カテゴリ:日本( 36 )

日本滞在記の続きです。

去年このブログを通して知り合ったcaianinaさん。 日伊ハーフの娘さんあっちゃんは、モモと半年違いのお姉さんでクルクルの髪の毛がめちゃくちゃキュートな女の子です。
その当時フィレンツェに滞在されていたcaianinaさん一家ですが今は日本に戻られており、なんと私の実家と同じ県にお住まいだということがわかったので、お会いできることになりました!

当日は、私も大好きな『無印良品 有楽町』で待ち合わせ・・・
子供用品売り場の遊び場ではじめましてとなりました。あっちゃんの可愛らしさにビックリ、まるでお人形さんみたい!背も高くて、なんだかとても大人びて見えました。
早速Meal MUJIでお昼ごはんに。

c0161459_7284832.jpg

caianinaさんが持参していたお絵かきセット。こういうものがパッと出てくるところに感心してしまった私。普段外に持っていく遊び道具は絵本ぐらいだったので・・・
食事が揃うまで二人はお絵かきに夢中!この頃モモはまだほとんどお絵かきをしたことがなかったので、どちらかというと見るほうに徹していました。
この写真、二人の様子が微笑ましくて、大好き!

食事が始まると、はじめましてだというのにお話しする余裕もなく。。(苦笑)
やっぱりこのぐらいの歳だと、ひたすら子供ペースでことが進んでいくのです。
楽しみにしていたとーっても美味しいプリンもじっくり味わうことができず、即移動!元気な二人のために日比谷公園に向かいました。

c0161459_729751.jpg

葉っぱで遊ぶ二人。それぞれ自分の行きたい方へ走って行ってしまうのでなかなか絡むことがなく、しかも動き回ってるので写真撮るのが大変でした!やっと撮れた一枚。

ベンチに移ると今度は粘土遊び(←これもモモにとっては初めて!)。
あっちゃんはモモと半年しか離れていませんが、お話しが上手で手先も器用、トイレトレーニングもだいぶ前に終えていたということで、驚きの連続でした。
caianinaさんの子供との接し方・遊び方などなど、私にとっては勉強になることばかりで、正直、この日から私の考え方がそれまでと少し変わったような気がします。あまりにも余裕がなさすぎた自分に反省。。
お友達と会うとお互い刺激し合って色々な事を学ぶ・・・これは子供だけでなく母親も全く同じなんだなと思いました。普段モモと同じぐらいの歳の子を持つお母さんと接することがほとんどないので、私にとってもいい刺激となりました。

caianinaさん、あっちゃん、楽しい時間をありがとうございました!
また会いましょうね~♪更新遅くなりました(汗)。


[PR]
by momo_capricci | 2010-02-28 08:38 | 日本 | Comments(6)
京都の旅、最終日・・・


c0161459_22522033.jpg


服やその他不要な荷物をバッグに詰めて宅急便で送ることにしていたので、早朝から宛名書き。翌日には届くというのだから、使わない手はない。日本の宅配サービスってスバラシイ!

そのうちモモも目を覚まし、布団の上でゴロゴロ。ぐっすり眠り寝起きもご機嫌!

京都3日目、私たちは午後の便で帰宅するのでお昼前にsami&aldoとお別れ。最後に4人で電車に乗って東福寺へと向かいました。


More
[PR]
by momo_capricci | 2010-02-19 07:53 | 日本 | Comments(4)
日本滞在記、途中でした(汗)。
もう4か月も前のことですが、京都の旅の続きです。


c0161459_223992.jpg


二日目の朝、モモは5時半にお目覚め。自分がどこにいるのか把握できずキョトンとした表情で部屋を見回している様子がおかしかった!でもよく眠れたようで、スッキリとした顔。
私はと言うと、宿の目の前にある大通りの車の騒音が一晩中続き、一睡もできませんでした。。京都駅から徒歩圏内だし、部屋やキッチン・浴室も清潔で内装も可愛いくていい宿なのですが、この騒音には本当に参りました。残念!

