<   2013年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

c0161459_540332.jpg

掘りたてつやつやのニンジン。
裏の畑は、今年は春先の悪天候と農夫ジュリアーノの入院でいつもより寂しい実りになっています。
でもこのニンジンはとっても立派!私は小ぶりのものを選んだのでこんな感じですが、もっと大きくてぷりぷりのニンジン(ニンジンに”ぷりぷり”っていうのも変だけど、その言葉が似合う!)が籠に積まれていました。
このフレッシュなニンジンをどう活かそうかと考えて、ただ千切りにしてオイルとお酢、塩で和えるだけのマリネを作ることにしました。
実は私、ニンジンを千切りにするのが好きで、切っているとき妙に集中して幸福感を得られるのです。そして切り終わった時の達成感。
新ニンジンは瑞々しいので包丁に伝わってくるシャキシャキという感触と音がとても心地よい。
夢中になって大きめのニンジンを4本千切りしました。


c0161459_5405237.jpg

あとは調味料をかけて、手で軽く揉む。この手で揉む作業が結構大事なようです。
韓国料理のナムルも、和えるときは手で揉むと仕上がりが違う、と韓国人の料理家のレシピに書いてありました。手の適度な温度と微妙な力加減で味が馴染むんでしょうね。
作った日は歯ごたえのあるサラダのよう。2日目、3日目と時間が経つにつれてしんなり馴染んできてそれも美味しいのです。
これだけで食べてもいいし、他の野菜を足してオリーブオイルと塩で和えるとイタリア風のサラダに、醤油で和えると和風、ごま油とナンプラーでエスニック風。毎回変えて楽しんでいます。

今日はこのニンジンでキャロットくるみスコーンを作りました。モモニコのおやつ、アルビーの朝食に安心して食べてもらえます。

どんどん消費してまた買いに行こう。


この忙しい最盛期に、持病のある心臓を再び患ってしまったジュリアーノ。退院した今も家で安静にしていなければなりません。
主人不在の間、70代半ばの妻アンドレイーナが息子と孫に手伝ってもらいながら畑を守っています。夫の入院中は、早朝に畑仕事を済ませ家に戻り差し入れのマチェドニアを準備。1日3回病院に通っていたそうです。自身も糖尿病を患っているというのに・・・
早朝なら私にもお手伝いできる時間がある、と思って何かできることはないか聞いてみましたが、「この仕事は大変だから、気持ちだけもらっておくよ、ありがとう」という返事でした。足手纏いになっては意味がないのでそれ以上は聞かないことにしました。
私にできることは、大忙しのアンドレイーナが畑にいるタイミングを見計らって(うちのテラスから畑が見えるのです)野菜を買いに行くこと、ちょっとした話し相手になってあげること、それぐらい。
少ない年金を補うためということもあるのだろうけど、何より長年夫が手をかけてきたこの畑を必死で守ろうとしているアンドレイーナの姿勢と根性にジュリアーノへの愛情を感じました。夫婦二人で喧嘩しつつも何十年とやってきた歴史ってすごい。

そんなこともあって、私はますます野菜料理に精を出そうと思っています。



追記
この記事をアップして間もなく、ジュリアーノは天国に行きました。
夜中、眠るように息を引き取ったそうです。
テラスに出ればいつでも彼らの畑が見えます。その悲しい知らせを聞いた後、畑に置き去りにされた、ジュリアーノがいつも野菜を運んでいた緑色の三輪自動車apeを見るたび、胸が締め付けられる思いがしました。もう、その車を動かす人はいないのです。
アンドレイーナに会いに行こうか迷い、結局行くことができませんでした。何て声をかけてあげればいいか、私にはわからなかったから。
そうしているうちに、激しい夕立が降り始めました。
ジュリアーノがアンドレイーナのために「明日は畑に水を撒かなくていいよ」と十分な雨を降らせてくれているように思えてなりませんでした。
アルビーが「明日の朝アンドレイーナに会いに行ってあげな」と肩を押してくれました。そうだよね、行ってあげなくちゃ。自分の気持ちを伝えられれば、言葉なんてどうでもいいのかもしれない。
ジュリアーノの御冥福をお祈りいたします。

