<   2009年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ブログを更新したいのに出来ない日々が続いています。。写真ばかりがたまるたまる。今日こそは何としてでもこの記事を書いてしまおう!

先日、隣町Carraraに住む日本人ご夫婦の旦那さまMさんの40歳の誕生パーティーに誘われました。Mさんとは一度しかお会いしたことがなく、しかも私はまだ新入りなので彼の好みなど知らないことばかり。とにかく話に聞いていたことは「サプライズだから!」ということで、誘われるがままに、日曜日参加してきました。

アルビーは都合が悪く不参加だったので、私とモモはMassaに住むKさん一家の車に同乗させていただくことになりました。この日、Kさんの旦那さまがMさんを誘い出す役目!ということで、Mさん宅付近に到着すると間もなく呼び出しの電話。そしてKさんは「私たちは今着いたけど、○○さんどこにいるの?」「Mさんたちどっちに向かって行った?」などなど、他の参加者の方たちとお互いの居場所やMさんの行方確認を携帯でやり取り。その一部始終を近くで見守ることができた(大袈裟?!)私もドキドキしちゃいました!

まもなくMさんの奥様YさんからGOサイン!するとどこからともなくそろそろとMさん宅に向かって多数の日本人集結(笑)、皆さんどこで待機していたのかしら?ちびっこも入れ総勢20人以上、賑やかになりそう!

早速準備開始。飾り付けや盛り付けなど、皆テキパキと息が合ってる!一人一品持ち寄ることになっていた料理のテーマ(?)は「Mさんの好物」だったそうで、カツカレーやハンバーグなどお子様も喜ぶメニューが並びました(笑)!

Kさんの旦那さまから「家に向かう」という連絡があったようで、それぞれクラッカーを手にしてソファの後ろに隠れ待機!

そして、

「パン、パン、パ~ンッ・・・・・!!!」
c0161459_634482.jpg


「誕生日おめでとう~!!!」

(因みに、誰かが試した一発でモモが既に泣き始めてしまったため私は奥の洗面所のガラス戸から覗いていただけ。なのでMさんの表情を見ることができませんでした~。。残念!)

さらにこの日はお二人の8回目の結婚記念日でもあったそうで、Yさんにもサプライズの花束がありました!
ダブル・サプライズだったんですね~。感極まり涙するYさん!

作戦は大成功だったようで、Mさんかなり驚かれていたようです。
その後も「あ~、頭の中まっ白!」と、しばらくは興奮冷めやらぬご様子でした。
奥様Yさん、この日までサプライズパーティーのことがバレたら大変!と、それはもう気が気じゃなかったでしょう。本当にお疲れ様でした!

c0161459_654927.jpg
c0161459_6543212.jpg


モモがおりこうさんに遊び、眠ってくれたので、幸せそうなMさん一家やたくさんのお友達とともに私も美味しいごはんとお酒をたっぷりいただくことができました。(ワインでギリシャ・スイス旅行もしちゃいました~!笑)まるで日本にいるようで不思議な感じでした。
いい歳して極度の人見知りである私を輪の中に入れてくれたTopoさんやYさん、他親切なお友達に感謝!
これからもどうぞよろしくお願いします。


More
[PR]
by momo_capricci | 2009-02-28 07:16 | 日々 | Comments(6)
c0161459_20525861.jpg


これがSarzanaで買ってもらったニット帽です。
色といいデザインといい、私の超お気に入りなんです!大人用があったら自分用に欲しいぐらい(この歳には可愛すぎるか。。)。

いつも散歩やお出かけの時にかぶっているペルーのニット帽がそろそろ小さくなってきた感じもあるし、日本の友達からプレゼントされたものはまだ大きいし・・・ということもあって喜んでいたんですけれど、いざかぶせてお出かけしてみたら、これも大きい。。試着の時興奮しててサイズをちゃんと見てませんでした~!

ということで、来年まで楽しみにとっておくことにしました。
日本で買ってきた毛糸の色と合いそうなので(マフラー編みかけで放ったらかし・汗)、来年はマフラーとセットで!ニット帽も自分で編んでみたいのですが、一度失敗して途中で諦めたことがあって。。マフラーは何も考えずに出来上がるので楽ですよね~。でもいつかリベンジするぞ!

[PR]
もうひと月近く前のことですが、近場でお気に入りの街 Sarzana へ母を連れて行ってきました。

初めて行ったのは去年夏の骨董夜市。旧市街の路地を埋め尽くす家具や雑貨に大興奮、3度も通ってしまいました。その時街自体の雰囲気も素敵だな~と感じていたので、「昼間の街の様子やお店も是非見てみたい!」と思っていました。

街に入ってすぐに偶然通りかかったアクセサリーの小さなお店。半貴石やシルバーなど手作りアクセサリーがずらり。デザインもなかなかで、しょっぱなからモモとアルビー放ったらかしで母と二人ショーケースに張り付き自分の世界(笑)。そしてイタリア土産にと母がネックレスをバーゲン価格で購入!いい時に来たわ~!