前の晩夕食後に先斗町へと繰り出した二人を起こし、錦市場商店街へ。


More
[PR]
by momo_capricci | 2010-02-18 08:47 | 日本 | Comments(0)
c0161459_639058.jpg

東京から白川郷、高山、下呂、そして京都へと向かった二人と合流するため、モモと二人羽田から飛行機で伊丹へと向かいました。と、一言で言ってしまうと簡単そうに聞こえますが、何も考えず平日の午前10:00発の便を予約してしまったため、実家から空港までの電車がちょうどラッシュ!すっかりイタリアぼけしていました。本当は母も京都旅行に同行する予定でしたが、連日孫に振り回され続けてすっかりくたびれしまい、「こんな疲れた状態で行ったら迷惑かけてしまうから。。」と辞退。でも大変だろうからと羽田まで付き合ってくれました。
12時間のフライトを経験しているんだから1時間なんて楽勝♪なんて思っていましたが、持ち込んだおもちゃや絵本で遊んでくれず・・・私の膝の上で暴れるモモを抑えつけつつ、最後は機内で配られる飲み物のカップとストローで遊んでくれたので何とか伊丹に到着しました。
リムジンバスに乗り換え京都駅へ。途中モモが眠り始めようやくホッと一息することができました。
考えてみると、この日の朝起きたのが5時半で京都に着いたのが13時近く。結構な長旅でした。

待ち合わせたのは京都タワーの下。到着したときモモはまだ夢の中でした・・・
前日に京都に到着していたsamiとaldo、朝から駅周辺を散策していたらしくちょっと遅れてやってきました。ここでまたモモとの再会に喜ぶ二人。
予約したゲストハウスまでは駅から歩いて15分ほどなので、荷物を置きにそちらに向かいながら二人の旅の話を聞きました。そこで初めて、ロストバゲッジのスーツケースが無事届いたこと、高山行きのバスに乗れず松本を経由したことなどなど聞いてホッとしたりビックリしたり。色々ハプニングもあったけど、楽しんできたよう。嬉しそうに話す二人の顔を見ていてこちらまで嬉しくなりました。

c0161459_6393323.jpg

昼食を済ませまず向かったのが三十三間堂。2年半前に京都を訪れたとき初めて見た1000体の観音像、日本人の私が見ても圧巻でした。勿論samiも大興奮!撮影禁止の堂内でしたがこっそり撮影してました。
↑はお庭で撮った一枚。こんな風にポーズがきまってるところがイタリア人っぽい(笑)。10月半ばだというのに半袖でもOKなぐらいの陽気でした。


c0161459_64843.jpgc0161459_6482360.jpgc0161459_6483768.jpg

清水寺へ向かう道中。通りかかった舞妓さんにsamiは大喜びでしたが、なんだか品のない舞妓さんでした。。samiのために撮った写真。
急な坂ではaldoがベビーカーを押してくれます。この坂はかなりキツかったみたい。

c0161459_6491498.jpg

坂を上り切ったところから今度は階段が続いていたので、aldoにカメラを渡し寝ているモモと一緒に下で待っていることにしました。修学旅行生があまりにも多くて、その人混みの中に入っていく気もしません。。座りながら、小学校の先生が時間に遅れて到着したグループを激しく叱りつけているのを眺めていました。常に子供たちのことを考えながらの旅にすっかり疲れた様子の先生。大変そう。。

c0161459_6493891.jpg

もう日も暮れそうだったので、宿に戻りました。バスに乗ろうと思っていたのに結局かなりの距離を歩いてしまい疲れた~!慣れないところのバスはなかなか使いこなせません。

c0161459_650221.jpg

ゲストハウスだったので入浴は共同シャワー。モモをどうしようかと思っていましたが、清潔にしてあったので問題なく済ませることができました。ネットしていたaldoからパソコンを奪いキーボードをカチャカチャ・・・

c0161459_650421.jpg

母も来る予定だったのでこの宿で一番広い部屋を予約していました。2階には私たちの部屋と二人の部屋の二部屋しかなく、しかも階下に客室がなかったのでモモがいても気兼ねなく過ごすことができました。
夕食は近くにあったチェーン店の安い定食屋で。せっかく京都にいるのにちょっと残念でしたが、子連れなのでこういうところが近くにあって助かりました。新米も食べられたから、まぁ良しとしましょう!
芸者を探しに先斗町へ行く!という二人。私とモモはクタクタに疲れ、すぐにフカフカの羽毛布団にもぐりこみました・・・

