<   2015年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

c0161459_06102292.jpg

日本から持って帰ってきたこのレシピ本から、ようやくひと品。何度も何度も本を見ては「早く作りたいなぁ」と思っていたのだけれど、暑かったり疲れていたりで行動に移せずにいました。
これもほとんど捏ねないレシピなので、作り方自体は簡単。基本の生地が2種類あって、それを菓子パンや総菜パンへと展開させていくというもので、今回は初めてだったのでシンプルに丸い白パンを選びました。
粉は、スーパーで買った"miracolo"という名のパルマ産小麦粉(farina tipo 1 di grani teneri antichi della provincia di Parma)。これを地粉と解釈して、水分少な目の地粉用レシピで作ってみようと思っていたら・・・すっかり忘れて水を通常のレシピ通りに入れてしまった!しかも、水分と一緒に入れるはずだったメープルシロップを入れ忘れていて、オイルを混ぜた後に無理やり投入。そしたらべちゃべちゃの生地になってしまいました(泣)
失敗かな~って思ったけど、捨てるのももったいないので続行。今朝打ち粉をたくさんしつつ何とか成形し焼きました。
下の方に割れ目が入っているけれど、味は◎。「正しく白パンだ~♪」ふわふわでほんのり甘くて、美味しい!
子供の食いつきも勿論すごくて、近いうちリピ決定。
他にも魅力的なレシピ多数なので、これから少しずつ試していこうと思ってます。楽しみ。






[PR]
c0161459_06095706.jpg

今年もお向かいさんからイチジクをいただきました。なんと、3回も!
そのまま食べても勿論ジューシーで美味しいけど、やっぱりこの食べ方が一番好き。フォカッチャにフレッシュなイチジクをサンド。
甘みと塩分がいい具合に混ざって、格別に美味しい!実はイチジクのジャムは好きではないのだけれど、これは大好き。今の時期限定の贅沢な楽しみ方です。

去年
散歩中に近所のおじさんから分けてもらったイチジクの話、ちょうど1年ぐらい前にここにアップしたのですが、ちょっと前にその木が嵐で倒れてしまいました。小さな実がたくさんつき始めていて、前を通るたびに目を楽しませてくれていたのですが、嵐の翌日何人かのおじさんたちが倒れた木をのこぎりでカットしていて。。何だかショックでした。果物の木ってその変化を見ているだけでも心が和みますよね。今でもそこを通ると目が行ってしまいます。
いつか果物の木がある庭を持ちたいなぁ・・・憧れ。



[PR]
今年は一足早く日本でバカンスしてしまったし、春から始めた仕事が夏季の繁忙期に入り家族揃ってゆっくりできる時間がなかなかなく・・・
ようやく4人で出かけられたのは8月に入ってから。厳しい暑さとビーチの人の多さを考えると、行先は断然山!!
ニコにとっては初めての山歩き。そろそろ慣れさせていってもいいかな?ということで、今回はお試しで、Alpi Apuane(アプアネ山脈)の中でも短くて歩きやすい"sentiero(山道)5"を歩きました。私も以前2回ほど歩いたことのあるコースで、目的地はRifugio(山小屋)Forte dei Marmi。



c0161459_23595712.jpg

「モンターニャ、モンターニャ!(おやま、おやま!)」と言って大張り切りのニコ。バッボと何度か山歩きをしたことがあるモモも、久しぶりで嬉しそう。
男子と女子に分かれて、ニコを先頭に進んでいきました。ニコ隊長、自分の足でしっかり歩きつつも、何か見つけるたびに「アルベロ~!センティエロ~!」と口の方も動きっぱなし。木や岩に赤と白のペンキで記されているsentieroのマークを見つけながら歩くのが、二人とも楽しかったみたい。
青空にそびえる円筒状の山procinto、通称パネットーネ(↑写真中下)が見えてきたらもうそろそろ。
途中持ってきたボトルに冷たい湧水を補充し、1時間弱で山小屋に到着!



c0161459_00001161.jpg

この山小屋では薪オーブンで焼かれたラザニアや炭火焼のソーセージなど美味しいものが食べれるのですが、今回はピクニック大好きなモモの希望でお弁当持参。テーブルを借りワインだけ注文して、おにぎりとパニーノ、スペインオムレツにトマトサラダでランチ。みんなたくさん食べました!青空と緑に囲まれて、ホント美味しかった。
先客のシニョーレとお喋りしたり、地面にゴロンと横になって休憩したり、のんびりリラックスできました。