思っていた通り、趣のあるカフェや魅力的なお店、ちょっと惹きつけられる風景などなど、好きだな~ここ!
また違った発見が色々ありました。

c0161459_6142651.jpgc0161459_6151024.jpg
c0161459_61927.jpgc0161459_620421.jpg
c0161459_6211361.jpgc0161459_6214447.jpg



特にこの日入った Pasticceria GEMMI は歴史を感じさせる造りとお菓子の種類の多さに感動!!
いつもと変わらぬ値段でリッチなカッフェタイムを過ごせました♪

c0161459_623979.jpgc0161459_6233173.jpg



またまた甘いものです・・・(苦笑)。
見てください、このドルチェの数々!こんなに種類豊富なお店に初めて入りました~。(実際はもっとあります!)

c0161459_6333161.jpgc0161459_634130.jpg
c0161459_6301533.jpgc0161459_6303525.jpg
c0161459_6345145.jpgc0161459_6351826.jpg



これでもかっ!って言うほどのお菓子に囲まれさすがの私も見ているだけでお腹いっぱいに。。カップチーノだけでいいかな~なんて思っていたら、アルビーが親切にも3人分のドルチェをセレクトしてくれていました。
私がいただいたのはヘーゼルナッツのマカロン。こんな時に限ってあっま~いお菓子、ちょっと重かったけれど、こんな雰囲気のいいところでお茶できて気分は良かったです。

可愛い子供服のお店も2件見つけました。あまりにも可愛かったので母と「コレかわいーっ!あ、あれもーっ!!」と騒いでいたら、アルビーがモモにニット帽を買ってくれました(笑)。いや~、バーゲンやっててよかった!その帽子は次回お見せしま~す。

[PR]
甘いもの続きで・・・

母がいる間に一度食べさせてあげたいと思っていた Rosellini のジェラート。
帰国2日前の夕方、このジェラートのためだけにお隣カッラーラまで車を飛ばし、足早にお店へ向かったのですがなんと定休日。アルビー、月曜定休だと思っていたようで。。仕方なくすぐにとんぼ返りとなりました。
「また次の機会に行こうね」と話していた私たちに、翌日「カッラーラ行くでしょ?」と当り前のようにアルビーが言うので(こういうとき諦めない、とても気の長~い人なのです)、車に弱い母はモモと家で留守番しててもらってジェラートお持ち帰りすることにしました。

c0161459_1649260.jpg


私も久しぶりだったし、お持ち帰りだといろんなフレーバーを少しずつ楽しめるのでなお嬉しい♪
お目当てだったバナナがなくて残念でしたけど、ミルク・ヨーグルト&イチゴ・ヘーゼルナッツ・ピスタチオを選びました。

そしてナント!ウェハースとシガールをこんなに↑おまけ(?)してくれました!!

美味しいし、スタッフのお姉ちゃんもいつも感じ良いし、お手洗いもキレイだし(バルなど大抵はビックリするほど汚い!)、言うことなし!です。(近くのEugenioも美味しいけれど、こういうサービスないし、スタッフがいつも不機嫌そうで印象悪い)

もちろん母も「美味し~い!!」と言ってとても喜んでくれました。よかった、よかった。 ^_^

[PR]
by momo_capricci | 2009-02-15 17:17 | Comments(6)
今週久々にケーキを焼きました。

c0161459_554129.jpg


これは去年あるブログで見たとき材料からして一目で気に入りすぐに挑戦したお菓子。味も私好みで大のお気に入り、栗の粉とリコッタチーズのケーキです。
その名の通り栗の粉とリコッタチーズを使うので、イタリアにいるからこそ材料が簡単に入手できて手軽に作れるお菓子ですね。
我慢できなくて焼き立てをつまみ食いしてしまったけれど、本当は次の日以降しっとりしてきたところが食べ頃で、ついつい何度も手が出てしまうほどの美味しさです。
去年夏Sarzanaの骨董市で手に入れたお皿、このケーキをのせて写真撮りたいとずっと思っていて、ようやく実現しました。
何度でも焼きたいケーキです。


そして今日は San Valentino バレンタインデー。
日頃の感謝を込めてアルビーに何かチョコレート菓子をつくってあげたいと思い、cooさんおすすめのこの本から、プチ・ショコラを。

c0161459_6265926.jpg

朝アルビーが仕事に出てからすぐの時間、「モモが目を覚ましませんように!」と心の中で願いつつなんとか完成させました。
マフィン型6個分プラス写真のグラタン皿にふわふわの生地を流し込んでオーブンへ。表面さっくり、中はしっとりの軽いショコラができました。粉糖があったら完璧だったかな?