つづく

[PR]
by momo_capricci | 2009-12-21 08:45 | 日本 | Comments(2)
c0161459_23572870.jpg


友人のsamiとaldoが日本にやってきました。

彼らと親しくなったのは今年の夏。家からほど近くにある、aldoの働く海の家に度々行ってはモモと遊んでもらったり、和食好きの二人を夕食に招いたり、急速に親交を深めていきました。何より嬉しいのは、彼らが子供大好きで、モモのことをとても可愛がってくれること。私にとってはやっとできたイタリア人の友達です。
ある時、秋にモモと二人里帰りするという話の流れから、なんと二人が私たちの滞在中に日本旅行することになりました。その決断の早いこと!二人は元々ブラジル旅行の計画を立てていたのですが、新型インフルエンザに対する不安もあったよう(南米はかなりの死者数)で、日本の文化(芸者、着物、食etc・・・)に興味津津のsamiが「じゃあ、私たちも日本に行くことにしようよ!」と一言。翌日には旅行代理店に問い合わせ、パンフレットを集め情報収集を開始。とんとん拍子にことが進んで行きました。スバラシイ行動力!

9月、私たちは一足先に帰国。そして10月上旬二人が到着しました。
初っ端からロストバゲッジに遭いその手続きやら何やらで2時間近く遅れてようやく出てきた彼ら、既にお疲れの様子でしたが、さすがイタリア人、気持ちの切り替えも早くモモとの再会をとても喜んでいました。私たちは空港からそのまま車で浅草に向かいました。

小雨の降る中、浅草寺周辺を散策。こんな天気でも人が多い!仲見世でせんべいをつまんだり・・・

c0161459_011686.jpg

sami、人生初のおみくじは「吉」でした!

c0161459_013897.jpg

真剣な表情のaldo。

c0161459_015492.jpg

浅草と言えば天ぷら?鰻?お好み焼き?と一応下調べしておいたのですが、フライトの後でお腹がすいていないと言うので結局ラーメン屋に入ることに。行き当たりばったりで決めたお店でしたがなかなか美味しかったです。二人にとっては初ラーメン!私は久々に♪
熱いスープに苦戦するsami、「口の中ヤケドしちゃった~!」と言いつつも気に入った様子でした。アルビーもそうですけど、イタリア人って猫舌なんですね。aldoはかなりラーメンにハマったみたいです。後日、「ラーメンって、美味しいし、一杯でお腹いっぱいになるし、安いし最高!イタリアにはこういう店(5~6ユーロで満足できるような飲食店)はない。」と、興奮気味に語っていました。確かに、イタリアで気軽に食べられる物と言ったらパニーノとか切り売りピッツァとかそういうものばかり。私も、日本にいるときみたいな感覚で外食できなくてなんだかうんざりしてしまう時があります。

早めにホテルに入ってゆっくり休みたい、という彼らの希望で食後すぐにホテルのある新宿方面へ。車中、samiもaldoも、モモまで爆睡でした(笑)。
その後、スーツケースがいつ届くかもわからず、着の身着のままで二人とも夕方から夜中までホテルで眠っていたそうです。
夜中空腹で目を覚ましたaldoはホテルのすぐ目の前にあったラーメン屋に一人で入り、辛いラーメンを食べたそう。これが美味しかったようで、後で何度も話してました。

彼らの日本1日目はハプニング&悪天候の中過ぎてゆき、2日目も雨の中、原宿周辺と築地・浜離宮を散策。3日目は台風が東京直撃!それでも上野の博物館や銀座など回ったそうです。翌朝バスで高山へ移動・・・だったのですが、新宿バスターミナルのチケット売り場で高山行きのチケットを買う際持っていた円が足りなかったようで(しかもカード使えず・汗)、急遽松本行きのバスに乗らざるを得なくなってしまい、松本の銀行で両替しバスを乗り継いで高山まで行ったそうです!その話を後で聞いてビックリ!!よく辿り着いたものだと感心してしまいました。白川郷で合掌造りの宿に泊まり、下呂温泉にも足を延ばしてから京都へ・・・
こうして振り返るとハプニング続き(苦笑)。海外旅行、ましてや個人旅行で初めて訪れる地では色んな事起こりますよね。でも二人はそんなことなんてものともせず楽しんでいたようで、私はまたしても「さすがイタリア人!」と思ってしまいました。