c0161459_00002414.jpg

山小屋で3時間ほどゆっくりしてから行きと違うコースで引き返し。この時はまだモモニコ元気いっぱいでしたが・・・しばらくしてモモが「疲れた~」とか「虫がいるー!」とかグズグズ言い出すと、パッパガッロ(オウム=マネしんぼう)のニコも急に虫を怖がりだし泣きながらバッボに抱っこをせがみ始めました。疲れが出てきたのだろうし、下りがやっぱりきつかったんだろうな・・・
少しだけ抱っこしてもらったら気が済んだのかまた歩き始めて、ヤギの群れをみたり、野生のブルーベリーを味見したり。何とか元の地点に戻ってきました!
私も最後の方は下り続きで膝がガクガクになってきてたので、着いてホッとしました。数年ぶりの山歩きはとても気持ちよくて、モモニコの頑張りに驚かされて、「あぁ、来てよかったな~」と心から思いました。これからもたまにはこうして家族4人で山を歩いていい思い出を重ねていきたいな。
車ではアルビー以外は爆睡で(いつもゴメンネ)、ニコは家まで運ばれて一度起こされたのですが、こんな体勢(↑)で再び爆睡・・・(笑)初めての山歩き、本当に頑張ったもんね!




[PR]
by momo_capricci | 2015-08-17 08:07 | 家族 | Comments(2)
c0161459_06570865.jpg

高校時代の友人と地元の動物園へ。小規模ながら、触れあいコーナーやミニ鉄道なんかがあって、小さな子にはピッタリ。
モルモットを抱いたり、ミニブタにブラッシングしてあげたり・・・虫が嫌いで蟻さえも「ラーニョ(蜘蛛)!!」と言って怖がるニコなのですが、豚は意外と平気でした(笑)モルモットも自ら手を伸ばして抱こうとしたり。そういう場面を見ることができて安心しました。
ミニ鉄道の新幹線には勿論大興奮で、降りた後も駅からなかなか離れず・・・
たくさん歩いて、走り回って、とっても楽しそうでした。
車に乗ったら即爆睡。友人とほとんど話すことができなかったので、ショッピングセンターに移動してお茶をしました。と言ってもやはりモモニコがいたので落ち着いてはいられなかったのですが。
趣味でピアノを習っている彼女。今練習しているチャイコフスキーの楽譜にイタリア語の単語が出てくるので意味を知りたい、というので一緒に楽譜を見ながら私でもわかる単語は教えてあげました。たまにモモに聞いたりも。少しでも役に立つことができて嬉しかった。大袈裟だけど、イタリアで暮らしててよかった~と思った瞬間。




c0161459_06572269.jpg

そしてイタリアへ戻る日の前日、弟がRくんを連れて急遽実家に来ることになり、ならばともう一度同じ動物園へ。日曜日ということで前回より人出が多く、園内には無料の遊具(写真左上、イタリアではgonfiabiliと言うけれど、日本語では?)も出ていてモモニコ大喜び!!Rくんはちょっと怖かったみたいで拒否。
またモルモット抱いて、ブタさんの毛を梳かして・・・お待ちかねのミニ鉄道。この日は新幹線はやぶさでした!電車坊やのRくんも夢中でした。3人で乗れてよかったね~!
前回気が付かなかった親水広場にも行ってみると、小川が流れていてザリガニ釣りをしている親子も。モモニコRも落ちていた棒を拾って釣りの真似っこ・・・そしてニコ、まんまと川に落ちる><
翌日帰国だというのにスニーカー両足とも濡れました。
帰りに美味しいチャーハン&ラーメンをみんなで食べて、楽しい一日でした。最終日まで盛りだくさん。 
わざわざ朝早くから車を飛ばして会いに来てくれた弟とRくん、ありがとう。



[PR]
by momo_capricci | 2015-08-11 07:32 | 日本 | Comments(0)
c0161459_18385758.jpg


「ディズニーシーに行く!」と言っていたモモを説得し、ランドに変更したのは前日。やっぱりランドにしてよかった!
ディズニー初めてのニコ、いきなりカリブの海賊に乗せられ半泣き・・・(苦笑)でもその後ジャングルクルーズや汽車ポッポに乗って嬉しそうでした。
ショーはほぼ見ずに、ひたすらアトラクション巡り。中でもゴーカートは2人とも気に入って、昼食後の炎天下に2回乗りました。待ち時間10分で助かった・・・横3人並んでドライブ、とても楽しかった!
お付き合いしてくれた母も意外に楽しんでいて、孫とのいい思い出ができたんじゃないかな。
帰りの電車を待つホームで、ゴーカートでブレーキをかけた時軽くぶつけたモモの前歯(しばらく前からかなりぐらぐらしていた)が抜けたというエピソード付き。




[PR]
by momo_capricci | 2015-08-11 06:51 | 日本 | Comments(0)