<   2015年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

c0161459_01223298.jpg

日本から持ってきた大切な小物。少しずつ集めた可愛い手芸用品を、たまにこうして箱から出し眺めていると、「これは友達に連れて行ってもらったお店で買ったもの」「こっちは、ずっと気になっていた大阪のお店に京都旅行の帰りわざわざ寄って買ったもの・・・」と思い出も一つ一つ蘇ってきます。
勿体なくて使えないのだけど、いつかこの可愛さを生かせるような何かを作りたい!と言う気持ちも常にあるので、「コレだ!」と思えるものがひらめいたら惜しみなく使いたいです。
日本には可愛いものがたくさんあったな~。イタリアではなかなか気に入るものに出会えないので、昔あちらこちらお店を巡っていたときの記憶を辿るばかりです・・・ここにはそういう楽しみがなさ過ぎて空しくなる時もあるけど、その分手作りの楽しさを知ることができたり「こんなものも自分で作れるんだ!」という発見もあったりで、それはそれでよかったなとも思います。
今、麻の布でキッチン用クロスを製作中。お気に入りの布も勿体なくて使えないでいたのだけれど、そういう布こそ普段目につくところで使おうと最近思い始めました。出来上がりが楽しみ。



[PR]
c0161459_01230157.jpg

こちらの本から。黒ごまの香ばしさとプチプチ&ポリポリ感がたまらない!焼いているときオーブンからごまのいい香りが・・・♪
クリスマスに贈ったお菓子の詰め合わせに、お友達が遊びに来たときのティータイムに、勿論普段のおやつにも。日本人イタリア人を問わず皆美味しいと喜んでくれます。
初めてレシピ通りに作った時すごく塩辛いものができてしまったので、塩を大幅に減量。砂糖も気持ち少な目に。
今リンクを貼るためにアマゾンで見てみたら、この本のレシピは砂糖、塩、油の量が多すぎるというレビューがあり、私もそれに同感・・・だから一度作ってみて次からは自分で調整しています。
手軽にできるお菓子が多いので気に入っている本なのですが、トランスファットフリーのショートニングや豆乳マーガリンを使っているものには手が出ずそれは残念。
そんな中でもこのごま塩スティックは本当に美味しくて、本のタイトル通り”繰り返し”作ってます。今日もまだアツアツのときに端っこをつまみ食い、手が止まりませんでした
(笑)




[PR]
c0161459_05423823.jpg

前から気になっていた手作りサルシッチャ、試しに作ってみました。といっても中身だけ。
サルシッチャを買うことはあまりないのですが、冬はカリフラワーやcime di rapaに合わせるのが美味しいので登場回数が増えます。
混ぜるハーブは私の好みで、生のローズマリーごく少量、ドライオレガノ、イタリアンパセリ、そしてSALAMOIA(生のローズマリー・ニンニク・セージとシチリアの塩が入ったハーブソルト)を。あとはすりおろしニンニク、白ワイン、コショウ。全てを豚ひき肉に加えてよく混ぜるだけ。
一日寝かせて翌日のお昼、小さめにちぎって黒キャベツと合わせリゾットにしました。スーパーで買った豚ひき肉、脂身が少なくて火を通すと硬くパサパサになってしまった・・・塩も少なすぎ。
残りのサルシッチャにSALAMOIAとオリーブオイルと水を足して練り直し、夜はキャベツと共にトマト煮込みに。少しはマシになったけど、まだ硬い。
次回は脂身の多い肩ロースかばら肉でやってみよう。味は美味しくできたけど、やっぱり塩をケチるとサルシッチャではなくなっちゃう感じ。日持ちさせるためにもやや多めに!




[PR]
c0161459_05544863.jpg

最終日を翌日に控えていた先週土曜日、ジェノヴァで行われていたメキシコ人画家フリーダ・カーロの展覧会へ行ってきました。
予想通りの行列!でも2時間待ちとまでは予想してなかった!モモニコも頑張って待ってくれて、ゆっくり堪能とは言えなかったけど、全作品観ることができました~。
フリーダの絵を生で観られるなんてこんな機会もうないかもしれないのでギリギリセーフで行けて本当によかった。初めは結婚記念日に二人で・・・なんて思っていたけど、家族全員で行っていい思い出ができました。




