<   2016年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

パスクア休暇中の土曜日、久々の山歩きに行きました。快晴で、絶好のアウトドア日和!
前回夏に行ったところと同じ山小屋に行くのかと思っていたら、全く違うところで・・・行きの車の中で知りました。相変わらずかみ合ってない夫婦(汗)



c0161459_18130399.jpg


車で登山道の入り口付近まで行き、そこから砂利道の上り坂が始まります。日の当たらないところには雪が残っていて、モモは喜んで何度も触っていたけれど、ニコは何故か怖がる。。(苦笑)進んでいくと、道がすっかり雪で覆われてしまっていて危険だったので、引き返してもう一つの下り道を行くことに。道のりは長くなるけど同じ場所に繋がっているのだそう。
途中アルビーの友人の山小屋に寄って休憩し、絶景をバックに写真を撮り、また進みます。
結構な時間を歩き続けモモニコが(私も・・・)だんだん疲れてきたところでもう一度休憩。でも、足を止めると一気に元気になる2人。モモがリュックを開けるとニコもリュックを開ける(笑)
前日にもらったCAIの手帳をもう一度眺めるモモ、一緒にもらったバッジもリュックにばっちり付けてます。
アルビー曰く、山小屋まであと10分。「ってことは、あと30分は歩くな」と思わず口に出してしまった(苦笑)休憩も含め、もう2時間ぐらいは歩いていたのです。そこまで遠いとは聞いていなかったし・・・みんなお腹もペコペコ。




c0161459_18134199.jpg


そしてやっとMosceta(モシェータ)の山小屋が見えてきた~!!10分とはいかなかったけど、結構近かった。
視界がぱーっと開け、目の前にどーんと大きな山が聳えて、最高のロケーション!写真では伝わらないのが残念。
待ちに待ったお昼ごはん♪サラミ・チーズのアンティパストとトマトソースのbucatini(ブカティーニ・穴の開いたロングパスタ)、brasato(ブラザート)という煮込み料理。山小屋でも手作りの料理やドルチェが用意されているので、それも一つの楽しみ。
食事に時間をかけすぎて、外でゆっくりする時間があまりなくなってしまったのがちょっと残念。何せ、また2時間半近くかけて同じ道を戻らなければならないので・・・
モモニコはしばしの時間を走り回ったりシャボン玉をしたり、楽しみました。私たちは草の上にごろーん。あー、最高!




c0161459_18141355.jpg

帰りは子供たちがやはり疲れてしまって、ニコはバッボに肩車してもらう回数が増え、それを見てモモはブツブツ文句(苦笑)
行きとは違う山小屋でアルビーの友人に遭遇!こちらの小屋も購入して、貸バンガローにしているのだそう。滞在者は食料を持ってきて自炊します。今度是非私たちも利用したいな。この貸バンガローの少し上にある、行きに寄った彼の山小屋でもう一度休憩。モモが靴を脱ぐとニコも脱ぐ(笑)ここからの眺めは本当に素晴らしい!
最後は上りが続くのでちょっときつかったけれど、このコースは比較的なだらかなのでモモも何とか歩き通せました。でも、往復5時間っていうのは休憩をはさんだにしてもやっぱり子供にはキツイ。2人ともよく頑張りました!!Bravissimi!!

ニコを肩車して歩いていたアルビー、翌日全く筋肉痛になってないと言っていて驚きました!長いことブランクがあるのにスゴイな。あれぐらいの道(アップダウンが少な目)は山歩きのうちに入らないよう。

Mosceta、とてもいいところでした。夏にでも再び訪れたいな。




[PR]
c0161459_06441742.jpg

日曜日はパスクア(イースター)です。昨日から学校はパスクア休暇。
今日は子供たちが楽しみにしているUovo di Pasqua(イースターエッグ)を買いに行きました。
何が楽しみって、卵型のチョコレートの中に入っているサプライズ。どんなおもちゃが出てくるのかワクワクの2人です。

明日はお天気が安定しているようなので、久しぶりに家族で山歩きに行ってきます。今日モモはCAI(CULB ALPINO ITALIANO)の会員になりました!イタリアアルペンクラブ、と言ったらわかりやすいかな。山歩き好きが集まる会で、なんと1786年に創立。230年の歴史!アルビーはもう長いこと会員なのですが、今日は更新の最終日でモモも連れて行き登録してきました。もらってきた自分の顔写真入り会員証を嬉しそうに眺め、明日持って行くリュックサックに大事にしまってました。
明日の夜は疲れて更新できるかわからないので、一足お先に、

Buona Pasqua!!




