タグ:イタリア料理 ( 83 ) タグの人気記事

今日は週に1度のピッツァの日でした。
献立を考えなくていいのですっごく気が楽なのだけど、最近おうちピッツァに飽きてきた・・・
私の定番は、フレッシュトマトの輪切りorトマトソース・モッツァレッラ・プロシュットコット・ルッコラ。たまにナスやマッシュルームなんかがプラスされることも。
でも今日は、トッピングを変えてみました。


c0161459_05560554.jpg

モッツァレッラ・ナス・ドライトマト・カルチョッフィのオイル漬け、そしてオレガノを振ってオーブンへ。これが焼き上がり。ドライトマトが焦げてしまった。次回は後のせにしよう。
このままでも十分美味しそうだけど・・・



c0161459_05563616.jpg

プロシュットコットとルッコラをのせて、最後にピリピリソースを少し。ドライトマトの甘みと風味が効いて、とても美味しかった♪私、ピッツァはトマトソースなしのビアンカの方が好きだな~。



c0161459_05541698.jpg

私がいつも山盛りのルッコラをのせて食べているのを見てマネする人①。
プロシュットはピッツァにのせないで、そのまま食べるのが好きなのだそうです。



c0161459_05545913.jpg

マネする人②。モモがルッコラをのせているのを見て、「ならば自分も!!」と言わんばかりの表情でムキになってこんなにたくさんのせました(苦笑)勿論、こんなには食べません。下にあるピッツァだけ取って食べているので「自分でルッコラのせたんだから食べなさい!」と言うと、言われる度に一枚だけつまんで食べてました。
以前は2人ともルッコラなんて食べなかったのに、まぁ進歩と言えば進歩かな。

今日はいつもとちょっと違ったピッツァに満足でした。また来週~。






[PR]
c0161459_16443609.jpg

最近アルビーがハマっているのが、鴨肉。
先月のある日、スーパーで真空パックになっているものを買ってきました。自分でレシピをいくつか見てちょっとだけ研究したようで、フライパンで表面を焼いてからオーブンでじっくり焼く、という方法で作ってくれました。荒塩と大量の乾燥ハーブ(タイム)が表面に塗ってあって・・・アルビー、普段自分で調理するとき塩を一切使わないので、香りづけにハーブをこれでもかと入れるのです。”適量”という言葉を知らない。。ハーブの味が突出しすぎ。。
それから後日もう一度スーパーの鴨でバルサミコを使う料理を今度は私が作り、私はとても美味しく思えたのだけど、アルビーはあまりお気に召さず。。というもの、フライパンでバルサミコの水分で蒸し焼き状態にするため、皮がパリッとせずちょっとゴムっぽくなるのが、元々皮の部分を好まないアルビーには許せないらしい。
そして今回は肉屋で注文。真空パックでもそこそこの値段なので、だったら肉屋で買った方が安心だし絶対に美味しいはずだと思ったのです。胸肉を注文したら、2枚(1羽分)で約780g、18ユーロほど。やはりちょっと高めだったけど、2人分×2食と思えばたま~にならOKかな。
鴨肉は初回の方法でアルビーに焼いてもらい、私は付け合せに玉ねぎのバルサミコ炒めとマッシュポテトを用意しました(写真上)。またしてもタイムたっぷりだったのだけど、それが気にならないほどお肉自体がすっごくジューシーで柔らかくて美味しかった!!やっぱり全然違うわ!前回より薄めに切ってもらったのも正解。鴨とこの付け合せって合うな~、最高♪
事情があってワインを飲めなかったのが残念でならないので、また近いうちに残り半分も!
盛り付けももう少し頑張りたいな。

以前に比べるとお肉を食べる回数は減っているけど、イノシシとかうさぎとか鴨とかお肉の選択肢が増えたので私にとっては目新しいものが多く肉料理の記事をアップする回数は増えてるような気がします。
なるべく安全で良質なものを、と思うけど出費の方もかなり気を付けないと、最近食費が増加傾向。。食べ物は大切。でもこればかりに重点を置いてもいられない。その辺のバランス、難しいな~。