More
[PR]
c0161459_01555962.jpg


今日のお昼ごはん。
蕎麦が食べたくてつゆを作ったのはいいけれど、天ぷらまではなかなか。野菜と一緒に食べられる簡単な方法はないかな、元気な葉っぱが付いたセロリがあるからそれを刻んで上にのせたらどうだろう・・・なんて昨日何となく考えていました。
そしたら今日、「セロリ蕎麦にしたら美味しかったよ」という母からのメール!
こんな他愛のないメールを交わしています・笑
ビックリ。通じちゃった?!
「冷たい蕎麦で食べたいんだけど」と返信したら、「冷たいのだったらつけ麺。玉ねぎのみじん切りをごま油で炒めたところにセロリを刻んだのと牛ひき肉も加えてそこにつゆを足して少し煮て。」と返ってきました。普段牛ひき肉なんてたまにしか買わないのに、ちょうど昨日作ったそぼろの残りがある!材料が全て揃っていたので即決。昼食30分前、何というタイミングの良さ。
アルビーが食べやすいようにつけ麺ではなくぶっかけにしました。
青々としたセロリの葉がたっぷり入って美味しかった~。こういう蕎麦の食べ方もあるんだな。

お昼は大人二人分なのでまだいいとして、夕飯の献立を考えるのが苦痛でしょうがないこの頃・・・
ようやくひねり出したメニューに嫌な顔されると本気で腹が立ってしまう。そうすると食卓が険悪な雰囲気になって、食事を楽しめない。安全な食材とか、健康を意識した献立とか、色々気を使うことにも私自身がちょっと疲れてきたのかも。自分ができることとできないことを割り切って、気を付けながらも食を楽しめるように、ストレスにしないようにと思っていたのに。子供が食べるもの対しても神経質になりすぎてるかもしれない。
やっぱり食事は日々の楽しみの一つだから、そのことを忘れず独りよがりにならないよう気を付けよう。
アルビーの提案で、今度の土曜日はラザニア!美味しいのを作るぞ。



[PR]
c0161459_22241882.jpg

できるだけ体にいいものをと思い、野菜中心のシンプルな料理を作ることが多いこの頃。
が、その反動がやってきました(汗)
頭の中で日本の美味しいものがぐるぐる回る~。ラーメン、焼き肉、こってり洋食・・・
思い描くものが作れないのは分かっているので、自分では作らない。レシピに忠実に作ったとしても、どこか自分の味になってしまうような気がして。というか、単に誰かに作ってもらうごはんが恋しいだけなのかも!

とりあえずパンチの利いたものを食べてたら少しは気が済むかなと思ったので、生春巻きやサラダ用にスイートチリソースを。そして祖母が送ってくれた貴重な稲庭うどんを天ざるで食べたいので麺つゆを。これさえ作っておけば、準備OK。
明日は早速タイカレーと生春巻きにしようと思ってます。あ~、今から楽しみ。





[PR]
c0161459_05431473.jpg

先日友人のsamiとaldoがPasticceria(自家製菓子屋兼バル)をオープンさせたので行ってきました。
まだ結婚する前だった二人と
この時、東京を歩いたり一緒に京都を旅したり・・・今写真を見ていて懐かしくなってしまいましたが、そんな二人もその後結婚して男の子Fが生まれ、そのFとニコは幼稚園のクラスメイト。またsamiとは仲良くさせてもらっていたのですが、このお店のオープンを機に、Fが転園することになってしまいました。残念だけど、オープンはめでたい!
あの日本旅行のあとぐらいだったかaldoはお菓子職人の修行を始め、そして念願だった自分のお店を構えました。その名も『PASTICCERIA ALDO』自信が感じられます。このカップルは二人ともスゴイ行動力でいつも感心させられます。


c0161459_05421362.jpg

予想通り、素敵なインテリア。センスのいいsamiだからと期待していました。
土曜日の朝の混みあった時間だったのであまり写真を撮れませんでしたが、好感が持てる爽やかな店内でした。


c0161459_05425391.jpg

ずっとアパレルの接客をしていたsami、慣れたものです。キリリとしててカッコよかった。



c0161459_05423742.jpg

aldoのパスタ(菓子パン)、お世辞抜きで好みの味でした。どこのバルでもパスタの種類はほぼ同じだけど、だからこそちょっとした食感とかクリームの味なんかの違いで自分の好みの店がはっきり決まる。他のパスタも楽しみです。


c0161459_05433807.jpg

店の外で、久しぶりにモモだけの写真を撮りました。美味しいパスタを食べてご機嫌?小さい頃のようなクシャクシャ笑顔。



[PR]
by momo_capricci | 2015-02-02 06:32 | 日々 | Comments(2)