<   2014年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

夏の初めに行ったイワシ祭りから早2か月経過。今はすっかり夏も終わり、という感じの涼しさ。終わりというか、今年は夏がやってこなかったような気もしますが・・・
昨日はお友達を誘ってハチミツのお祭りに行ってきました。イワシ祭りの時と同じ団体、Il Cilcolo Gustoso の第2弾です。

c0161459_05134676.jpg

町に貼られているポスターを見たら、”FESTA del MIELE"の下に小さく"SAGRA DELL'AGLIO E DELLA CIPOLLA MASSESI(マッサ産ニンニク&玉ねぎ祭り)"と書かれている!これはもしかしてあの絶品ラザニア
が食べられる?!と思わず興奮してしまった私(笑)ポスターにしっかり"Lasagne al forno cipollate(玉ねぎのラザニア)"と書かれているのを確認し、フェスタ行き即決♪

日暮れがだいぶ早くなり、夜はかなり涼しくなるので早めに現地へ。それでも既に会計で並んでいる人たちが。お会計の横に写真のチラシ(裏はメニュー)とレシピ集の小冊子があったのでいただきっ! Il Circolo Gustoso のレシピ集ということは、玉ねぎのラザニアのレシピもあるかも~!とまた興奮(笑)
・・・が、残念ながらありませんでした。でも興味深いレシピが結構載っているので挑戦したい!


c0161459_05140225.jpg

これがそのラザニア。見た目は置いといて、やっぱり今まで食べたラザニアの中で一番の美味!!どうしてこんな深い味になるんだろう。玉ねぎがたっぷりなので、ペロッと食べられます。あ~、幸せ。
そして写真上にあるのが Formaggio al miele 。フレッシュなカプリーノ(ヤギのチーズ)、フレッシュなペコリーノ(羊のチーズ)、熟成されたペコリーノの3種のチーズにハチミツをつけて食べます。ペコリーノにはすっかり慣れた私ですが、カプリーノは厳しい。。あの独特の香りが。


c0161459_05142010.jpg

こちらは Baccala' agli aromi estivi, miele e cipolle (干しダラの夏の香草・ハチミツ・玉ねぎ風味)。干しダラというと結構こってりとした料理が多いのですが、これは玉ねぎとハチミツの甘さが優しくとても食べやすかったです。さすが、お料理上手が集まったサークルの一品。
ドルチェの写真を忘れました。ハチミツとレモンのトルタ、思っていたよりも美味しかった!クロスタータの様なさっくり生地にハチミツと、恐らくレモンピールが挟まっていました。昔からマーマレードとか柑橘系フルーツが入ったお菓子が苦手だったのですが、最近は美味しいと思えることが増えてきました。歳を重ねて味覚が変わってきたのかしら。イタリアのお菓子(バールのパスタも)には大抵レモンの皮やレモン汁が入っているのだけれど、それは今でも苦手。。そのうち美味しく感じるようになるのかな。

全体的に、期待通りの美味しさでとっても満足でした!
このサークルの一員であるアルビーの友人に、「去年玉ねぎのラザニアを食べてとても美味しかったので、楽しみにしてたんです。あなたたちの料理にすごく興味があります!」と伝えたら、「手伝いに来るといい。いつでも電話して!」と言ってくれたので、いつか勇気を出して勉強しに行ってみたいです。その前に方言も少しは覚えておかないといけないかな(苦笑)
まずはレシピ集を見て、作りやすいものから始めようと思います。

この夏は計4つのお祭りで食事をしたけれど、どれも味のレベルが高くて今後も夏の楽しみとして毎年行きたいところばかり。秋のお祭りも楽しみです♪




[PR]
c0161459_06094265.jpg

午前中はなるべく二人を連れてお散歩。今日はパン屋さんにお昼用の小さなフォカッチャを買いに行きました。帰り道3人でてくてく歩いていると、顔見知りのおじさんが庭のイチジクの木から実をもぎ取って分けてくれました。葉っぱのお皿に乗せてくれたイチジクの実を大事に家に持って帰りました。
ふと見ると、その葉っぱに小さなお客さんが!
背中の殻が6~7ミリの可愛いカタツムリを見てモモは大喜び。
容器に葉っぱとリンゴの皮を入れておうちを作ってあげました。


