<   2013年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

c0161459_16592479.jpg

今朝のモモニコ。今日は朝から曇りで肌寒いです。
天気のいい日の日中、外はまだ暑いぐらいで半袖・短パンでもOKですが、朝は涼しいを通り越して寒い日もあります。なので登園時私もニコもしっかり長袖、長ズボン。歩いて往復すると家に戻った頃私は汗だくになっていて、すぐに半袖に着替えます。しばらくしてほてりが冷めると今度は涼しく感じるので長袖に、掃除機をかけ始めるとまた暑くなって半袖に・・・と一日中着替えばかり。
幼稚園に行くときモモは長袖スモックを着ていくので中は半袖。帰りは暑いのでスモックを脱ぎ捨てる感じ。
で、お休みの今日はこんな格好です。今年初のハイソックス。今引き出しの中は長袖と半袖が半々、靴下も履かないと床が冷たく感じるようになってきました。ニコは素足ですけど・・・

ところで、今週はそんな暑さ寒さに翻弄されて風邪を引いてしまいました。それも、午前中くしゃみ鼻水が激しくなってきて(その前に既に目と鼻にアレルギー症状があったのだけれど)、太ももの付け根が徐々にだるくなってきて、膝の関節にきて、腰にきて・・・展開が早い。夕方には体が動かなくなってしまいました。ここ1,2年、風邪を引くと関節痛がひどくて横になっているのも辛いぐらいに。そして足が異常に冷たくなる。前はこんなことなかったのに。
その晩、寝る前にアルビーが蜂蜜入りホットレモネードを作ってくれました。大きなレモン半分と蜂蜜をスプーン1杯。体がぽかぽか温まってそのままベッドに入ったら、夜中には体に痛みが消えていました!翌朝は鼻水が残るぐらいにまで回復、一晩でここまでよくなるとは驚きでした。

あ~よかった~!と安心していたら翌朝(おととい)今度は軽いぎっくり腰に!幼稚園にモモを送って帰ってきて、ベビーカーをちょっとした段差に乗り上げるためほんの少し前かがみになって前輪を持ち上げようとしたときに「ピキッ!」。初めは大したことなかったのに段々痛みが強くなって、お婆さんのように腰が引けた体勢でしか歩けなくなってしまいました。
昨日はお友達がニコを朝から預かってくれて、モモの送り迎えまでしてくれました。本当に頼りになるお姉さん的存在。おかげでゆっくり休めたので今朝はだいぶ良くなりました。

体調には気を付けていたつもりだったのに、やはり季節の変わり目には一層の注意が必要ですね。(ぎっくり腰は季節に関係ないか!)
ニコが数日前からたまに鼻水を垂らしているので気を付けないと。

明日は友人家族とお出かけです。天気はズバリ雨!の予報・・・
今日一日で腰が更に回復するといいんだけど。
美味しいもの食べて、お喋りして、元気をもらってこようと思います!

[PR]
by momo_capricci | 2013-09-28 14:56 | 日々 | Comments(0)
c0161459_4514733.jpg

まだ夏休みだった9月初め。
とてもお天気がよかったので、急遽お弁当を持っていつもの公園へ行くことにしました。
着いたのは11時半前。まだ2組ほど遊んでいる親子がいましたが、12時前になるとみんな帰宅。
広い公園が私たちだけの貸し切り状態になりました。


More
[PR]
by momo_capricci | 2013-09-23 05:46 | 日々 | Comments(2)
c0161459_550595.jpg

今日、いつものメルカートに行ってきました。
先週に比べると人出がだいぶ少なくなっていて、ささっと買い物ができました!
買うものは毎週同じようなものばかりで、夏の間はパプリカ、トマト、きゅうり、ズッキーニ、いんげん、そして卵など。でも今日はキャベツが欲しかったのでまずは葉物コーナーを見に行ったら、立派なキャベツとrapine(カブの仲間)を発見。もうrapineが出ているとは!しかも採れたてのようで葉のトゲトゲがしっかりしてて手に持つと痛いぐらい。即買い!
その代りと言っては何ですが、ズッキーニはイマイチな感じで。トマトも今日はやめときました。
もう夏野菜は終わりに近づいていますね。ブロッコリーやカリフラワーなどが目立ってきて、冬野菜に変わりつつあります。あ、ポルチーニも!うちはお金を出して買うことはまずないので視線の片隅にちらっと入るぐらいなのですが。

家に帰って早速rapineをさっと茹でて刻み、麺つゆを作った時に残った鰹節と昆布で作った佃煮も刻んでごはんに混ぜてモモニコのお昼ご飯にしました。二人ともいい食べっぷりでした!これから冬に向けての定番メニューに決定。

[PR]
by momo_capricci | 2013-09-21 06:14 | 日々 | Comments(4)
c0161459_5132063.jpg

先週の半ばから幼稚園の新年度が始まり、今週いっぱいまでは午前中のみ。来週からやっと給食も始まり、ようやく通常モードに戻ります。あーーー、長かった!