仕事から帰ってきたアルビーに「いつもありがとう」とひと言告げてからティータイム♪となるはずだったのがひと悶着あって台無しになってしまったのですが(「バレンタインデーがどういう日か知ってる?」から始まって、あーだ、こーだとまるで説教のように色々言われ、私爆発しました・苦笑)、その後なんとか機嫌直して3人でテーブルを囲み、美味しいショコラを味わいました。


最近モモのことで精一杯、自分の時間もなくストレスがたまりっぱなしです。想像以上に活発な女の子に成長しているモモから目が離せない状態で、一時も気が休まりません。
そんなとき私にとってとても良い気分転換になるのが料理やお菓子作りです。何かに没頭できる時間が少しでもあると、気が楽になりますよね。
日本でレシピ本を3冊手に入れたので、時々のお菓子作り&お楽しみティータイムで乗り切りたいと思います!

[PR]
もうすぐ結婚記念日だしと、先日母がご馳走してくれることになりました。行先は"Ristorante IPPOPOTAMUS"、訳して「カバレストラン」。
アルビーの知り合いであるここのオーナーは店の名の通りカバのような大きな体(お腹?!)のルイージさん。日本から親戚を呼んで、去年5月にモモのお披露目パーティーをした思い出のレストランです。私と弟の間ではとても気さくでサービス精神旺盛な彼を「カバちゃん」と呼んでいます。その時一緒に記念撮影もさせてもらいました。

前菜だけでも一品料理のようなボリューム、パスタなんて一皿で2人前はあるのではと思うほどで、美味しい魚介料理が盛りだくさんです。(肉系もメニューにあるけど魚介がとても美味しいので注文したことありません)しかもリーズナブル!カバちゃんの気前の良さが伝わってきます。
この日のオーダーは、アルビーがタコと豆のサラダ(太いタコの足がど~んとのっています)と魚介のスパゲッティ(ムール貝、エビ、イカなど入ったオイル系)、母と私は前菜盛り合わせ(色々な種類の魚介の前菜がちょこちょことたくさん出てくる)にスカンピのトマトクリームソースペンネ、海と大地のショートパスタ(きのことアサリ)。
前菜盛り合わせはイワシのマリネやホタテのグラタン風、カンネッローニなどなど5~6種類はあったかしら?どれも美味しかったのにモモに食べさせることでいっぱいいっぱいだったので写真もなく記憶もあやふや。。母が「ん~、美味しい!!」と言っていたのだけはよく覚えてます(笑)。
私がとても気に入ってしまったのが母から分けてもらったスカンピのパスタ。次回は絶対にコレだ!と早くも心に決めました~。
かなりお腹がいっぱいだったのだけれど、これ↓魚介のフリットをどうしても食べたかったので、1人前だけ頼みました。

c0161459_1302364.jpg

モモのお食事が終了したのでやっと写真撮れました。
アツアツのところにレモンをたっぷり搾って・・・薄い衣がサクサク、イカはぷりぷりエビは甘いのです!このシンプルさが最高。あ~、今すぐにでもまた食べたい!!

c0161459_138783.jpg

ベビーチェアに大喜びのモモ。なんとかお利口さんに食事を済ませてくれました。
5月に来たときはまだ生後1か月ちょっと。曾おばあちゃんからもらった真っ白のドレスを着せられて眠っていたのに、今はこんなに大きくなってごはんも食べている・・・。月日が経つのは本当に早い。

c0161459_151419.jpg

アルビーがドルチェを頼むというので「じゃあ私も」と欲張って、とても甘~いメレンゲのお菓子まで食べてしまいました。ここのドルチェのショーケースもかなり魅力的なのです。。

今度はいつ行けるかな~。特別な時だけのお楽しみです♪

[PR]
久しぶりの更新で、もう1週間以上も前の話だしこの記事を載せようか迷ったけれど、あんな目に遭うことは滅多にないし(いや、イタリアならあり得るか。。)さらっと流すのが悔しいので苦い思い出を記しておきたいと思います。興味のある方、どうぞお付き合いください。。


母ももうすぐ帰ってしまうことだしと、私たちは電車で世界遺産チンクエ・テッレに行こうと計画していました。
そして1月のある木曜日。朝起きるときれいな青空、チンクエ・テッレ日和だ~♪とルンルンだったのに、間もなく曇り空へと変化してしまい「でも雨さえ降らなければいっか~」なんて言いながら、11時半の電車に間に合うよう家を出発しました。

駅に着き、早速キップ売り場へ。「Riomaggiore(チンクエ・テッレの5つの町のうち出発駅Massa Centroから最寄)まで大人3人」と告げると、「今日はショーペロ(ストライキ)だから、途中のLa Speziaまでは行けるけど、後の電車が来るかはわからないよ」と言われてしまいました。そこでアルビーの決断は、「じゃあ、とりあえずLa Speziaまでのキップを3枚」。
「La Speziaまで行ってみて電車がなかったら、街をぶらぶらすればいい。とにかく行ってみないとわからないよ」と。
でも電車案内のモニターを見ると、半分ぐらいの電車が運休になっているんですけど!本当に行き着くのか?そして帰って来れるのか??

あ~、このとき断固否定してまた後日ということにすればよかったと、あとでどれほど大大後悔したことか!
こうして「ひたすら”待つ”1日」が始まりました・・・。

c0161459_0313279.jpg

                駅で。モモの表情がこの先の不運を物語っているよう・・・


More
[PR]