見てないけど・・・苦笑)。
モモは入園時から機嫌が悪く、「おなかすいた~!何か食べたい!」の繰り返しで動物が目に入ってない!やっとテンション上がったのはペンギンを見たとき。あとは、途中にあったアスレチックのような遊び場でひたすら遊び、最後は涙でその場を離れました・・・TDLの予定も既にあったのですが、弟、この時点で不安になってました。「ディズニー、大変そうだな・・・」と。その反面ニコは終始おとなしく、弟はニコに付きっきり~(笑)
帰りに、電車が運んできてくれる回転ずしに行って、そのあと友人のやっているカフェに寄ってまったりしてから家に戻りました。

その次の日は、↑のカフェ主人の奥さんCさんと息子のQちゃんと共に茅ヶ崎のオシャレなトラットリア『MOKICHI TRATTORIA』へ。平日で雨だというのにお客さんでいっぱい!ちょっと待ちました。でも敷地内にビール工場やベーカリー、ギャラリー兼ショップなどもあり、ふらふらと見て回るだけでも楽しい。どこをとっても絵になるところでした。トラットリアももちろん素敵でお料理も美味しかったのですが、なにせ子供が3人いたのでいつものようにバタバタと早食い、食べ終わったらすぐにお会計。何を食べたか思い出せないぐらい。。子供抜きで行きたかったなぁ・・・
帰りにCさんおススメの五空パンによってマフィンとスコーンを買いました。どちらも私好みの素朴な美味しさ!また食べたいー!

ちょっと忙しかったけれどとっても充実した楽しい3日間でした。
次回は、ますますいい雰囲気になっていたLAMA coffeeで、もっともっとゆっくりしたいな。

[PR]
by momo_capricci | 2012-07-10 07:33 | 日本 | Comments(2)

c0161459_6113273.jpg

2010年の里帰りでは女4世代で湯河原温泉に行きました。
「ばぁば(曾おばあちゃん)と一緒におっきいお風呂行ったのよ、すごく熱かったの!」と、その後何度も言っていたぐらいモモの心にしっかり残っていて、2歳半ぐらいだったにもかかわらずいい思い出になったようです。
そんなこともあり、みんな次の旅行を楽しみにしていました。それで今回も温泉旅行を計画。祖母の家と実家の間にあって電車で行ける近場の宿を探しました。
ばぁばとニコは、待ち合わせの駅前で初対面!やっと会わせることができました。
↑写真は駅前の売店。どこだかわかりますか?都心から1時間ほどの海の町です。


More
[PR]
by momo_capricci | 2012-06-29 07:07 | 日本 | Comments(4)

私たちが実家に到着して4日後、忙しい中時間を作って早速弟がニコとの初対面にやってきました。
そして、里帰りすると必ず行く地元の美味しい中華料理屋へランチに♪

c0161459_6152931.jpg

もうすぐ男の子のパパになる弟。ニコを見た途端、もうメロメロです(笑)
ほっぺが真っ赤ですね、暑そう。叔父さん、なかなか離してくれない・・・


c0161459_615532.jpg

モモは大好きなチャーハンと、とっても美味しいとろける杏仁豆腐を平らげました。満足げな笑み。

私も黒酢の酢豚やら焼売やらザーサイやら、久しぶりにちゃんとした中華を味わいました。いつもの店の座敷で家族と囲む美味しい料理、幸せな時間でした。ここにアルビーもいたらもっと楽しいのにな~。

前までは「モモ、モモ」だった弟ですが、すっかりニコの虜になってしまったようです。後ろ髪をひかれつつ帰っていきました。1週間後の弟宅訪問&お泊りを約束して・・・

[PR]
by momo_capricci | 2012-06-27 06:18 | 日本 | Comments(6)
日本に来てから早2週間!
友人・親戚と会ったり、小旅行、小児科、パスポート申請などなど毎日なんだかんだ予定が入っていて、一日中家にいたのは今日を含め2日間だけという、私にしてはかなりハードなスケジュール。日本を満喫しています。
でもさすがにみんな疲れ気味で、昨日モモは夕方から寝入ってしまい食事もせずに14時間爆睡!ニコも、こちらに来てからはほぼ毎晩、一晩中寝るようになりました。