この夏ニコのお昼寝が午前中から昼食後へと変わったので、モモも同じ時間にお昼寝をすることがありました。そういうとき、ニコは私が添い寝しないと寝ないのでモモはニコが寝付くまで一人で遊んで待っているか、自分の部屋で一人で昼寝するか、そしてたまに「マンマとニコちゃんと一緒に寝たい」ということがあるので3人でベッドに入ることもありました。でも、モモが横にいるとニコが興奮してしまって全然寝付かない!モモに寝たふりをさせても、ニコは嬉しいんだか楽しいんだか、一人でドッタンバッタンとベッドの上に倒れて遊んだり、モモをバシン!と叩いたり、蹴りを入れたり、一向に寝る気配なし。。それでもモモの方が疲れてて先に寝てしまうことが多く、30分近くたってニコも力尽きる・・・といった感じ。
上の写真は今週のある午後。モモがいてもニコが意外と早く寝付いたので、ホッと一息。

最近は喧嘩ばかりの二人。毎日同じことで怒って、イライラして・・・の繰り返しだけど、こういう姿を見るとやっぱり愛おしい。寝てる時は二人とも本当に可愛いんだけどね~。

朝晩涼しくて、あっという間に夏から秋に早変わり。数日前、夜中寒くて眠れないので毛布を出してきました。そしたらぐっすり眠れました!
そろそろ冬のことも考えてしまいます。衣替えもしないと!

[PR]
c0161459_6191026.jpg

いつもの本から、雑穀&甘納豆のちぎりパンをアレンジ。
昔、くるみアンパンが好きな時期があって、それをイメージして作ってみました。
緑豆のあんこは冷凍しておいたもの。くるみもあんこも適当に目分量でポンポン入れて。
仕上げ発酵中ニコと遊んでいたら、すっかりパンの存在を忘れていて、膨らみすぎました。
せっかく切れ目を入れたのにくっ付いてる・・・


c0161459_6192528.jpg

ほんのり甘くてくるみが香ばしい。アルビーにはあんこが入ってるとは言わずに置いておいたら、ふた切れほど食べてありました。気に入ったよう。
farina tipo 1に全粒粉を混ぜたら、表面がパリッと、そして全体的にしっかりとした噛みごたえの生地に仕上がって私好みでした。
美味しかったのでまた仕込んでおきました。今度はくるみを亜麻の実に、きび砂糖を沖縄の黒糖に、そして緑豆あん増量。今冷蔵庫で低温発酵中です。
明日の焼き上がりが楽しみ。

[PR]
日曜日、楽しみにしていたライブに行ってきました。

c0161459_704513.jpg

日本では2000年に公開された『Buena Vista Social Club』。
この映画に出演した老ミュージシャンの一人、今は亡きCompay Segundo(コンパイ・セグンド)の息子らを含む11人のメンバーが彼の音楽を世界に広めるべく"Grupo Compay Segundo"として活躍しています。
そのグループがお隣カッラーラに来る!というポスターを見つけたのが夏の初め。「これは絶対に行きたい!!」と一人大興奮。でも実はその時はまだ、この映画を観たことがなかったんです。
公開された当時、ブエナビスタの人気は知っていて気になってはいたものの、ドキュメンタリーには興味がなかったため観ずにいました。
それから数年後、お店で視聴して気に入り買っていたCDが偶然にもCompay Segundoのもので、この年(2003年)に彼が亡くなっていたことを、先日DVDを観た後色々調べているうちに知りました。
彼がブエナビスタに出演していたことなど何も知らず、今まで10年間お気に入りCDとしてイタリアにも持ってきて聞いていた私。このライブのポスターを見つけてから、早速アルビーからDVDを借りて観ることにしました。
久々に映画にのめり込みました。ストーリーも音楽もすごく良くて、観たあと胸がスーッとする感じ。今の私だからこそ好きになれたのかなと思います。若いころに見ていたら、この映画の良さをこんな風に感じることができなかったかも。

