<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

お久しぶりです。やっと更新する時間ができました~!

17日の夕方無事日本に到着しました。ところがその後1週間は疲れを癒す間もなくモモが午前2時前後に目を覚まし朝まで遊び続ける日々に悩まされていたんです。。去年は2~3時間遊んだら寝てくれたのに今年はひどい時なんて朝の10時まで遊んでから寝入ることもあり、一人で遊ばせておくわけにもいかないし私も母もフラフラになりながら付き合っていました。ちょうど1週間でやっと一晩中眠るようになり、ようやく生活のリズムが少し戻りました。でもイタリアでは毎日お昼寝を3時間していたのに、こちらでは1~2時間すればいいほう。ほとんどしない日もあって、睡眠不足がちょっと心配です。
でも幸い、出発ギリギリまで体調不良が続いていたとは思えないほど元気で食欲もあり、母も「具合が悪かったなんて信じられない!」と言っています。元気になってくれて本当によかった・・・またぶり返していたら、帰国したこと後悔してしまうもの。


今日はイタリア出発から日本到着までを振り返ってみようと思います。



                    無題


午後2時に車でマッサを出発、ミラノ・マルペンサ空港には休憩・給油時間を入れて3時間半ほどで着きました。モモは1時間ぐらい眠りその後退屈で泣きまくり。給油で並んでいる間外に連れ出して気を紛らわせたりしてもチャイルドシートに乗せるとまた大泣き・・・
空港には予想以上に早く到着。チェックインが既に始まっていたので早速手続きに。お友達から聞いていた、親切なJAL職員Iさんと思われる男性が上手な日本&笑顔で応対してくれてバシネットOK!隣の席も確保しておいてくれて、一番の心配ごとが解消されました。


                    無題


空港ではモモが大はしゃぎでもう大変!走り回るは何でもかんでも触りまくるはで、アルビーも私も汗だくでした。セキュリティチェックの前でアルビーとお別れ。涙もろいアルビーはやっぱり泣いてしまい私ももらい泣き。モモはベビーカーに乗せられたことが不満で機嫌悪くバッボにバイバイもしませんでした。
ずらりと並ぶ列でギャーギャー騒いでいるのを見兼ねて職員がやってきて先に通るよう言ってくれました。やれやれ・・・。去年チューリッヒで乗り換えた時は騒いでなくても子連れは優先してくれたのにな。
ぐずぐず言うので仕方なくおもちゃを買いゲートへ。そこでもおとなしくしているはずもなく、しかも搭乗時間が遅れたりして私はもう既にクタクタでした。子連れを優先して一番に搭乗させてくれたものの席でもまた大騒ぎ。離陸時ももちろんじっとしていられなくて私の膝でもがき叫ぶ。私たちの席の周りは中国人ばかりだったので挨拶をしなかったけれど、迷惑がっている様子もなかったので安心しました。
間もなく食事が始まり、予約しておいたベビーミールをモモにあげてみるとお気に召さない様子。味見してみると驚くほど味が濃く、おいしくなかったので、付いていたビスケット(イタリアのパヴェジーニ)だけあげました。出発前に食事をさせておいてよかった!私も一応チキンカレーをもらったけど今まで食べた機内食の中で一番まずかったかも。。SWISSは出発直後にスナックと飲み物、食事の合間にアイスクリームが出たし、おもちゃも言わなくても数種類持ってきてくれて(しかも可愛い!)サービスよかったので、それと比べるとかなりお粗末な感じでした。初めてのJALに結構期待していたのでガッカリ。
モモが寝るかどうか、これもかなり心配だったのですが、夜便にして正解!イタリア時間の深夜0時になるとさすがにもう我慢できなくなったようで、バシネットを用意してもらったころには私の膝の上で寝ていました。何回か泣いたり目を開けたりしたけれど結局私が到着1時間前に起こすまで8時間以上バシネットの中にいました。狭くて寝返りもできないほどだったのにこんなに寝てくれるなんて!
着陸前機長から「18個あるタイヤのうちの一つに不具合が見つかったので地上の整備士が目視で確認するため低空飛行します。その後OKが出たら着陸体勢に入ります。」とアナウンスが入り、18個のうちのひとつぐらいなくても平気じゃないの?なんて思っていたら、CAさんが「私たちはこういうときのために日頃から訓練を積んでいるので心配しないでください」と力説、それを聞いていたら逆に心配になってしまいました。抱っこを嫌がるモモを必死で抑えつけているうちに確認も終わりOKサインが出たようで無事着陸、長い長いフライトが終わりました。
スーツケースを取るのに悪戦苦闘し、やっと出口で両親と再会。あぁ~~、やっと終わった!