c0161459_06101268.jpg

日頃から、「猫を飼いたい」とか「犬が欲しい」とか言っているモモ。「猫がダメならカタツムリでいいや~」なんて言って、名前まで付けました。その名も”キアラちゃん”(笑)


c0161459_06135547.jpg

キアラちゃん、小さい体して結構な速さで動き回ります。モモは手に乗せてみたり、葉っぱを動かしてみたり・・・キアラちゃん、いじられまくりで休むヒマありません(苦笑)


c0161459_06104950.jpg

モモが「あ~うんちした~!」とか「上ってる~!」とか言うたびに、隣でパズルをしていたニコも覗きこむ。



c0161459_06121803.jpg


こちらは携帯で撮った写真。
こんな小さなカタツムリなら手に乗せても怖くない~♪手の上にうんちされても気にしない~♪


c0161459_06140711.jpg

モモの今日の絵日記。カタツムリの絵の上に「ちゃい」と書いてあるのは、「ちいちゃい」と言いたかったのね。
時間があるときに書かせている日記。話しているだけだとわからない、言葉の音や言い回しの勘違いがよくわかります。今日も日付の”にち”が抜けてるよ~。面倒くさがって自ら進んでは書かないのだけれど、私がコメントや絵を残してあげると喜ぶので、交換絵日記ぼちぼち続けていくつもり。

今年初のイチジク、ちょうど買ってきたミニフォカッチャに挟んで食べたら美味しかった~!



[PR]
by momo_capricci | 2014-08-22 06:40 | 日々 | Comments(2)
c0161459_06525518.jpg

先週でモモのサマースクールが終わり、子供たちとバタバタ過ごしております。朝イチから物の取り合い~。今朝は3人で郵便局まで、ゆっくり歩いて片道25分ほど。そして帰りは公園に寄って体を動かしお昼前に家に到着。さすがに最後の100メートルぐらいで抱っこをせがんできたけれど、ニコも頑張りました。勿論午後のお昼寝はいつもより多めに。

2人が昼寝中、おはぎを作ってみました。本当は祖父の命日であった昨日作りたかったのですが、時間がなくて断念。前に作っておいたあんこを解凍してしまったので一日遅れだけど作ることに。



c0161459_06531975.jpg

解凍したあんこを鍋で煮直しました。甘さが足りない気がしたので砂糖をプラス。よく練って潰し餡に。中のごはんを小さめに握ったのだけれど、あんこで包むと大きくなるものですね~。



c0161459_06534087.jpg

こちらは黒ゴマを炒ってすったものをまぶしました。中にあんこが入ってます。
昼寝から起きてきたモモにどちらがいいか聞くと、「ゴマのほう」という返事。
一口食べて「う~~ん、おいし~い!!」とほっぺグリグリ!予想外の反応にビックリ、そしてすごく嬉しかった!
その様子を見ていたニコも、「ア~メ~!」(イタリア語で「ボクに~!(ちょうだ~い!)」)と言ってあんこの方を口に入れ・・・微妙な表情・・・でもモモがそこまで美味しいと言っているのだから美味しいハズ、って感じで無理やり噛みしめていました(苦笑)
アルビーもゴマの方を食べて、「美味しい」と。意外!最近あんこ物も少しずつ食べるようになってきました。

ある方のブログを見て、私もおはぎを作ろう、と思い立ちました。
最近、人の死に対する自分の考え方、捉え方が何となく変わってきたように思えます。3年前の地震、原発事故以降、人は(身近な人も)いつ命を落としてもおかしくない、というのが常に頭の中にある感じで。そして、10年以上前に亡くなった祖父のことを以前より思い出すことが多くなり、私のことをとても可愛がってくれていた思い出を今になって噛みしめています。

毎日子供に怒ってばかりの私だけれど、きちんと子供の顔を見て、声を聞いて、しっかり心に焼き付けていこう。祖母が言うように、「死んだら思い出しか残らない」のだから、いい思い出をたくさん作らないと。