京都では私とモモも合流し、ベビーカーに苦戦しつつも4人であちこち巡ってきました。
その話はまたの機会に・・・

[PR]
by momo_capricci | 2009-12-13 06:38 | 日本 | Comments(4)
先月遊びに行った、友人Yくんのカフェ『LAMA coffee/LAMA space』を紹介しようと思います。


   141



去年初めて訪れた時はまだなかった看板、大きくてちょっと意外だったけどエントランスに馴染んでいました。こんな風に、外から暖かい光の照明がちらっと見えると、思わず目を奪われて入りたくなってしまいます。



             138



             137



店内に一歩入るとまず目に入ってくる緑!結構インパクトあって、一瞬ジャングルを連想してしまう私・・・店中緑って訳ではないのに、この植物たち、とても印象深いんです。



             121



今回も奥の赤いソファの席で。暑い日だったので、”コーヒーミルクシェイク”をいただきました。既に一口飲んでますが・・・(いつも口に入れてしまってから写真のことを思い出すんですよねぇ・苦笑)。コーヒーにはたっぷりとミルクが入ってないとダメな私には持ってこい。コーヒーの香りとミルクと甘さのバランスが良くて大好きになりました。翌日再び訪れた時もこれを注文。ひと口飲んだ祖母が、「すごく優しい味がする。彼の人柄が表れてるんだね。」と言って大絶賛していました。長いこと一人で客商売をしてきた祖母は、彼のお店に対する姿勢にもとても感心していて「また行きたい。」と言ってました。



             131



祖母と母が注文したのは、”レモンスカッシュ”。コーヒー好きの母には是非彼のコーヒーを飲んでもらいたかったのだけれど、この日昼間の気温は30度以上あったため暑さにぐったりしていたんです。
やってきたレモンスカッシュにはシロップが添えられていて、そのまま飲むと甘さ控えめ。でも母はそれが気に入った様子で、代わりに祖母が二人分のシロップを自分のに入れてました。二人とも「おいしい!」口をそろえて言っていました。私もシロップ抜きが好きだな~。あっさりしてておすすめです。


他にも素敵な額が掛っているこんな席や・・・


             133



樽をテーブルにしたこんな席もあります。


             134



「これいいね~」と言いながらこのテーブルの天板をなでなでしていた母。相当気に入ったみたい、ちょっと笑えました。花の飾り方が上手だな~。

そして、読書に最適なソファ席などなど、一人で行っても落ち着けるスペースばかり。



             142



茅ヶ崎や鎌倉などのお店、イベント情報がぎっしりの棚。私が物色していたら、Yくんが「ここの服、かっこいいんだよぉ」と熱く説明してくれたり、「ここ、行ってみるといいよ」と勧めてくれたり。棚の中に気になるものがあったら店主に聞いてみるといいかも。


写真はないのですが、2階はギャラリースペースになっていて、色々なジャンルの作家さんなどの展示があります。こちらも要チェック!その他、楽しそうなイベントもあるようです。私は年に一度しか行けないのが残念でなりません。


湘南へお出かけの際は是非寄ってみてください。癒されますよ~。



『LAMA coffee/space』

茅ヶ崎市松波2-8-15
(最寄駅は辻堂)

cafe 13:00-21:00
space 13:00-20:30

水休




[PR]
by momo_capricci | 2009-10-28 00:08 | 日本 | Comments(0)
久々の更新です~。早いもので、日本に来てからひと月以上経ちました。
モモはずっと元気いっぱい、それどころかますますパワーアップして家の中でもダダダダッ・・・と走り回るは、キーキーキャーキャー激しく奇声を発するはで、母もお手上げ。出発前に思っていた「実家でゆっくりして、少しでも自分の時間を持ちたい・・・」なんていう考えは甘かった!夜モモに添い寝しながら自分も寝てしまうことしばしば。ブログもすっかりご無沙汰してしまいました。