[PR]
c0161459_08103214.jpg

毎週水曜日はモモの水泳の日。今日もいつものように着替えさせて、プールへと上がって行ったら・・・

左の先生の頭の上に注目!!

なんと、uovo di pasquaがー!!(笑)
uovo di pasquaとは、イースターエッグのことです。


c0161459_08104790.jpg

もう少し近くから。帽子の上に卵と、その周りにはひよこちゃんも(笑)これは後姿だから見えないけれど、両耳にも卵を一つずつ提げていました!上の写真をよーく見ると、耳の下に白いものが見えます。
モモが大好きなこの先生。教えるのが上手でいつも声を張り上げて厳しく指導。でも毎回レッスン後に5分ぐらい自由に遊ばせてくれたりもして、その辺のメリハリが好感度大で子供にも親にも人気です。
指導するのに邪魔になったら一度この卵を下して手振り身振りで説明し、そしてまた被る、を繰り返していました(笑)
おちゃめな先生、2人の男の子のマンマでもある、素敵な女性です。
いい先生の巡り会えてよかった!




[PR]
「No」と言えなかったばっかりに、ちょっと大変なことを引き受けてしまった。。
勝負は明日の朝。
その話を聞きに行ったとき、「これは私には厳しいな」と思っていたにもかかわらず、「Si(はい)」と言ってしまい(それまでに色々経緯もあって)、後でひどい自己嫌悪。
しかもイタリア人にありがちだけど、その後勝手に話を大きくしてしまい、打ち合わせと全然違うことをメッセージで要求してきた。
私が「イタリア人ってどうしていつもこうなの?!勝手に話を変えるし!」とあーだこーだ文句を言っていたら、アルビーに「これがイタリア人なんだよ、知ってるだろ。そういうものだと思って受け止めるしかないんだよ!」と、いい加減分かれ、みたいな感じで逆に説教され・・・アルビーが別にイタリア人の肩を持って言ってるわけじゃなく、私のために言ってくれてるっていうのは分かってるんだけど、腹が立つ!(苦笑)
とにかくもう後には引けないので、なるようになる、と思って頑張るしかない。
これも経験。こうして人間強くなっていくんだよな。と自分に言い聞かせてるところです。


[PR]
c0161459_23173401.jpg

念願の自家製味噌を仕込みました。2月中にやりたかったのだけど材料がなかなか揃わなかったりで、とうとう3月も後半に突入・・・上手くいってるかはわからないけれど、一応無事終了。
初めてだったのでネットで調べてみたら、結構気軽な感じで作ってる人もいて、道具とか保存容器とか家にあるもので出来るんだな~ということで、気が楽になりました。BIOの大豆とシチリアの自然塩、日本から送ってもらった乾燥麹を使い、高山なおみさんのレシピで作りました。
写真は、茹でた大豆を潰し終わったところ。



c0161459_23174468.jpg

出来上がり2kg分。家にあったIKEAの保存容器を使ってみました。中に見える四角い物は真空パックの米(笑)重石代わりです。風通しがよい涼しいところに置く、とあるけれど、そんな場所うちにないな。どこに置こう・・・
カビが生えませんように!出来上がりが楽しみです。
暖かくなる前に、残った麹で甘酒を作ってみたいな。




[PR]
c0161459_19243987.jpg


前回の記事で触れたのですが、日曜日、朝から電車に乗ってフィレンツェに行ってきました。目指すは食のイベント『TASTE』。イタリア中から集まった、美味しいものを扱う企業、生産者などのブースが340以上!!私は間もなくお店を開店する友人に同行することになり、個人的にすっごく楽しみにしていたのですが、実際入場してみてビックリ。きちんと見ようとしたらとても一日では回りきれません!それぞれのブースで説明を聞いて味見して連絡先を残して・・・とやっていたら、初めの一列であっという間に2時間!もらったパンフやサンプルがどんどん溜まっていって、私は途中から荷物持ちのアシスタント状態になりました。。(苦笑)お昼過ぎにはバイヤーに加え一般のお客さんの入場もあってどこも人でごった返し、熱気ムンムン。色々味見をしつつ昼食抜きでずーっと歩き回っていたので、この辺りから私はヘトヘトに・・・暑いわ、荷物は重いわで(泣)
10分ほど水分補給&トイレ休憩をして再び人の群れへ!