心配していたフライトは、二人が同時に5時間ほど眠ってくれたこともあって、思っていたよりも大変ではありませんでした。
ただ飛行機の出発が、機材調整のため1時間半も遅れたので、そのせいで余計に疲れてしまった感じでした。
搭乗開始時刻30分前から並び始めた(子供がいても優先してくれたかった経験が何度もあったので)のに時刻になっても放ったらかし。職員も、機内からの情報が全く入ってこないので遅れの理由がわからずイライラ。だいぶ経ってからようやく出発時刻変更のアナウンスが入ったのだけれど、その時刻になっても一向に搭乗は始まらず(さすがアリタリア。もうアナウンスすらする気ナシの職員たち・・・)、結局離陸したのは予定の約1時間半後でした。待っている間、モモは「疲れた~」と地べたに座り始めるし、ニコはおなかすいて泣き始めるし。。
周りにいた日本人のおばさんたちや一人旅の若者と楽しくお喋りできたりして、それはそれで楽しかったけど・・・
でも、6時起床、3時間半の車での移動、チェックインしたあとのニコのお食事タイムやオムツ替え、セキュリティ(ベビーカーたたまなきゃならなかったり結構大変)などで既に体力を消耗していたのでこの遅れは結構辛かった(泣)
で、一歩飛行機に入ったら・・・
CAさんたちがとーーーっても親切&フレンドリーで、感動すらしてしまいました。こんなの初めて!イタリア人の子供好きは私もよく知っているけれど、CAさんのほうからいろいろ声をかけてくれたり、横を通るたび子供の様子を笑顔で見守ってくれたり。そういう方たちばかりだったので、本当に快適なフライトでした。飛行機降りるときこんなに気分がよかったこと今までなかった。しかも、私たち一番最後に降りたのでスーツケースの受け取りも一番最後だったのですが、ベビーカーとカートとで困っていた私を、仕事を終えて降りてきたCAさんが手伝ってくれました。本当にありがとう~!!アリタリアもやるねぇ!帰りも是非彼らにお願いしたいくらい~。

ということで、無事出口で両親と再会できました。


ニコはどこに行ってもご機嫌でおとなしく、よく食べよく寝て、とっても手のかからない子です。その代わりモモがより一層我儘になってしまいかなり手を焼いています。何かにつけて、わざと私の言うことと反対のことをするんです。あったまに来ちゃう!私以外みんな甘いからな~。


あっという間に滞在期間の半分近くが過ぎてしまいました。まだ予定は盛りだくさんなので、体壊さないよう楽しみたいと思います。
来週は待ちに待ったTDL!モモがどれだけ我儘っぷりを発揮するか、今から恐ろしいですが・・・
でも私も久々のTDL、かなり楽しみです。


そうそう、カメラの調子が悪く、たまに電源入らなかったりするんです~。
弟夫婦と行ったズーラシア、写真ナシ(泣)
でも翌日は電源入ったりして、一体どうなっているのやら。修理出したほうがいいのかなぁ。出すなら早くしないとね。。


日本滞在記、続きます。

[PR]
by momo_capricci | 2012-05-24 23:26 | 日本 | Comments(16)
なんだか落ち着かなくて、結局更新できず・・・

まもなく家を出発します。1年半ぶりの日本です。
まずはミラノまでの車の旅。今回は直行便なので、初めての二人連れでも何とかなるかな??

睡眠不足で既に疲れている私ですが、頑張って行ってきます。

次の更新は、恐らく日本で・・・

では!

[PR]
by momo_capricci | 2012-05-09 14:01 | 日本 | Comments(10)
今朝メールチェックの際目に入った『震度7』の文字。目を疑いました。
それで急いで実家(関東)に電話・・・何度かけても繋がらず、祖母にも電話しましたが繋がらず、心配が募りました。
急いで日本のニュース番組をチェックすると、その時はまだ被害状況が把握されていなかったようで、それに津波もまだ起こっていなかったので、思っていたより落ち着いた感じでした。
ところが津波が起き、あちこちで大規模な火災が発生し、大きな余震もあり・・・被害はどんどん拡大していて、とても見ていられなくなりました。こんなことが実際に起こっているなんて信じられない・・・

結局家族からは携帯のメールで連絡が入り、安否が確認できました。とりあえずホッとしましたが、被害に遭った方たちのことを思うと胸がいっぱいになります。

今日はたくさんの友人が心配して電話をくれました。本当に、どうもありがとう。

これ以上被害が広がらずに、一日も早く復旧することを心から祈っています。

[PR]
by momo_capricci | 2011-03-12 08:01 | 日本
今年の日本滞在のメインイベント、弟の結婚式と七五三。
イタリアに戻ってからなかなか更新する時間(とやる気)がないまま、とうとう年末になってしまいました!
もう3か月近く前の話ですけれど、年を越す前に更新しておこうと思います。