[PR]
c0161459_05525813.jpg

洗濯機が壊れ、かれこれ10日以上手洗いの毎日が続いています。。
先々週初め頃、洗濯機から変な雑音が聞こえだし、それでも使っていたら脱水時に変な回転をし始めた。洗いだけでも、と騙し騙し使っていたけれど、その週の水曜日、もうこれが限界だろうと思い使用中止。メーカーのサイトで修理をしてくれるところを探し、翌日の午後アルビーが話に行ったのだけれど営業時間は午後2時半までということでクローズ。翌日午前中に再び行くと、月曜日の午後5時以降に来るとのことだったそうで、「はぁ~、月曜まで手洗いか~」と思いつつ、イタリアだし予想通りの展開だわ、と納得。
っていうか、修理の依頼を電話で出来ないって言うのがもうおかしい!サイトには住所しか載っていなかった!
月曜日は夜約束があって6時半すぎには家を出る予定でした。ところが6時40分になっても何の連絡もなし。アルビーも頭に来ていて、もう放っといて家を出ることにしました。そして車の中。6時50分、電話が鳴りました。アルビーは「一日中待ってたんだよ!」「もう新しいのを買うことにしたから!」などとすごい剣幕で怒鳴りまくって電話を切りました。確かに「5時以降」とは言っていたけど、5時じゃその前に海に行くにも中途半端だし、場合によっては5時前に来る可能性あるわけで身動きとれずにいたから、一日中待ってたんだと言うアルビーの気持ちもわからなくはないのです。一言電話してくれればいいことなのに、平気で2時間近くも連絡なしで待たせるイタリアの常識・・・5時以降に、と言ったんだからこんなの当たり前だ、と相手は電話で言ったらしい。
そんなこんなで買い替えることになったのだけれど、もうそのメーカーのものは買えないので(修理頼めないし~)、うちの限られたスペースに収まるものの中から予算内でなんとか決めて注文したのが水曜日の夕方。その電器屋さん、倉庫がないので大型商品はその都度注文しトラックで店に(直接自宅にではなく!)配送してもらうというシステムらしく、それが火・木と決まっていて、木曜日配送には間に合わないので火曜日までさらに待つこととなってしまいました(泣)
手洗い生活も1週間を過ぎたころ、家に洗濯板があることを思いだし引っ張り出してきました。イタリアに来た頃この家には洗濯機がなくて、その時に遊びに来てくれた友人がプレゼントしてくれたもの。また活躍する日が来るとは~!昔の人は大変だったのね~、と思いながらゴシゴシ。

という訳で、明日手洗い生活が終了となるはずです。
腰は痛いし、バスタオルとか絞るの大変なんです。洗濯機と冷蔵庫が壊れるのはイタイ。
到着したらアルビーに連絡が入ることになっていますが、果たしてかかってくるか?!
イタリアだからね、しかもバカンスシーズンだからね。どうなるかわかりません。



[PR]
by momo_capricci | 2014-08-05 07:23 | 日々 | Comments(4)
c0161459_05523742.jpg

今日は私にとって海の日でした。なんと朝夕2回も行ってしまった!(ここいらのイタリア人にとっては当たり前のことだけど)
朝、階下のミラノ一家宅に顔を出したら、子供たちが「ゴムボートがあるからニコを乗せていい?僕たちと一緒においでよ!」と兄弟で代わる代わる言うので、またお邪魔することにしたのです。それにニコも海にだんだん慣れてきているので、大好きなD&D兄弟と一緒ならもっと楽しめるかなと思ったので。
急いで掃除などを済ませ、自転車飛ばして行ってきました。
が、そのゴムボート・・・巨大!!2メートルぐらいあってビックリ!もうすぐ弟Dの7歳の誕生日だということで、週末だけやってくる両親が一足早く先週末にプレゼントとして贈ったらしい。でも、どう考えてもコレ、子供が海で気軽に遊べるようなボートじゃない・・・
弟Dは同じぐらいの歳の友達二人を引き連れてこのボートを運び出し、海に浮かべ颯爽と波に乗り出した。大人の付添もなく子供だけで・・・常に落ち着いているノンナ(おばあちゃん)ガブリエッラも思わず心配になり弟Dを呼び戻そうとするが、3人は聞こうともせず。。私もハラハラしました。首がやっと出るぐらいの深さのところまで流されて行って、海に飛び込んだりもっと沖の方にボートを押したりしているんだもの。他の二人のマンマも心配そうに波打ち際で見ていたけれどなかなか戻ってこなくて、20分ぐらいしてようやく何とか戻ってきました。勿論雷が落ち、没収。弟Dは、「僕のプレゼントなのに取られちゃった」と言って泣いていた・・・これって両親の考えが浅はかなのでは??と思わずにいられない。
ニコは3人が乗っているのを見て「おふね~!」と乗りたがっていたけど、絶対に「No!!」です。
そんなことがあったのだけれど、今日ニコは初めて海水に足を入れて「うぉ~~っ!」って興奮し喜んでいました。この前は怖がっていたのに。