熱心な生産者の話を生で聞くと、はやり説得力があります。特に私が気に入ったのは、写真右中の、プーリアでオリーブオイルや小麦粉など作っている個人企業。オイルは勿論、こだわりの小麦粉で作られたクラッカーやコロンバが本当に美味しかった!普通コロンバにはオレンジなど柑橘系のカンディーティ(ピール)が使われるのですが、こちらはオリーブのカンディーティ!一つ一つ選ばれた自然の素材でどこまでも素朴な味。シニョーレの情熱が伝わってきました!
その他興味深かったのが、シチリアの真っ黒なレンズマメ・ひよこ豆(写真左下)。炭のように黒い豆は野性的な味がするとのことで買って帰りたかったのですが、併設のショップでは見つかりませんでした。それから一度食べてみたかったヴィーガンチョコレート(写真右下)。味見させてもらった豆乳チョコは、カカオの香りには欠けるけど思っていたより食べやすかった。チョコレートに目がない友人は「no!!」とハッキリ言ってましたが。あと、写真右上のパスタ、クスクスを大きくしたような形をしていて気になるところ。

全体的に見ていて思ったのは、パッケージに相当こだわっている企業が多いなということ。特にパスタは顕著で、私からすると「ここまでするか?パッケージにどれだけお金かけてるの?」って感じのところが結構ありました。パスタはその場で味見ができない分インパクト勝負なのかな。毎日食べるものだから、高級感よりシンプル包装で素材重視(勿論お値段も)の方が、私にとっては好印象だけど・・・一般庶民の私には縁がないなって思えてしまいました。
私の憧れの地、プーリアの企業がたくさん出店していてオイルや美味しいものを味見で来て嬉しかった♪ますます行ってみたくなりました~!南の方、いいなぁ。
今回ワイン・ビールの試飲ができなかったのは残念でした。飲んでたら仕事にならないので(苦笑)
帰りは2つの紙袋いっぱいのパンフ(10Kgぐらいはあったんじゃないかな・・・)を抱え、再び電車に乗りました。こんな大規模なイベントと人込みは久しぶりだったのでどっと疲れが出ましたが、いい経験ができました!また来年??




[PR]
c0161459_06030535.jpg


今日は本当に気持ちの良い一日でした。お天気の休日にはやっぱりココ。いつもの海です。
暑さを感じるほどの日差しと心地よい風。
思わず脱いだジャケットを敷いて寝転がり、空を眺め・・・この写真を撮りました。リラックス~。
ニコは狂ったように波に向かって石を投げ続け、額から汗を流してました。モモはモモで、ひとりで何か一生懸命やってました。
あ~、待ちに待った季節がやってくる。一番好きな季節。

明日早朝から一日中外出するので、午後はいない間の食事やおやつの準備をしていました。
久々の都会!しかも子供抜き!!友人と電車である場所へ・・・
以前ブログで知ったイベント。その時は「うわぁ~、行ってみたーい!」なんて羨望の眼差しでした。まさか自分が行けることになるとは思ってもみなかった。
平日よりも早起きだし、ハードな一日になると思うので、早く寝ないといけないんだけど、興奮して眠れそうもありません!




[PR]
by momo_capricci | 2016-03-13 06:21 | 日々 | Comments(0)
c0161459_19433033.jpg

私がマスコバド糖の存在を知ったのは、なかしましほさんのレシピ本がきっかけでした。フィリピンで作られている黒砂糖で、サトウキビの搾り汁をゆっくり煮詰めて自然乾燥させて作るので、ミネラルが豊富なのだそう。
一度使ってみたいなと頭の中にあって、だいぶ前にイタリアのあるスーパーで目にしたときは「あっ、コレだ!」と思ったのですが、値段が高すぎ。今まで使うことはありませんでした。それが先日スーパーでコレ↑を見つけました。値段はいつも買っているきび砂糖より1ユーロぐらい高かったけど、これぐらいなら許容範囲内。
このお砂糖だけで味見してみると、沖縄などで作られているあの黒砂糖にそっくり。しっとりしていて独特の風味があります。これならわざわざ日本から黒糖を買ってこなくていいな。