記憶があやしくなってしまう前に、先月行ってきた茅ヶ崎の思い出話を・・・

モモのことを溺愛する(?!)私の弟から、家に泊りにおいでよ!と誘いがあったので、モモと二人電車に揺られ茅ヶ崎まで行ってきました。イタリアでは電車に乗ることなんて滅多にないので、おやつやおもちゃをリュックに詰めてぐずり対策。それでも2時間以上の移動ともなると最後のほうは暴れだす寸前で、なんとかなだめつつようやく到着しました。
しっかり者の彼女と一緒に家中大掃除して待ってくれていたようで、部屋の中はすっきり!モモもすっかりリラックスして自分の家のように過ごしていました。

   124


この日、弟宅の近所に住んでいる友人Cさん&Yくん夫婦にも会うことができました。二人の間には今年2月に生まれた男の子がいるんです。
その名は“キューちゃん”
やっと会えた~!!
去年会った時はCさんがまだ、だいぶ大きくなったお腹を幸せそうになでなでしていた頃だったのに、今ではもう7カ月の元気な男の子になっていて、ビックリ!というか、感動でした。
「キューちゃん、キューちゃん!」って呼ぶとニコ~っと笑ってくれる、そのお母さん似の笑顔が本当に可愛くて何度も呼んじゃいました。


            109


騒々しいモモに触発されて、普段おとなしいキューちゃんも「オーッ!オーッ!」とちょっとハスキーな声を力強くあげていました。やっぱり子供同士って色々影響し合うんですね~。
↑この写真、キューちゃんの父Yくんの経営するカフェで撮りました。落ち着ける素敵なカフェなのですが、モモがあっちこっち歩きまわるので全然ゆっくりできなくて残念でした・・・

夜は弟カップルとCさん&キューちゃんと、みんなで『えぼし』に行きお魚三昧しました。車に乗ってすぐに寝てしまったモモが引き続き眠っていてくれたので、楽しいお喋りと美味しいご飯を堪能。お酒は飲まなかったけど、久々に居酒屋気分を味わえて「あぁ、こういうのいいなぁ・・・」としみじみ思いました。

翌日は母もやって来て、祖母とともに祖父のお墓参りへ。その後、母娘4代で食事をしました。
イタリアから電話をかけるといつも「心配してたのよ」と涙声で話す祖母、前はこんなに涙もろくなかったのに・・・私も祖母のことを心配していました。モモに会えて本当に嬉しそうに楽しそうにしている様子にホッとしました。

最終日、開店前の時間を割いてYくんが茅ヶ崎案内のため車を走らせてくれました!あの店はどうか、ここは今日開いてるか?と色々考えて回ってくれて、本当に感謝!!


                    155


                    154


雑誌で知った、『Nanosh』。”焼栗と豆乳クリームの白パン”がめちゃくちゃ美味でした!これを買いにまた行きたい!レジ横のバスケットにあったパンの耳をモモにと貰っておき昼食にあげたらなんと一袋ペロッと食べてしまいました(汗)。母に似てかなりのパン好きです。。

               156


necoさんのブログで知り、その後母からも話を聞いていて行ってみたいと思っていた『はらドーナッツ』。ちょっと時間がたってから口にしたせいかイマイチな感じ・・・(欲張って色々買いすぎ!笑)でも想像していた通りの味。もうちょっとだけ甘いほうが好きかも。イタリアで甘すぎるドーナツに慣れてしまったのかしら。

他にも別のパン屋に行ったり北欧雑貨のお店でちょっとした小物を買ったり、短い時間の中でもとても楽しませてもらいました。Yくん、ホントにありがとう!!

そして弟が合流し、以前母と弟で行ってすごく美味しかったというお店でランチ。


               159


このちらし寿司、見た目の美しさも見事だけれど、味も最高♪湘南らしく、生シラスものってます!弟はウハウハ言いながらみんなの倍は平らげ、具合悪くて来れなくなった母にとお土産に包んでもらった分も半分以上は彼のお腹に収まりました(苦笑)。


こうして振り返ってみると、3日間慌ただしかったけど充実してました。あ~、もう一度行きたい。茅ヶ崎にはまだまだ美味しいパン屋やお食事処、雑貨屋など盛りだくさん!鎌倉にも行きたいし・・・