ライブ当日、モモはお友達のおうちにお泊りということになり(たまたまお泊りの話があって、相談してこの日にしてもらった)、ニコだけを連れて会場に。
観客の年齢層が高く、前半は皆席について落ち着いた感じで聴いていたのだけれど、"Comandante Che Guevara"という曲(チェ ゲバラを称える歌??)で若者が盛り上がり踊りだし、その後の曲で次々とステージ前に走り寄り踊る踊る。最後の曲"Chan Chan"では私も「待ってました!!」とばかりに立ち上がりノリノリに。生で聴けて最高でしたー!
そしてアンコールは、 "Guantanamera"。 今イタリアで人気グループZuccheroがイタリア語にアレンジして歌っているので、これを聴かずには帰れない!といった感じだったのでしょうか。皆一緒に歌っていました。

ニコがとってもいい子にしていてくれたおかげで最後まで楽しむことができました。そしてモモは、お友達から携帯に連絡がなかったので初めてのお泊りでも問題なく寝れたのかと思っていたら、実は私に何度も電話をかけていたようで!翌朝家に電話をもらって驚きました。何故繋がらなかったのか・・・
やはり寝るときに「マンマがいい」と言い出したそうで、寝付いたのが夜中の1時だったそう。ご迷惑をかけてしまい、やはり5歳のモモには早すぎたと反省。。

子供を預けられる親戚がいない私たちにとって、今回のライブ行きは「子供を連れてとにかく行ってみて、もし途中で泣いたり騒いだりしたら帰ってこよう」っていうダメもとな計画だったのですが、こうして全部聞くことができてお友達への感謝の気持ちでいっぱいです!

[PR]
c0161459_5421876.jpg

モモからのリクエストで、今日の夕飯は手作りピッツァに決定。
モモが自分とニコの分の生地をのばしてトッピングをしました。
待ちきれないというので二人の分を先に作って早めに食べさせました。
この嬉しそうな顔!
モモのピッツァはトマト、モッツァレッラ、ウインナー。
何かにつけて「wustel(ウインナー)食べたい!」というのでたまには希望に応えて。


c0161459_5423395.jpg

ニコにはシンプルにマルゲリータ。
子供用には生地を100gにしてみました。モモには少し小さかったようで、同じ生地で作ったフォカッチャもふた切れ食べていました。ニコもほぼ1枚一人で平らげました!


c0161459_5425550.jpg

私はいつもピッツェリアで注文するleggera(軽い、という意味)を。トマト、モッツァレッラのみをのせて焼き、後から生ハム、ルッコラ、パルミジャーノをトッピング。ルッコラは山盛りで♪さらに後から追加もしました~。
この写真を撮った直後、ハプニング!ニコがテーブルを思いっきり揺らしてギネスの瓶が倒れ、テーブルクロスがビールだらけに!急いでクロスの取り替え・・・ピッツァが冷める~・泣


c0161459_5431526.jpg

急遽風呂敷で代用。一気に渋くなりました(笑)
これがアルビー作。自分のピッツァは自分で仕上げるのが暗黙の了解となっております。アルビー、生地を一生懸命薄く延ばしていました。

今日の生地はイマイチでした。粉をtipo1に変えたからか、水を少し少な目にしてみたからか、変に硬くなってしまった。でもトッピングの生ハムや水牛のモッツァレッラ、パルミジャーノのおかげで美味しくいただけました。

おうちピッツァ、嫌いではないのだけれど、周りで子供二人が騒いでいる中準備をするのが大変!
二人と一日中過ごすのってホントエネルギー使う。
最近、物の取り合いの喧嘩が絶えなくてもううんざり・・・ニコも負けてなくて、スゴイ絶叫で怒ったりモノ投げたり激しすぎ。パワーが有り余ってる感じです。
幼稚園の始業が待ち遠しい・・・

[PR]
c0161459_5362077.jpg

昨日義理兄が袋いっぱいのプルーンを抱えてやってきました。
こんなにたくさんどうしよう??
生で食べるだけではとても追いつけない量だったのでドルチェを作ることに。
イタリアのレシピを検索して候補に挙がった二つのレシピのうち、手軽にできる方を作ってみました。


c0161459_5363934.jpg

小麦粉とベーキングパウダー、砂糖、卵、オリーブオイル、ラム酒を手でまぜまぜ。その生地をペーパーを敷いた型に手でペタペタ敷き詰めて、種を取り除いたプルーンを並べ、砂糖を振りかけてオーブンへ。


c0161459_536547.jpg

ケーキというよりはビスケットに近い。サクサクというかガリガリってぐらいの食感で、いかにもイタリアのドルチェっぽい素朴さ。砂糖をレシピのほぼ半量にしたらちょうどよかった。

