<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

先週月曜日から始まると思っていた給食、小学校だけだということが判明しガッカリ。
で、ようやく昨日から幼稚園も!早速野菜たっぷりのペペロンチーノ入りパスタを作りました。
昨日は色々落ち着かなかったので、今日やっと熱い紅茶を啜りながらのんびりPCに向かっています。
すっかり秋・・・涼しいを通り越して朝は寒いぐらい。天気もいまいちで、このまま冬が到来しそうな感じ。明後日は雨で気温も更にぐっと下がるようで、体調管理に要注意です。



c0161459_16561353.jpg

先日作ったイワシのマリネ。この夏からのマイブームで、新鮮なイワシが手に入った時は1kg買って半分は夕飯用(オーブン焼きなど)に、半分は生のままマリネにします。
下処理に手間がかかるけど、パンと一緒に食べたときの美味しさを思うとまた頑張って作ろうと思えるのです。ワインも進む!
いつもは、赤玉ねぎとイタパセ、オリーブオイルにりんご酢とシンプルに。今回はにんにくのみじん切りを加えてみました。好みの問題だけど、にんにくがあった方が味にアクセントがついていいかも。
こうして見ているだけで、また食べたくなってくる(笑)




c0161459_16562834.jpg

先週思いつきで作ったワークスペース。そろそろまた布ものが恋しくなってきました。
他にスペースがないのでベッドルームにやや無理やりテーブルと椅子を押し込んだ感じ。本当はもっと作業&収納スペースが欲しいのだけど、必要最小限のものは配置できたかな。IKEAで買ったミニアイロン台がちょうど乗るし、ミシンもすぐ使えるよう出しておけるのでそれだけでも満足です。
この日は日本から買ってきた生地に水通しをしてアイロンをかけました。今までそんなことわざわざしなかったのだけど、前に縫ったカーテンを一度洗ったら見事に縮んでみっともない状態になってしまったので、この作業の大切さがわかりました。これで作りたくなったらすぐに裁断できる~。
基本的に面倒くさがりやで直線縫いの四角いものぐらいしか作らないので、まずはキッチン関係のものやピローケースなんかを作りたいな・・・
小さいけれど、自分だけのスペースがあるって何だか嬉しいです。




[PR]
c0161459_22480424.jpg

夏のバカンスでポルトガルに行ってきた友人からいただいた、サバのパテとお塩。
どちらもパッケージデザインが可愛くて、今はまだこうして飾っています。

9年前スペイン・ポルトガルを旅した時の思い出の一つとして記憶に残っているのが、オイルサーディンやパテの缶詰。節約の旅だったので、毎日の食事はパンにトマトにハムor缶詰、という感じでした。スペインではレバーパテ、ポルトガルではオイルサーディンを。質素な食事だったけど、十分美味しかったので飽きずに食べ続けていました。で、たまに入る飲食店(安い食堂など)での食事がそれはそれは贅沢に感じて・・・

サバのスパイシーパテというのは初めてかも。ワインが進みそうですね。薪窯焼きの美味しいパンを用意して、ゆっくり味わいたいと思います。
グリーンオリーブとチリが入った塩は、どんな料理に使えるかな?そういうことを考えるのも楽しいです。

素敵なお土産どうもありがとう。



[PR]
c0161459_22471039.jpg

親も子も首を長ーくして待っていた学校の始まり。
モモは小学2年生、ニコは幼稚園年中さんになり、火曜日の朝元気に出発!
休み中は毎日のようにべったり、いつも一緒だった二人が、それぞれの場所に戻って行きました。



c0161459_22473455.jpg

幼稚園2年目のニコは、落ち着いた様子で教室に入っていき、本を一冊手に取って椅子に座り、ひとり静か~にページをめくり始めました。まるで優等生!今のところまだ、猫被ってます。。(苦笑)
やっぱり子供は子供同士遊んだりお喋りしたりが一番楽しいんですね。いつも思うけど、長い休みの後学校が始まると2人の表情が生き生きとしたものに変化するのがよくわかります。
今週は午前中のみということと、用事が色々と重なったこととで何だかいつも以上に忙しい日々でした。でも一人で行動できるという解放感はやっぱりスバラシイ!
来週からはいよいよ給食も始まって、気が休まる時間が増えるのが嬉しい~。お昼のメニュー考えるのが楽になって嬉しい~!
今年度も楽しく、そして元気に学校生活を送れますように。