次回はYくんのカフェ 『LAMA coffee/LAMA space』 を紹介しようと思います♪

[PR]
by momo_capricci | 2009-10-22 01:10 | 日本 | Comments(10)
             無題


日本到着後2日間は私もすっかり疲れていたし、天気も悪かったのでずっと家にいました。
去年と同様モモの時差ボケがひどく、夜中2時ぐらいに目を覚ましその後は目がランランで朝まで絶対に寝てくれませんでした。起きているとおなかもすくので、牛乳を飲ませたりバナナを食べさせたり・・・本当はあげたくなかったけれど、台所で騒ぎ始めるので仕方なくあげていました。こんなことしてたらいつまで経っても時差ボケのままだ・・・と思いながら(泣)。
3日目ようやくいいお天気になったので、時差ボケ解消のため隣のおばさんから教えてもらった地元の新しい公園に母と3人で行ってきました。

予想通りモモはベビーカーに揺られ気持ちよさそうに眠ってしまいました。。
歩くこと20分ほど。公園のエントランスを入ると、何種類もの花が私たちを迎えてくれました!


             無題


こんもりと丸く盛り上がった芝生の広場が3つあり、あちこちに様々な植物が植えられています。広すぎず狭すぎず、感じのいい公園で一目で気に入りました。


             無題


目を覚ましたので芝生の周りを一周。ノンナの日傘を欲しがるモモ。そういえば、イタリアでは傘をさすことって滅多にないな・・・だからモモは触ってみたくてしょうがないんですね。


             085


ご機嫌♪
アーチごとに違う種類のバラが植えられていてとてもきれいでした。何だか得した気分。


     無題


人も少なくて、小さな子供を連れにはちょうどいい公園。いいところを教えてもらいました。
とても眠かったけど、青空と花々のおかげで私もいい気分転換になったので行ってよかったです。

これでモモの時差ボケも少しは治ってくれるかな?と期待していたのですが、そんな考えは甘かった。。その夜もいつもと変わらず目を覚まして朝まで起きていました。子供の体内時計って本当に正確なんだな~と感心してしまうほど。
その後も公園に行ったり買い物に出たり、日本の生活リズムで動いていたのに、結局治るまで丸々1週間かかりました。夜普通に眠れそうなぐらいだった私も、モモに合わせていたせいですっかり時差ボケが移っちゃいました。いや~、本当に手強いです。

弟の家に泊りに行くことになっていた日の前の晩、やっと夜も寝るようになりました。間に合ってよかった!

次回は、モモと電車に乗って茅ケ崎へ!

[PR]
by momo_capricci | 2009-10-02 00:04 | 日本 | Comments(6)
お久しぶりです。やっと更新する時間ができました~!

17日の夕方無事日本に到着しました。ところがその後1週間は疲れを癒す間もなくモモが午前2時前後に目を覚まし朝まで遊び続ける日々に悩まされていたんです。。去年は2~3時間遊んだら寝てくれたのに今年はひどい時なんて朝の10時まで遊んでから寝入ることもあり、一人で遊ばせておくわけにもいかないし私も母もフラフラになりながら付き合っていました。ちょうど1週間でやっと一晩中眠るようになり、ようやく生活のリズムが少し戻りました。でもイタリアでは毎日お昼寝を3時間していたのに、こちらでは1~2時間すればいいほう。ほとんどしない日もあって、睡眠不足がちょっと心配です。
でも幸い、出発ギリギリまで体調不良が続いていたとは思えないほど元気で食欲もあり、母も「具合が悪かったなんて信じられない!」と言っています。元気になってくれて本当によかった・・・またぶり返していたら、帰国したこと後悔してしまうもの。


今日はイタリア出発から日本到着までを振り返ってみようと思います。



                    無題


午後2時に車でマッサを出発、ミラノ・マルペンサ空港には休憩・給油時間を入れて3時間半ほどで着きました。モモは1時間ぐらい眠りその後退屈で泣きまくり。給油で並んでいる間外に連れ出して気を紛らわせたりしてもチャイルドシートに乗せるとまた大泣き・・・
空港には予想以上に早く到着。チェックインが既に始まっていたので早速手続きに。お友達から聞いていた、親切なJAL職員Iさんと思われる男性が上手な日本&笑顔で応対してくれてバシネットOK!隣の席も確保しておいてくれて、一番の心配ごとが解消されました。