c0161459_19434923.jpg

上記と同じレシピ本から、うちの定番”チョコチップクッキー”と、以前アレンジして作ったことのある”フルーツロールクッキー”を、このお砂糖で作ってみました。
チョコの方は、手軽にササッとできるし、有り合わせの材料で調整しても結構美味しくできるので便利で好きなレシピ。イタリア人にも喜ばれます。今回はオートミールを切らしていたので、残っていたライ麦粉と全粒粉で調整しました。マスコバド糖がしっとりしているので、その塊をほぐすように材料を混ぜていきました。でも、塊が多少残っていても、それはそれで美味しいので気にしません。(沖縄の黒糖を使う時も同じ感じでやってました)
フルーツの方は、アプリコットがなかったので家にあったレーズンとドライプルーンのみで。生地にフルーツフィリングを挟んで焼いてからカットするのに、勢い余って焼く前に切ってしまった!けど、フルーツが焦げずホッ。



c0161459_19440022.jpg

今日のお茶の時間。マスコバド糖の色が出ています。そして風味も出ていて、フルーツやクルミ、チョコレートと合う!フルーツロールクッキー、かなり好みの味。少しだけクルミが入っているのがポイント高い。これはリピ決定です!食べ慣れているチョコチップクッキーも、材料が少し違うのでこれもまた変化があっていい感じ。

おなじみのレシピでも、材料を変えて作ってみると新鮮でいいかもしれません。




[PR]
昨日の夕飯時、モモが突然「秘密のことがあるんだ」と話し始めました。

「今日学校でビデオを見てる間、C(クラスの男の子)がずっと私にしがみついてたの」

それ、秘密だったら喋っちゃダメじゃん!っていうバッボとマンマの突っ込みに、

「これが秘密じゃないよ。約束したから言えない」
というモモ。

これが秘密じゃなかったら、あれしかないでしょ!なんて思ってしまったのですが、そんなこと知っても嬉しくないので追及しませんでした。
まだ2年生なのに、このイタリア男っぷり。去年も違う男の子に同じようなことをされてたし。単なる気まぐれでそんなことしてみただけなんだろうけど、日本の男の子だったらそういうことしなそうだな~。

で、今日。また唐突に言いました。

「幼稚園の時、TとAが私のこと好きだったの、知ってる?」

懐かしむかのように言うので思わず苦笑。。
自慢げに話す訳じゃなくて、むしろ「男の子になんて興味ない」って感じでいうので可笑しくなっちゃいます。
「モモは今誰か好きな人いるの?」と聞いたら、思いっきり首を振られました。

この先、モモはどんな子を本当に好きになるのかな。そんな日も意外と遠くはないのかな、とちょっと考えてしまいました。



[PR]
c0161459_05531872.jpg

今夜はお寿司!ちらし寿司ではなく、今日は張り切って巻き寿司を作りました。
子供用のハム&卵の細巻き以外にはなるべく野菜を多く入れて、エビフライ巻、レインボー巻、野菜巻きに。サーモンのカルパッチョ(薄切り)が残ったので2枚重ねにして、少しだけ余った酢飯で握りにしてみました。サーモンはここ数年ほぼ食卓に上らなくなった食品なのですが(アラスカ産スモークサーモンはたま~に)、今日は特別。あとキャベツのお味噌汁と余った野菜のサラダ。
時間があまりなくて盛り付けがいい加減だけど(いつもこのパターン・泣)、今日の酢飯は加減がちょうど良くて美味しくできました。
試してみたくて、今日初めて冷凍のエビフライを買いました。単品で食べるとぺちゃぺちゃで美味しくないけど(オーブンで加熱)こうして野菜と一緒に巻いたら結構いける。アルビーには前もって「今日はこのエビフライを試してみるけど、食べたくなかったら食べなくていいから」と念を押しときました(苦笑)でも食べていて、しかもこれが一番気に入ったのだと!野菜とフライのバランスがよかったのかも。
にんじん・大根(塩もみ)・ズッキーニを巻いた野菜巻きもなかなか良くて、他の野菜でも試してみたくなりました。モモにも好評。

本日の主役モモは、ニコが残したお寿司も食べて、とても満足そうでした。あ~よかった!
今夜は久しぶりにお腹いっぱいお寿司を食べて私も満足です^ ^




[PR]