[PR]
長かった夏休みもようやくあと1週間で終わりという今日。
6月初め、学校を3日間早く切り上げさせてもらって日本へと出発した訳ですが、最終日に宿題について私が直接先生に聞きに行きました。(聞きに行かないと教えてくれないことが多い!)それで言われたのは、強制ではないけどイタリア語と算数の本を1冊ずつ。それ以外は何もなし!きっとたくさん出るんだろうなと思っていたのでその時はちょっと拍子抜けしました。
その本は学校関係の本を扱う書店でしか手に入らないということだったので、時間もないし日本から戻ってきてから買いに行くことに。
で、7月初め。先生から聞いた○○通りにある△△書店を探すもそれらしき店はクローズ(店の中空っぽ!せんせ~い!!)。チェントロにある、知ってる限りの本屋を1軒、2軒・・・と回るも「うちにはその本はないです」と言われ、3軒目にしてようやくゲット!でも算数は在庫切れで1週間待ち。来週取りに来てと言われてしまいました。。
そんなこんなでスタートが遅れてしまったせいもあり、今になってヒーヒー言ってます。モモも私も!!
前半は易しい問題ばかりだから楽勝~♪だったのが、後半はもうわからないところだらけ。。問題の意味すら解らないと言うことが多いので、それを説明するため私がずっとそばにいなければならない。
「問題の意味が解らなかったら何度も読み直して、例や絵を見て、全体を確かめながらよく考えなさい!!」と言ってるのに、それがなかなかできないよう・・・まだ1年生終わったばかりだから当たり前??
算数では一桁の足し算・引き算すら固まってしまうモモ。習い始めた時から苦戦していたのだけど、何故か成績はとてもよかった・・・先生ちゃんと見ているのだろうかと、私怪しんでいます。この先2年生になったら掛け算も出てくるだろうし、大丈夫なのだろうか。。
しっかり身に付けさせたいと思う一心で、教える口調も厳しくなるし、イタリア語と日本語ごちゃ混ぜで説明しちゃったりして、更にモモを混乱させてしまっているかも。
しかも、2冊ともまだ10ページ以上残っているというのに、昨日クラスのお友達の誕生日会でもう一つ宿題があったことを知り、愕然。。
なんと日記を書かなければならないらしい~!!教えてくれたマンマ、「そんなの6日分ぐらい書いておけばいいのよ~!今日はどこへ行ったとか、誰に会ったとか、何か予定があった日の出来事を適当に書けばいいのよ~!!」って(苦笑)さすがイタリア人。この宿題のこと、先生はきっと夏休み直前に言ったんだと思います。私、聞いてないもん!もういなかったもん!!
こういう大事なことは少し前に言っておいてほしい。そして、きちんと全員に伝わるようにしてほしい。
6日分っていうのはさすがに気が引けるので、できる限り書けるよう今日から頑張ってます。
2~3日に一度ぐらい、日本語で日記を書くようにしていたのだけど、それはしばらくお休みです。

仕事疲れで毎朝9時~9時半起床というのが当たり前になってしまっていて、一日の始まりが非常に遅く、朝食、身支度、宿題、掃除機かけをしたらもう昼食の準備、の毎日。
私がモモの宿題に付きっきりになるので、その間ニコは大抵一人DVDを観てるかおもちゃで遊んでいるか。でも飽きてモモの部屋に来て騒ぎ始めたり、自分も宿題やると言って聞かなかったり。本当に大変。。下の子への対応には困ります。ニコもそろそろ文字を書く練習・・・なんて思っていたけどとんでもない!ほぼ何もできませんでした。
毎年のことながら、夏休み長すぎるー!!それなのに、ある町では「夏休みを10月まで!」なんていう要求も出ているらしい。信じられないわ・・・

とにかくあと1週間、モモと一緒に踏ん張ります。終わるのかなぁ・・・



[PR]