[PR]
c0161459_19305337.jpg

夕食後のひと時。
やけに静かだな~と思って見てみたら、ニコがブロックに夢中になっていました。
なんちゃってレゴなので、ハマり具合がゆるゆる。ニコでも簡単に組み立てられるのです。本物のレゴは、まだちょっと難しい。
黙々と取り組んでいる後姿が可愛らしかったので、しばらく後ろのソファに座って眺めていました。


c0161459_1931752.jpg

子供って教えてもいないのに正座して遊んでいるときがありますよね。
ちょこんと座った小さな背中。
ねんねの時間になるまでずっと遊び続けていました。

今朝も、私が家事をしている間ブロックで遊んでいたのですが、上手くいかなかったようで一人でキーキー怒りながらやっていました。しまいにはギャーギャー叫び、あっちこっちに放り投げつける!激しいです。。
魔の2歳児と言うけれど、1歳半もかなりのもの。
おむつ替え、着替えの時、私を困らせようとしてわざと倒れたり(ソファの上)ひっくり返ってみたり。男の子は力も強いので太刀打ちできません。汗だくです。
男の子のお母さんってパワフル!って他人事のように思っていたけれど、今度は私の番。
あ~、2歳になったらどうなるか?!

[PR]
c0161459_1941965.jpg

ちょっとつまめるおやつを作りたくて、またなかしましほさんの本をペラペラ・・・
家にあるものでできる、ごまきなこスコーンに決定!
材料をボウルにどんどん入れていって手で混ぜて、今回は型すら使わずナイフで適当に切ってオーブンへ。
この手軽さ。食べたくなったらすぐ作れる!そして美味しい!


c0161459_1943755.jpg

焼き立てをニコと一緒に。
私は蜂蜜をかけてみたのですが、そのままの方がごまときなこの素朴な風味を感じられるし、甘さもちょうどよかったです。
小さめに切ったので、スコーンというよりは厚焼きビスケットって感じかな。とても気に入りました。ニコのおやつにもちょうどいい。
まだ黒ごまときなこがあるので、また作りたいです。

[PR]
c0161459_1882964.jpg

こういうメニューなら喜んで食べますが・・・

今年もモモはサマースクール(ここではそう呼ぶことにします)に、午前中だけ行っています。
午前中はニコがお昼寝するので子供を気にせず家事がはかどるのですが、昼と夜の食事作りというか、献立が大変。
うちはお昼はパスタかご飯もののみ、モモがいない時は具だくさんサラダとパンだけとか、普段はそんな感じです。
今の時期、野菜をたっぷり使ったパスタメニューが頭に浮かぶのだけれど、モモが食べたがらないのがネックになっています。
仕方ないので過去の経験から、ズッキーニ、ペペローニなどもペーストにしてパスタに絡めて食卓に出すのですが、それも日によっては食べない。
モモがいないときによく作る、パンチェッタやツナのトマトソースも嫌い。
困ったものです。。ただでさえ暑くて料理する気になれないのに、一番手軽に作れるパスタに悩んでしまう。ホント、頭が痛い。
毎日考えるのが嫌になって、先週なんかはヤケになって私が食べたいパスタ(キャベツ&鯖、ズッキーニ&パンチェッタなど)を作ったら案の定、食べたくないオーラ全開でダラダラつまむ程度でした。
たまに作る蕎麦やそうめんにはすごい食いつきなんだけど、貴重な食材ですからね、月に数回。
夜は夜で、お肉も魚も好きじゃないし、野菜の付け合せにもなかなか手を付けません。
進んで食べるものと言えばハンバーグ系(でも先日ミートボールと野菜のトマトに込みを作ったら食べなかった!)とフリッタータ(イタリアンオムレツ)、あとはピッツァやフォカッチャなど炭水化物ものかな。
モモって実は和食の方が好みなのかも、と今ふと思いました。和食の時ってメインと付け合せでおしまい、とはいかないので最近作っていないんですよね・・・

いかに簡単に、栄養バランスがいい、子供も喜ぶ料理を作るか・・・
毎日そんなことばかり考えています。でもなかなかコレってアイデアが浮かんできません。
まだまだ、あと2か月は続くであろう夏休み(いつから新学期が始まるか知らない・汗)。
何とか頑張らないとー!