[PR]
c0161459_06085924.jpg

今日の夕飯はコックをしている友人から教わったbaccala'バッカラ(干しダラ)と赤玉ねぎ、ポロネギのマリネ。この辺りの郷土料理、baccala' marinatoバッカラ・マリナート(干しダラのマリネ)はトマトソースをベースとしたマリネ液に揚げた干しダラを和えるのですが、これは玉ねぎとポロネギをよく炒めお酢(うちはりんご酢を使ってるけど、白ワインビネガーでもOK)を加えたところに揚げた干しダラを和えます。だから通常の赤いマリネに対し、こちらはbiancoビアンコ(白)。
玉ねぎの甘みと酢の酸味、そしてオイルとタラの塩気が混ざってとても美味しい!私もアルビーも玉ねぎ大好きなのでかなり増量していますが、このぐらい玉ねぎの存在感がある方が甘みも増して美味しい。
今日は料理自体は上手くできたのだけど、残念なことにタラの塩抜きが甘くて(塩抜き済みのタラを使用)かなり塩辛かった!だからさっきから水を何度も飲んでます(苦笑)

今日は車検を予約していた日で、アルビーが朝から行ってきたのですが、予想を上回るの金額になってしまったらしく、帰ってきたときにはすっかり落ち込んでいました。車検自体が高かったのではなく、ずっと壊れたままにしていた後ろのウィンカー部分とサイドミラーを交換したからなのですが・・・
バキバキに壊れたままで恥ずかしい思いをしていたので、私としてはとっても嬉しいことなのですが、実はまだ航空券を買っていないんですよね・・・なんかますます買い辛くなってしまった(苦笑)
日本行きをやめるのはもう考えられないので、私の貯金を足すしかないかな(泣)





[PR]
c0161459_06395149.jpg

今年も無事クリスマスが過ぎてホッとしています。
クリスマス前は学校・幼稚園・習い事の発表会に面談、買い出し、料理、仕事・・・ときちんと紙にメモしておかないと訳が分からなくなるほど色々あったけれど、アルビーと手分けして何とかこなすことができました。
料理は例年とほぼ同じような内容で、無理をしない程度に用意をしました。今年はクリスマスランチをフルコースにしないで、お昼にアンティパスト+プリモ、夜にアンティパスト+セコンド、と普段の食事を少し豪華にしたような感じに。
アルビーが職場で貰ってきた食料品ギフトセットに入っていた瓶詰やチーズ、コロンナータのラルド、私の手作りレバーペーストなどで簡単なアンティパスト。これ、3日間続きました(笑)
25日のお昼はこれにトルテッリーニ・イン・ブロード、そして食後はナッツにパンドーロ。パネットーネ派の我が家ですが、今年は私がすっかり飽きてしまったので(もう少しで嫌いになりそうなぐらい)、頂きもののパンドーロを。
夜は運よく(?)手に入ったうさぎのロースト。でも、いまいち・・・中にひき肉がたっぷり詰まっていて、そのせいでミートローフって感じで。モモは全然手を付けず、そして何故かニコだけはおかわりするほど喜んで食べていました。トルテッリーニやトルテッリは嫌いなよう。。
モモニコが待ちに待ったクリスマスプレゼントは概ね好評で、特に後から付け足したスタンプセットは2人とも予想を上回る喜びよう。一日に何度もペタペタ押して遊んでいます。よかった~!



c0161459_06404878.jpg

25日の午後は腹ごなしにマリーナのポンティーレへ(左)。お天気がよくて海がすごく穏やかできれいでした。暖かくて全然クリスマスっぽくない!夜は家で『Merida』(日本では『メリダとおそろしの森』)のDVDを観ました。久しぶりの映画、やっぱりいいな~。
26日の午後はforte dei marmiへ散歩に。何度も行っているのにまだフォルテのポンティーレを歩いたことがなかったので行ってみました(右)。変わらず穏やかな海。そして夜はアルビーと2人で私のリクエスト『Shine』のDVDを観ました。初めはイタリア語でなんか変な感じがしたけど、やっぱり感動。最後のデイヴィッドが演奏後涙する場面、何度観ても泣ける。



c0161459_06401541.jpg

そして今日も朝から外へ。いつものバルでお茶をしてからいつもの海に行きました。水がビックリするほど澄んでいて、波の音が穏やかで、すごく気持ちいい。波で削られたガラスの欠片や流木を拾って帰ってきました。
午後は前から気になっていた場所へ散歩に(右上)。家から車で20分ちょっとのところなのだけど、広い草原がずっと続いていて、家族でゆっくり歩くのにちょうどいいところでした。なんだかんだ言って1時間半ぐらい歩き、最後の方子供たちは「疲れた~」の連発だったけど、頑張った!
その後いとこの双子ちゃん宅に行って大はしゃぎ。