今晩の食後のデザートは、このケーキにジェラートを添えました。モモ、大喜び。
夏の夜はテラスで食事をしていて、食後のジェラートがすっかり定着しているのだけれど、日暮れも早くなってきたしそろそろこの習慣も終わりにしたいなと思っているところ。モモが聞いたら怒りそうだけど。
あと何回外で食事ができるかな。

[PR]
c0161459_5741100.jpg

9月2日夕方のフリービーチ。まだ結構人がいます。
アルビーとモモは海に行っていたので私たちはお散歩に。
家にいると涼しく感じるので散歩するのに気持ちいいかなと思っていたら、とんでもない!
まだまだ日向はあっついです。
でもさすがにプールの水は冷たいよう。モモは残り少ないbagnoでの日々を楽しんでいます。


c0161459_581274.jpg

このところすっかり歩く気がなくなってしまったニコ。この海の見える広場までずっとベビーカーの中。時々「あんよする?」と聞いてみるも、「んー!」と言って降りようとしない。
この前家族でここに来たときははしゃいで歩き回っていたのでそれを期待していたのだけれど、全然動かない・・・
最近ずーっと、手が口の中。奥の方まで突っ込む。時々「オエッ!オエッ!」と言ってるのでマンマに怒られる。この前は本当に戻したし。


c0161459_593281.jpg

ほんの少しだけ歩いてまたベビーカーに戻りました・・・
中学生ぐらいのお兄ちゃんお姉ちゃんたちがボールで遊んだり、たむろしてお喋りしていたり。そういうのが怖かったのかな?
私も予想以上の暑さに参ってしまったのでこの後すぐ家に戻りました~。

[PR]
by momo_capricci | 2013-09-05 05:34 | 日々 | Comments(0)
c0161459_2141052.jpg

先日、"Sagra dell'aglio e della cipolla massesi"(マッサ産にんにくと玉ねぎ祭り)という地元の夏祭りで食事をしてきたのですが、そこで食べた玉ねぎのラザニアがビックリするほど美味しかったので家でも真似して作ってみました。
ラザニア、ラグー、ベシャメル・・・と重ねていくときに真ん中へんに炒めた玉ねぎを挟みました。この玉ねぎもアンドレイーナの畑のものなので、マッサ産!
いつもは上に水牛のモッツァレッラをのせるのですがすっかり買い忘れていたので、パン粉とおろしたパルミジャーノで。重くならなくてかえってよかったかも。


c0161459_21411978.jpg

取り分けるとこんな感じ。玉ねぎ見えませんね~(苦笑)
炒め時間が少なかったようでまだシャキシャキ感が残っていて、玉ねぎ嫌いのモモにバレバレでした。。また「食べない」と言い出して席を立ったのだけれど、呼び戻して私が一口ずつ口に入れてあげたら全部食べました(怒)
写真で見るとベシャメルが少ないのでしっとり感というか柔らかい感じに見えませんが、生パスタを使っているのでそんなこともなく、ちょうどいい具合にできました。


c0161459_21414491.jpg

いつもの私のラザニアに玉ねぎがプラスされただけで、味は代わり映えなく・・・得意料理でもあるのでラザニア自体は上手くできたし、アルビーも「美味しい」と言って食べてくれたのですが、お祭りで食べたものとは当たり前だけど全然違う。あのラグー、少しピリッとしてとても好きな味でした。
次回自分で作るときは玉ねぎなしでもいいかな(笑)
また来年のお祭りで食べられることを願って。


5年前にも行ったことのあるこのお祭り。モモがまだ赤ちゃんの時!
その時玉ねぎのフォカッチャやフリッタータがとっても美味しくて、是非また行きたい!とずっと思っていたのだけれどなかなか行けず、やっと今年念願かないました。
主催者が違うのかメニューがだいぶ変わっていましたが、今回も大満足の内容でした。
私たちが選んだものは、lasanga al forno cipollate(玉ねぎのラザニア)、panzuppo con pomodoro e cipolla(パンとトマトと玉ねぎのサラダ)、baccala' con fagioli cannellini e cipolle(干鱈と白インゲン豆と玉ねぎの煮込み)、frittata di "bidiccheri" di aglio(にんにくのオムレツ、"bidiccheri"と言う言葉はアルビーも聞いたことないそう)。
先に席を取り会計を済ましてから料理を待つというシステムなのですが、この会計が大行列で1時間近く待ったかも・・・そして料理到着までさらに20分ぐらいは待ったかな。当然ニコは(モモも)じっとしていられないので走り回ったりあっちこっち触ろうとするのでホント大変、汗だくでした。
でも美味しいラザニアを食べたら疲れも吹っ飛んで満たされた気分に。美味しいもののパワーってすごいですね。
また来年のお楽しみです。

[PR]