                    無題


空港ではモモが大はしゃぎでもう大変!走り回るは何でもかんでも触りまくるはで、アルビーも私も汗だくでした。セキュリティチェックの前でアルビーとお別れ。涙もろいアルビーはやっぱり泣いてしまい私ももらい泣き。モモはベビーカーに乗せられたことが不満で機嫌悪くバッボにバイバイもしませんでした。
ずらりと並ぶ列でギャーギャー騒いでいるのを見兼ねて職員がやってきて先に通るよう言ってくれました。やれやれ・・・。去年チューリッヒで乗り換えた時は騒いでなくても子連れは優先してくれたのにな。
ぐずぐず言うので仕方なくおもちゃを買いゲートへ。そこでもおとなしくしているはずもなく、しかも搭乗時間が遅れたりして私はもう既にクタクタでした。子連れを優先して一番に搭乗させてくれたものの席でもまた大騒ぎ。離陸時ももちろんじっとしていられなくて私の膝でもがき叫ぶ。私たちの席の周りは中国人ばかりだったので挨拶をしなかったけれど、迷惑がっている様子もなかったので安心しました。
間もなく食事が始まり、予約しておいたベビーミールをモモにあげてみるとお気に召さない様子。味見してみると驚くほど味が濃く、おいしくなかったので、付いていたビスケット(イタリアのパヴェジーニ)だけあげました。出発前に食事をさせておいてよかった!私も一応チキンカレーをもらったけど今まで食べた機内食の中で一番まずかったかも。。SWISSは出発直後にスナックと飲み物、食事の合間にアイスクリームが出たし、おもちゃも言わなくても数種類持ってきてくれて(しかも可愛い!)サービスよかったので、それと比べるとかなりお粗末な感じでした。初めてのJALに結構期待していたのでガッカリ。
モモが寝るかどうか、これもかなり心配だったのですが、夜便にして正解!イタリア時間の深夜0時になるとさすがにもう我慢できなくなったようで、バシネットを用意してもらったころには私の膝の上で寝ていました。何回か泣いたり目を開けたりしたけれど結局私が到着1時間前に起こすまで8時間以上バシネットの中にいました。狭くて寝返りもできないほどだったのにこんなに寝てくれるなんて!
着陸前機長から「18個あるタイヤのうちの一つに不具合が見つかったので地上の整備士が目視で確認するため低空飛行します。その後OKが出たら着陸体勢に入ります。」とアナウンスが入り、18個のうちのひとつぐらいなくても平気じゃないの?なんて思っていたら、CAさんが「私たちはこういうときのために日頃から訓練を積んでいるので心配しないでください」と力説、それを聞いていたら逆に心配になってしまいました。抱っこを嫌がるモモを必死で抑えつけているうちに確認も終わりOKサインが出たようで無事着陸、長い長いフライトが終わりました。
スーツケースを取るのに悪戦苦闘し、やっと出口で両親と再会。あぁ~~、やっと終わった!


                    無題


ノンナ(おばあちゃん)に抱っこされてちょっと照れくさそうなモモ。人見知りもせずすぐに馴染んでいました。
実家に着いて、さぁゆっくりしよう!って訳にもいかないのが悲しいところ。眠れない日が続くんですね~。
それはまた次回の記事で・・・

[PR]
by momo_capricci | 2009-09-29 01:03 | 日本 | Comments(26)
014

2か月とちょっとの滞在もあっという間に過ぎていきました。
納豆とお風呂にお別れするのが寂しい・・・。

子供がいると、予想以上にパッキングがはかどらなくて(行きもそうでしたが。。)
さっきようやく終わりました。
でもまだイタリアに戻るって実感がなくて、明日もこれまでのようなここでの生活が続きそうな気がしてしまいます。もう日本にどっぷり(苦笑)。

帰ったらアルビーにモモを任せて母と二人気が済むまで眠り続けたい!なんて今から思っている私です。

さぁ、がんばるぞ!
↑この写真のようにモモが飛行機で眠ってくれますように!!

[PR]
by momo_capricci | 2009-01-11 22:51 | 日本 | Comments(8)