こんな感じで、食べて、散歩して、映画観て・・・のクリスマスでした。
久しぶりの晴天続き。こんなに日光を浴びたのはいつぶりだろう。洗濯物も思いっきりできて、気分スッキリ(笑)
なんか、全然年末って気がしませんが、今年も残すところあと4日なのですね。
このまま体調を崩さないよう、元気に新年を迎えたいです。




[PR]
by momo_capricci | 2015-12-28 09:03 | 日々 | Comments(0)
c0161459_23003320.jpg

今日は豪華なお昼ごはん。と言っても、ローストポークは勿論残り物。
一昨日肉屋に買いに行ったとき、「ロースト用の豚肉を5人分ください」と言ったら出てきた大きな塊!!いつも「○○グラム」と言ってもプラス200gぐらいのものがやってくるので今回は言い方を変えてみよう、と行く前に色々考えていたのだけれど(4人家族2回分の食事用で計算。モモニコはあまり食べないのでこんなもんでOKかなと。)、大誤算!というか、ちょうど手頃な塊があったからそれを選んだだけだと思うのだけど、それにしても大きい・・・あまりにも当たり前のように「じゃあ、コレね!」とさらっと言われてしまい何も言えなかった私(苦笑)1.3kg以上ありました~。
生の状態でも見るからに美味しそうないいお肉で冷凍するのが拒まれたので、一昨日の夜、昨日の夜、そして今日のお昼と3回ガッツリ食べましたよ。
以前はローストはオーブンで焼くことが多かったのですが、今はテラコッタのお鍋で。蓋をしてじっくり蒸し焼きにするのでお肉がしっとり柔らかくなります。時間も早いかも。
玉ねぎたくさんとセロリと共に調理したのですが、今回のは本当に美味しかった!!ジューシーで、玉ねぎにも味がしみてて最高♡外に食べに行かなくても十分満足~。



c0161459_23005701.jpg

せっかくなのでお気に入りのテーブルクロスとプレースマットを敷いて、ちょっとリッチなワンプレートランチの出来上がり。
アルビーが同僚から貰ってきたラディッキオのサラダ、にんじんサラダ、かぼちゃのロースト、そして玄米。なるべく野菜もたくさん摂るように。

ごちそうさまでした!
今晩は菜食で。




[PR]
c0161459_23214117.jpg

この秋は暖かめな日が続いていますが、やっぱりスープが美味しい季節。
今日の昼食は色々お豆のミネストローネでした。
乾燥のグリンピース、緑レンズマメ、赤レンズマメ、黒インゲン豆、白インゲン豆、ボルロッティ、ひよこ豆、緑豆、キドニービーンズ、kamut小麦、大麦のミックスを使いました。
昨日の夜からぬるま湯に浸けて戻しておいて、今朝黒キャベツとブロッコリーの葉、香味野菜と一緒にグツグツ・・・風味づけにはセージの葉とパルミジャーノの硬い部分を。
美味しいオリーブオイルをかけて食べます。
いろんな豆の味が次々口の中に広がってこれはこれで美味しいのだけれど、実は私、お豆類はボルロッティだけ入れる方が好きです。あの存在感と少しねっちりとした歯触りがないと物足りない。でもアルビーに「お腹が張る」とか「豆を入れすぎてる」とか言われるので気が引けてしまい、今回はミックスにしてみました。これならOKなようです。
お豆が入るとスープにとろみが出て、それがたまらなく美味しい~。



c0161459_23213240.jpg

今ぐらいの時期になるとアルビーがナッツ類を買いだめして、昼食の最後に食べます。これが冬の間ずっと続くのです。
ナッツは美味しくて体に良くて、最高ですね。日本にいたときはピスタチオなんて食べたことなくて、こっちで初めて食べたときは美味しいと思えなかったのに、今は大好き。そしてニコは、家族の中で誰よりもピスタチオに目がありません。でも小さな子にどれぐらいあげてよいものかわからないので、少しずつ。「もっと!もっと!」となって大変です。。