                    無題


ノンナ(おばあちゃん)に抱っこされてちょっと照れくさそうなモモ。人見知りもせずすぐに馴染んでいました。
実家に着いて、さぁゆっくりしよう!って訳にもいかないのが悲しいところ。眠れない日が続くんですね~。
それはまた次回の記事で・・・

[PR]
by momo_capricci | 2009-09-29 01:03 | 日本 | Comments(26)
その後のモモですが、金曜の夜に発疹が出始め翌日には全身に広がったためまた病院に連れて行きました。発熱後の発疹だったので私は突発性発疹だと思っていたのですが、先生が言うには抗生物質の薬でアレルギーが出たのでは、ということでした。数日前に小児科に行ったとき中耳炎が再発していたため薬を続けていたのですが、それらを全部やめて様子を見るよう言われました。ぶり返しては病院に行き、その都度違う先生が違う薬を処方していたので、納得のいく診断でした。
発疹は出ているけれど痒い様子はなく、でもだるいのかとにかく一日中ぐずり、夜中も何度も目を覚ましては大泣き。それが3晩続いています。大好きな牛乳を飲みたがらなかったり、ちょっとしたことでイラついたり・・・でも今日はだいぶ良くなりました。
今朝、予約を入れていた予防接種をキャンセルしにアルビーが保健所へ行ったら、そこの先生は「熱もなく、抗生物質をやめてから数日たっているのなら注射を受けても大丈夫。でもまずかかりつけの小児科医に聞いて、それでOKなら受けに来るように。」と言われたそうで、急遽モモを連れてもうやめようと思っていた小児科に行きました。その先生は「夜中に泣いたり牛乳を飲まなかったりするってことは、まだ調子が良くないということだから、今日の予防接種はやめて日本から帰って来てからすぐに受けたほうがいいと思う。」ということで、私もアルビーもそれには納得しキャンセルすることに決めました。そしてこの先生の意見としては「この発疹は突発性発疹だと思う」とのことで、先生によって考え方が違うのでどれを信じて良いものか困ってしまいました。病気の診察も、予防接種も、全部一か所で一人の先生に診てもらえたらこんなに振り回されずに済むのに・・・
耳と喉はやっと治まったようで、発疹は、アレルギーだとしても突発性だとしても、とにかく今は何もせず様子を見るのみ。ここ数日むくみがあった顔も今日はすっかり元に戻り、発疹も薄くなってきました。食欲もあり、見た感じは元気です。

そんなこんなで帰国をキャンセルするかどうかギリギリまで悩んでいましたが、今朝先生に聞いたところOKが出たので行くことに決めました。やっと準備ができます。

出発が明後日に迫っているというのに心身共に疲れきった状態。最初の発熱から3週間・・・まさかこんなに長引くなんて。でも帰国すると決めたら少しだけ気持ちが楽になった気がします。あとは準備とフライト。なんとか体がもちますように。そしてモモが完全に元気になりますように。


*前回の記事にコメント下さった皆さんにお返事したかったのですが、時間と気力がないため今日のこの記事にかえさせていただきます。ごめんなさい。モモのことを心配して下さってありがとうございました。それから、イタリアの医療システムについても教えていただけてとても参考になりました。