[PR]
c0161459_681035.jpg

「きもちいーいっ!!」

暑い暑い毎日。ニコちゃんもプール楽しんでます!


More
[PR]
c0161459_2112225.jpg

今日もメルカートで野菜と果物を買ってきました。
いちごが小さなバスケット一つ1ユーロだったのを2つ、ジャムを作ろうと思い買ったのですが、ヘタを取って半分に切り鍋に入れてみると、やっぱり少ない・・・で、急遽変更。
そのまま鍋に他の果物を足しレモン汁とお砂糖を加えて、イタリアの定番デザートマチェドニアに。


c0161459_21121720.jpg

軽く混ぜてから、こちらのホウロウ保存容器に入れ替えました。
これ、去年日本に帰った時に無印で購入したお気に入り。オーブンOKなので焼き菓子にも使っています。時にはこのまま直火でお惣菜を温めたり。
こちらの深型と、同じサイズの浅型を1つずつ、大事にスーツケースに入れて持って帰ってきました。実は他にも鍋やらお皿やら、無印に行くとつい買ってしまう。何と言ってもシンプルさ、機能性、そしてお手軽な値段。あ~、日本行って思う存分無印ワールドに浸りたい・・・

お昼のデザートに、早速冷たいマチェドニアを。家族全員笑顔になれました。

[PR]
c0161459_17261088.jpg

ドライトマトを作るようになって3度目の夏。今年も6月半ばから作り始めています。
本当は自家製トマトで作れたら最高だけど、うちはそれができないので、メルカートで新鮮で熟したトマトを買って来ます。お気に入りの品種はPomodorini Piccadillyという小さめで縦長のもの。先週のメルカートでは1kg1.99ユーロとだいぶ安くなっていました。いつも袋にいっぱい、大体2kgぐらい買います。
きれいに洗って半分に切って(完全に切り分けず皮がつながったまま開く)並べ、全体に軽く塩を振ってから水分が出てくるまでしばらく待ちます。出てきた水分を拭き取ってからテラスの日当たりのよい場所へ。日が陰ったらトレーごと袋に入れて冷蔵庫へ。また翌朝日が出たら干します。


c0161459_17264056.jpg

完全にドライにするには時間がかかるので、私はセミドライぐらい3~4日でおしまいにします。ジッパー付きの袋に入れて冷凍保存。夏の間にたくさん作って、しばらくは心置きなく使えます。↑冷凍庫から出した状態。
うちはこれを刻んでペーストのパスタに混ぜるのが定番。 あとは野菜だけのパスタの時、ちょっと物足りないなと思ったらこれを刻んで加えます。そうするとコクと塩味がプラスされてアクセントになるし、色もきれい。


c0161459_17265825.jpg

テラスで育てている紫蘇がだいぶ成長してきました。毎年元気にどんどん葉が大きくなっていくので消費が間に合わない!
以前からこれをペーストにしたらどうかなと思っていたんだけど、何となく邪道かな?と思って挑戦していませんでした。ところが先日たまたま紫蘇ペーストのレシピを見つけたのでやっと作ってみる決心がつきました(笑)
松の実をクルミに替えて、紫蘇とパルミジャーノとオリーブオイル、塩をすべてボウルに入れてハンドミキサーでガーッと撹拌。
パスタを茹でるときにジャガイモといんげんも一緒に茹でて野菜プラス。そして刻んだドライトマト。


c0161459_17271111.jpg

目分量で作ったのでオイル少な目、紫蘇多めでした。このペースト、すっごく美味しい!!
ペースト大好物のモモは、「あー、ペースト~♪」と喜んでテーブルについたのですが、「何?!この匂い??」と怪訝な顔(苦笑)
「モモの好きなペーストだよ、今日はマンマが作ったの」”紫蘇”とは絶対に言わない。
いつもなら一人前ペロッと食べてしまうのに、半分食べて「おなかいっぱいだからいらない」と言い出しました。
やっぱり違いが分かるのね~。こんなに美味しいのにな。
それでも結局全部食べきったので、また紫蘇の消費が追い付かなくなったら作ろうと思います!
おススメですよ~!