今日アルビーがスーパーに行ったら、うちが毎年買ってるパネットーネがもう出ていたそう。例年よりかなり早め!私もこのパネットーネ好きだけど、さすがにちょっと飽きてきたな・・・とか言って、目の前にあるとつい口に運んでしまうのだけど!
あっという間にクリスマス、そして今年も終わってしまいますね。





[PR]
c0161459_06485292.jpg

すっごいくしゃくしゃ・・・お気に入りの布で、思い切ってテーブルクロスを作りました。
チェックは昔から好きだけど、本当に好みのチェックにはなかなか出会えません。でもこのコットンリネンの生地は、色味も色の組み合わせもそれぞれの色の分量もチェックの入り方も全部好き。リネンが入っているので風合いもとても良くて言うことナシ!
大切にとっておこうと思ったけれど、有元葉子さんの本の中で「気に入って買ったものなのにしまっておいたらもったいない。普段から一番好きな食器を使っているので、お客様を招いてもいつも自分が使っている器で料理を出します」といった内容のことが書かれていて、「確かに!」と納得。それだけ”普段”を大切にしているということで、そういう姿勢が素敵だなと思いました。特別な日なんてほとんどないから”いつか”のためにしまい込んでいても仕方ないし、日常の中で自分の気に入ったものをどんどん使っていった方が気持ちいいだろうな。
絶対にワインやトマトソースで汚れるけれど、お気に入りの布ならその都度ゴシゴシ手洗いするのも苦にならないかな??(笑)




c0161459_06492322.jpg

そして今晩は、うさぎのローストでした。イタリア人の「明日」はあてにならないもので、アルビーは今日肉屋さんに行きました。まぁ、毎日お肉っていうのもよくないのでこれでいいのだけれど。
うさぎの肉と一緒にプロシュットとパンチェッタが巻かれていて、あとは味付けして焼くだけの状態だったので楽ちんでした。
ローストの時のうちの付け合せの定番は、細切りにしたじゃがいも・にんじん・セロリに塩とオレガノを振って(あっ、そういえばにんにく入れるの忘れてた!)お肉と共にオーブンで焼いたもの。こうするとモモニコもよく食べるのです。
プロシュットのおかげで子供にも食べやすく、肉嫌いのニコがすごい勢いでふた切れをあっという間に完食。おかわりまで!野菜もきれいに食べて、piatto pulito!(何も残っていないきれいなお皿)イノシシといい、うさぎといい、食べるときは食べるのね・・・まだまだムラがあるニコ。
美味しいお肉にワインが進みました。アルビーにつがれるまま、3杯も飲んでしまいほろ酔い♪お気に入りのテーブルクロスに美味しいローストに、ニコの食べっぷりに、そして明日山歩きに行くためアルビーがお休みを取ってくれたことに、何だかすごく幸せを感じました。こんなに気持ちがよかったの、久しぶり。

食後天気予報を見たら、明日は霧と靄がすごいらしく、結局山歩きはお預けになってしまいました。せっかく2人で行けるチャンスだったのに~!来週にでもリベンジできるかな・・・




[PR]
c0161459_05463837.jpg

一昨日、アルビーが隣町のお肉屋さんまで出向いてイノシシ肉を買ってきました。冷凍の塊700gほど。
前回と同じレシピで下処理・調理、ピラルのテラコッタ鍋を使い2時間近く煮込んだら、ホロホロに柔らかくなりました。味見をしたアルビーの嬉しそうな顔と言ったら!そんな表情滅多に見せないのに。
ポレンタの代わりにマッシュポテトで。モモニコに潰してもらったおいもに、オリーブオイルと少しのバターと塩、そして試しにlatte di kamutでのばしてみたら、意外と違和感なくいける!久しぶりのマッシュポテト、美味しくてお肉が進みました(笑)
フライドポテトとポテチ以外のいも料理を嫌がるニコもおかわりをし、しかもお肉もちゃんと食べていたのでびっくり。お魚派のニコちゃんにも受け入れられ、作った甲斐があった!そういえばこの前ニコが何の前触れもなくいきなり「Mi piace acciughe(ぼく、イワシが好きなの)」と言ったのには思わず吹き出しました(笑)モモとは大違い。