[PR]
by momo_capricci | 2009-09-15 07:00 | 子育て
土曜、日曜とおもいっきり遊びまくっていたので、もう大丈夫!と思っていたら、火曜に再び発熱。39度以上になったので、かかりつけの小児科医に電話したら応答なし(もうこの医者辞めようと思っていたけど、緊急なので仕方なくかけたらやっぱり出ない!)。なので救急病院に行きました。いつも面倒だなと思うのが、日本だったらこういうときすぐにどこかしらの小児科を自分で選んで行けるけど、こちらでは救急病院を通してから小児病院で診てもらわなければならないこと。まず救急病院でどういう症状か説明し、そして彼らが小児病院に行かせるかどうかを決め、行かせる場合は電話でアポイントを取り、その後私たちは書類を受け取ってから小児病院に移動するようになります。イタリアのシステムは日本と違って、私にはすご~く面倒に感じます。他にもっと早く診てもらえる方法があるのでしょうか?

小児病院では、「何でかかりつけ医のところに行かなかったの?」と言われてしまい(だって、診療時間が極端に少なくて、電話にも出ないんだもん!)、でもアルビーが事情を説明したら診てもらえました。
両耳がまだ赤く、喉も腫れている、とのことでまた抗生剤を処方されてしまいました(泣)。

昨日一日38度前後の熱が続き、今朝5時前にまた39度以上出たのでかかりつけ医に電話して(今度は出た)今日の午後に診察の予約を入れました。熱があってもいつも食欲があるモモ、今朝はバナナを1本丸々食べたのですが何故か水分を取りたがらず、でも脱水症状が心配だったので無理やり自家製レモネードを飲ませたら正午過ぎに嘔吐。その後は水分も食べ物も欲しがらず、解熱剤の座薬を入れたらそのまま眠ってしまいました。夕方起きたときも水は少ししか飲まず、ビスケットを2本食べただけ。でも熱は下がり、動きも出てきてだいぶ楽そうになりました。
その後かかりつけ医に診てもらったらやっぱり耳がまだ腫れているそうで、以前使っていた点耳薬を与え、抗生剤も続けるように言われました。
熱が下がってからは遊んだり、本を見たり、だいぶ元気になりました。夕食もおじやと魚のトマト煮を食べ、水もたくさん飲んだのでちょっと落ち着いた様子です。まだまだ本調子ではないけれど、ひとまず安心。

帰国の2日前に肺炎球菌の予防接種を予約していたのですが、これはキャンセルしイタリアに戻ってきたらすぐ接種するようにと言われました。
数日前私がぎっくり腰になり(軽かったのでもう大丈夫)、モモの中耳炎も再発・・・日本に行くなってことでしょうか(泣)。せっかく決心したのに。

このままモモの体調が悪いと日本行きまでキャンセルになりかねません。はぁ・・・
準備する時間も、する気力もなく、帰国は一体どうなるの?
あぁー、何も考えずゆっくり眠りたい!

[PR]
c0161459_2382361.jpg


念のため飲ませていた薬も昨日で終わり、モモは完全に良くなった様子で元気いっぱい走り回ってます。

散々悩んだ末やっぱり帰国することに決めたのですが、それからというもの何だか気持ちが散漫、落ち着きません。何をするにも上の空・・・写真を撮ることすら忘れていました(笑)。
何もしていないのに気持ちに余裕がなくて、憂鬱になったり、涙もろくなったり・・・
なんでだろう?って自分自身を見つめなおしてみたら、「子育てに疲れてるんだ」という結論に達しました。そこには日々の生活とか自分の性格とか色々なことが絡み合っていて、気付かないうちにモヤモヤが蓄積・・・とうとうその重さに耐えられなくなってしまったようです。

「このままここにいたら、苦しくなるばかり。日本に行かなきゃ!」

そう思いました。
心配事は色々あるけど、とにかく日本に行ってきます!リフレッシュしに。


昨日は、スペインで知り合って以来とてもお世話になっているイタリア人夫婦グイドとジョヴァンナに会いに、フィレンツェに行ってきました。
そこでもモモはフル回転!


More
[PR]