日本に到着してからの10日間、ゆっくりすることもなく結婚式の準備に落ち着かない日々でした。
ガーデンパーティーということで、天気予報と睨めっこの毎日。当日は晴れのち雨という微妙な予報でした。


c0161459_78164.jpgc0161459_781675.jpg
c0161459_783013.jpgc0161459_784471.jpg
c0161459_791368.jpgc0161459_792647.jpg


お昼から始まった親族を迎えてのパーティーはお天気も良く和やかなムードで行われました。
モモが親戚からの視線に耐えられず終始おとなしくしていたので私は大助かりでしたが、弟が以前から望んでいた「大好きな姪っ子と一緒にチャペル入場」は、そんな人見知り真っ最中の2才児には無理なお話で、リハーサルは何とかうまくいったものの本番では何かを察したのかチャペルの外で弟の手をつなぐ前にもう泣きだしていました。仕方なく断念。。
それなのに食事は誰よりもしっかりをお腹に詰め込んでいたモモ。美味しそうなお子様ランチとプリン+大人用のケーキ(大きな一切れ!)をペロリと平らげ、それでもまだ食べたいと言っていました(汗)。パティシエ・辻口博啓監修というウェディングケーキは甘さ控えめ、ふわっふわで美味!モモがもっと欲しがるのも頷けました。
パーティーが終わりに近づくにつれ元気を取り戻したモモはその後公園内を暴走→爆睡。
雨が降り出したものの、とにかく式が無事に終わりホッとして家路につきました。
皆口々に「いい式だったね」と言っていた通り、素敵なガーデンパーティーでした。
二人とも、いつまでも幸せに!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



日本滞在最後の日曜日には、モモの七五三のお祝いをしました。
私の時にも行った地元の神社で七五三詣とカメラマンによる写真撮影のセットがあるというのでそれを申込んでおきました。


c0161459_7231128.jpgc0161459_7232975.jpg
c0161459_7234617.jpgc0161459_724280.jpg


着物は母がもう2年ぐらい前から用意しておいてくれたもの。ぶっつけ本番では絶対にうまくいかないと思ったので前々から着物を目に付くところに下げておき、たまに「着てみようか?」と本人の気持ちを伺いながら試着を試みていました。
「お着物きれいね~!」と言っておだてるとその気にはなるのだけれど、着るのは別問題らしく嫌がってばかり・・・そんな時ちょうど『おかあさんといっしょ』でお姉さんが着物姿でお姫様となって登場するコーナーがあり、それを見たモモは「おきものきる~!!」とその場で即着替え。大喜びで、その後脱がせるのが大変なぐらいでした。
当日の朝は、その録画を見せる作戦で大成功!神社に着くまでとてもいい子にしていました。
ところが写真撮影のカメラマンが全く子供慣れしておらず、「そこに入っちゃダメ!」と言って撮影前からモモを泣かせてしまうという最悪なおじさん(怒)
泣きっぱなしで私にしがみついていたので仕方なく一人での撮影は諦め(それでも何とか1枚だけ撮っていたけれど出来は酷いもの)、私が抱っこし椅子に座っての撮影になりました。それも全然笑わないし、顔を背けようとするので大変でした。
そのカメラマン、大きな子供に言うみたいに真顔で「はい、笑って~」って、「まずお前が笑え!」と言ってやりたかったです。3歳児が来るのわかってておもちゃの小道具一つも持って来てないし!母と私は怒りで爆発寸前でした。だって、この日をどれだけ楽しみにしてきたことか!それに料金だってバカにならない高さ。前払いしてから撮影、後日ネットで写真を選ぶというシステムは、いい写真がなくても選ばなければならないということなんですね。ネットで見ながら再び怒りがこみ上げてきました。激しく後悔。。
上の写真は私が撮ったもの。私には満面の笑みを見せてくれたのがせめてもの救いでした。
腹が立つこともあったけど、この日は曾おばあちゃんにもモモの晴れ姿を見せてあげられたのでよかったです。

[PR]
by momo_capricci | 2010-12-24 07:56 | 日本 | Comments(6)