夏はやけに魚が食べたくて仕方なかったのが、寒くなってきたらお肉モードにスイッチオンの私。でもスーパーのお肉に手が出ず、買うものがワンパターン→料理もワンパターン・・・
先日近所から牛肉を煮込んでいるような素晴らしく美味しそうな匂いが漂ってきて、「あー、肉食べたい!」って思っていた矢先のイノシシ肉、思いが通じたようで嬉しかったし、食べて本当に満足でした。
野生のイノシシなので色々気にすることもないし、マリネしておけば臭みもとれて、ひたすら煮るだけで柔らかくなるので言うことないです。
アルビー、明日はウサギを買いに行くつもりだそうで。野菜と一緒にオーブン焼き、楽しみです。



[PR]
先週月曜日から始まると思っていた給食、小学校だけだということが判明しガッカリ。
で、ようやく昨日から幼稚園も!早速野菜たっぷりのペペロンチーノ入りパスタを作りました。
昨日は色々落ち着かなかったので、今日やっと熱い紅茶を啜りながらのんびりPCに向かっています。
すっかり秋・・・涼しいを通り越して朝は寒いぐらい。天気もいまいちで、このまま冬が到来しそうな感じ。明後日は雨で気温も更にぐっと下がるようで、体調管理に要注意です。



c0161459_16561353.jpg

先日作ったイワシのマリネ。この夏からのマイブームで、新鮮なイワシが手に入った時は1kg買って半分は夕飯用(オーブン焼きなど)に、半分は生のままマリネにします。
下処理に手間がかかるけど、パンと一緒に食べたときの美味しさを思うとまた頑張って作ろうと思えるのです。ワインも進む!
いつもは、赤玉ねぎとイタパセ、オリーブオイルにりんご酢とシンプルに。今回はにんにくのみじん切りを加えてみました。好みの問題だけど、にんにくがあった方が味にアクセントがついていいかも。
こうして見ているだけで、また食べたくなってくる(笑)




c0161459_16562834.jpg

先週思いつきで作ったワークスペース。そろそろまた布ものが恋しくなってきました。
他にスペースがないのでベッドルームにやや無理やりテーブルと椅子を押し込んだ感じ。本当はもっと作業&収納スペースが欲しいのだけど、必要最小限のものは配置できたかな。IKEAで買ったミニアイロン台がちょうど乗るし、ミシンもすぐ使えるよう出しておけるのでそれだけでも満足です。
この日は日本から買ってきた生地に水通しをしてアイロンをかけました。今までそんなことわざわざしなかったのだけど、前に縫ったカーテンを一度洗ったら見事に縮んでみっともない状態になってしまったので、この作業の大切さがわかりました。これで作りたくなったらすぐに裁断できる~。
基本的に面倒くさがりやで直線縫いの四角いものぐらいしか作らないので、まずはキッチン関係のものやピローケースなんかを作りたいな・・・
小さいけれど、自分だけのスペースがあるって何だか嬉しいです。




[PR]
c0161459_06095706.jpg

今年もお向かいさんからイチジクをいただきました。なんと、3回も!
そのまま食べても勿論ジューシーで美味しいけど、やっぱりこの食べ方が一番好き。フォカッチャにフレッシュなイチジクをサンド。
甘みと塩分がいい具合に混ざって、格別に美味しい!実はイチジクのジャムは好きではないのだけれど、これは大好き。今の時期限定の贅沢な楽しみ方です。

去年
散歩中に近所のおじさんから分けてもらったイチジクの話、ちょうど1年ぐらい前にここにアップしたのですが、ちょっと前にその木が嵐で倒れてしまいました。小さな実がたくさんつき始めていて、前を通るたびに目を楽しませてくれていたのですが、嵐の翌日何人かのおじさんたちが倒れた木をのこぎりでカットしていて。。何だかショックでした。果物の木ってその変化を見ているだけでも心が和みますよね。今でもそこを通ると目が行ってしまいます。
いつか果物の木がある庭を持ちたいなぁ・・・憧れ。



[PR]