[PR]
c0161459_4203653.jpg

日曜日、お友達を誘ってLunigianaの山へ。
お目当ては このパンと、アルビーの友人が切り盛りしている宿でのランチ。
晴天に恵まれて、気持ちの良い楽しい一日を過ごしました。


More
[PR]
c0161459_4422856.jpg

写真を撮らなかったのでアップしませんでしたが、この前この写真の奥に見えるなかしましほさんのレシピ本のバナナケーキを作りました。シフォンケーキやクッキー、スコーンはよく作っていたのですが、バナナケーキは初めて。真っ黒になってしまったバナナを消費すべくバナナシフォンを作ろうと思っていたのだけれど、気分が乗らず(メレンゲ作りとか・・・)、家にある材料で簡単に出来るバナナケーキを探していました。で、久しぶりにこの本をめくっていたら目に留まり材料も多少ない物があったけど入れなくても大丈夫そうだったので、作ることに決定。そして作り始めたら・・・湯煎?!ハンドミキサー?!作り方をロクに読まず始めてしまったため結局面倒な作業が・・・とにかく手早く終わらせたかったので粉を量る時も、ドサッと多めに入ってしまったのも戻さず、その分液体を少し多めに入れてみたり、ちょっと投げやり・・・なかしましほさん、ごめんなさい
そんなこんなで出来上がったケーキ、ふわふわで優しい味でとっても美味しかったー!(笑)
前置きが長くなりましたが、それでこの本から今まで作ったことのないお菓子を作ろうと思い決めたのがアップルクランブルケーキでした。
ケーキ本体を作る前にリンゴジャムとクランブルを作らなければならないのが、これまたひと手間だな~と思ったので、ジャムは前日に作っておきました。クランブルは、バターを手でつぶして作るものとは違いただ手で混ぜればOKだったので思っていたより楽ちんでした。
そしてこのケーキも湯煎で泡立て。ここをしっかりやらないとせっかくのケーキが台無しなので念入りに。
久しぶりに丸型を使って焼き上げました。


c0161459_4425096.jpg

リンゴジャムにクルミ、レーズン、メイプルシロップ。モモの好きなものがたくさん詰まったケーキ。
バナナケーキに比べるとふわふわ感は劣るけれど、クランブルがのっていて食べごたえがあります。
朝ごはんに紅茶と一緒に。美味しかったです。
でも私の好みではバナナケーキの勝ちかな~。また作りたい!
今日は久しぶりにチョコチップクッキーを作って階下に遊びに行くときおやつに持って行きました。イタリア人にも好評!バターも卵も使わないし、手で混ぜて丸めるだけなのに、こんなに美味しいなんて。今度階下の子供たちと一緒に作る約束をしました!

余談ですが、私、パンとかケーキを切るのが苦手です・・・このケーキも切り口が斜めだし(泣)
まっすぐ下にナイフを下すことができないの、なんでだろ。
ところで、この丸型、シリコン製なのですが、シリコン型って臭いや油がすっきり取れなくて・・・色々な種類のシリコン型が出回っていてとても便利だけれど、その部分が気になるところ。洗剤で洗うと洗剤の香りが残るし、その割に油もすっきり取れていない。
今回は熱めの湯+重曹で洗っていつもよりはきれいになったけど、満足はできない洗い上がりでした。
家型のシリコン型、あれ以来使ってないし・・・
洗浄方法調べる必要アリだな。

[PR]