そして上の写真は午後。昼食後ニコはお昼寝(勿論爆睡!)。私はおやつに簡単なクッキーを焼き、モモと日本語のお勉強をし、夕食の準備をしてからまた自転車で私たちのバーニョに向かいました。
バイクで先に行っていたアルビーとモモがプールにいたので早速ニコも!昨日も夕方も行って、腕に付ける腕輪を付けバッボと特訓(?)していたので、今日はすっかり慣れてずっと笑顔でした。モモはニコと一緒なのが嬉しくて、やたらニコを抱っこしたがったり顔に水をかけたりしつこくちょっかいを出すので、昨日に引き続き今日もアルビーに怒られっぱなし。
プールから上がっておやつタイム(写真)。そしてお砂遊び。
やっぱり子供は水や砂で遊ぶのが大好きなので、お天気がいい日にはなるべく連れて行こう、と自分に言い聞かせています。

フル回転だった一日。夕飯には自分へのご褒美に、『ナンプラー&ごま油かけしそ冷奴』を一品追加しました!一人暮らしをしていた時、夏の定番だった味。懐かしく思いながら噛みしめました。



[PR]
by momo_capricci | 2014-08-05 06:37 | 日々 | Comments(0)
アルビーの友人イーザのところへ新物の蜂蜜を買いに行きました。イタリアに来て、彼女の蜂蜜に出会ってから蜂蜜好きになった私。うちでは年間10Kgぐらいは消費していると思います。普段常備しているのですが、6月に在庫がなくなってしまい近所のメルカートでとりあえず500gのビンを購入しました。BIO製品でモノはいいと思うのですが、味がいまいち。。やっぱりイーザのmille fioriが一番好き!
でも蜂蜜の生産はだいぶ落ち込んでいるようです。数年前からの栗の木の病気や天候などに左右され、以前の1/3ほどの量しか取れなくなってしまったとか。ここ数年アカシアの蜂蜜は取れないようです。他にも麦や野菜を育てるなど、自給自足に近い生活をしているとは言え、蜂蜜の収入で生計を立てている彼女にとっては厳しい状況なのではないかと思います。

蜂蜜工房兼自宅には広い庭があって、小さな動物たちもいます!


c0161459_06182779.jpg

裏庭にはたくさんの鶏がいます。エサの時間。イーザの孫サーラの言うことに従ってモモニコも素手でエサをやりました。ニコ、大興奮!!意外と怖がらないのね。


c0161459_06181171.jpg

モモの方が怖がりで、腰が引けてエサを思いっきり撒けず・・・でもやりたい。
ニコは絶叫しながら鶏を蹴散らし追いかけまわしてました(汗)
その様子がおかしすぎて、思わず動画撮影。


c0161459_06175626.jpg

サーラがラズベリーと桑の実を摘みに連れて行ってくれました。と言っても家の前の畑ですが。
色々な植物が生い茂っている中をニコもサーラとモモにくっ付いて行き・・・途中進めなくなって「マンマ~!マンマ~!」と叫ぶ(苦笑)ニコにとってはドキドキの大冒険なんだろうなぁ。


c0161459_06173847.jpg

摘んだ実で早速マチェドニアを作ってくれました。知り合った時はまだ3歳ぐらいだった小さなサーラももう9月から5年生!お喋り好きのしっかり者。手際がいい!
とても美味しいマチェドニアに感動。写真撮り忘れちゃって残念。


c0161459_06172198.jpg

猫ちゃんたちにもごはん。2匹の子猫ちゃんと他にも2匹いて、輪になって食べている様子が可愛い~。猫大好きなモモニコは大喜びでした。

あ~、何度行っても素敵なところ。サーラ一家は夏中ここに滞在し、イーザの仕事を手伝ったり自然と戯れたり・・・羨ましい限りです。



[PR]
by momo_capricci | 2014-08-03 07:01 | 日々 | Comments(0)