c0161459_06102292.jpg

日本から持って帰ってきたこのレシピ本から、ようやくひと品。何度も何度も本を見ては「早く作りたいなぁ」と思っていたのだけれど、暑かったり疲れていたりで行動に移せずにいました。
これもほとんど捏ねないレシピなので、作り方自体は簡単。基本の生地が2種類あって、それを菓子パンや総菜パンへと展開させていくというもので、今回は初めてだったのでシンプルに丸い白パンを選びました。
粉は、スーパーで買った"miracolo"という名のパルマ産小麦粉(farina tipo 1 di grani teneri antichi della provincia di Parma)。これを地粉と解釈して、水分少な目の地粉用レシピで作ってみようと思っていたら・・・すっかり忘れて水を通常のレシピ通りに入れてしまった!しかも、水分と一緒に入れるはずだったメープルシロップを入れ忘れていて、オイルを混ぜた後に無理やり投入。そしたらべちゃべちゃの生地になってしまいました(泣)
失敗かな~って思ったけど、捨てるのももったいないので続行。今朝打ち粉をたくさんしつつ何とか成形し焼きました。
下の方に割れ目が入っているけれど、味は◎。「正しく白パンだ~♪」ふわふわでほんのり甘くて、美味しい!
子供の食いつきも勿論すごくて、近いうちリピ決定。
他にも魅力的なレシピ多数なので、これから少しずつ試していこうと思ってます。楽しみ。






[PR]
c0161459_05223155.jpg

最近ライ麦が気になる私と、レーズンパンが食べたいと言うモモ。そこで今日焼いたのがこのパン。
ライ麦粉で作るビスケットのレシピを目にしてから気になって仕方がなく、早速粉を買ってきました。お菓子やパンを作るときは必ず全粒粉を混ぜているのだけど、ライ麦も栄養価が高いとのこと。

そのビスケット、思っていた食感とだいぶ違ってガッカリ・・・でも味は大好き。砂糖を黒糖にしたら、ライ麦の香りとよく合ってとても香ばしくなりました。ライ麦粉の割合とオイルの量を減らしてベーキングパウダーなしで、次回試してみたい。

で、ライ麦入りのねじりパン。強力粉とライ麦粉4:1の割合なのであまり主張がなくあっさりした感じで食べやすかった。私にはちょっと物足りないけど、調子に乗ってあんまり入れすぎると子供たちが食べなくなるので注意(全粒粉と同じく)。

夜はお米、朝はパンかシリアルになることが多く、ここ何年かは朝用には市販のpan carre(食パンの様な角形パン)を買って簡単に済ますことがほとんどだったけれど、あまりに日持ちするのが気になることもありこの頃はフォカッチーナ(小さいフォカッチャ)を生地から作ったり、面倒な時はピッツァ生地を買ってきてそれをフォカッチーナの形に焼いたり、たまに他のパンやケーキを焼いたり。たくさん作ってせっせと冷凍です。
加工食品の材料が気になりだすと、あれもこれも自分で作りたくなってしまう。大変だと思うこともあるけどその安心感には変えられないものがあります。
でも、ゆる~く。考えすぎないようにしないと苦痛になっちゃう。
気軽に作れる捏ねないパンレシピはそんな私の強い味方です。明日はこのパンがあるので安心。




[PR]
c0161459_04525390.jpg

久しぶりにパンを焼きました。思い立ったらパパッと準備できる捏ねないレシピはやっぱり重宝します。
今回は念願の甘納豆入りパン。母が持って来てくれていた甘納豆、早く使わなければと思いつつ早○か月・・・賞味期限切れちゃったけど未開封で大丈夫そうだったのでたっぷり入れました。というか、分量以上にドバっと入ってしまったのだけど、もっと入れてもよかったなっていうぐらいあっさりした甘みの甘納豆でした。
かぼちゃの種、ひまわりの種、亜麻の実が香ばしい、朝食やおやつにぴったりのパン。
それにしても、同じ生地で同じように成形したのにこの仕上がりの差はどうして??

明日は朝からピサ大学病院で抗生物質アレルギーのテスト。ということで早朝に出発しなければなりません。最寄駅まで少し遠いためアルビーに送ってもらうので、子供二人も巻き添えの早起き。
8時~13時までかかるテストを2日連続で受けることになっているので、明日あさってはいっぱいいっぱいになってしまうだろうな。アルビーが休暇を取って子供の送り迎えや昼食の支度をしてくれるので、その点は安心だけど。
モモが学校に持って行くおやつ、毎日のことなのでなるべく体にいいものをとできる限り手作りのものを持たせています。明日のおやつはこのパンで。
朝食、昼食、朝夕2回のおやつ、夕食・・・きちんとしようとすると結構な仕事。
あまり自分を追い詰めないよう、時にはゆる~く、でやっていこう。




[PR]
c0161459_6365266.jpg

ここ1年以上、イーストを使った捏ねないお手軽パン作りをしてきました。確かに簡単にストレスなくパン作りができていたのですが、味や食感に物足りなさを感じるようになってきました。ある時「あのもちもちとして香りのよいパンが食べたい!」という思いがフツフツと湧いてきて、天然酵母のレシピをあれこれ調べている自分がいました。そして、酵母液の起こし方が身近にあるもので意外と簡単に出来そうだったので、とにかくやってみることに!

私が選んだレシピでは、酵母液作りに6日間、元種作りに4日間ほどと、とにかく時間がかかる~!毎日発酵の様子を見ながら育てていくのには心の余裕、忍耐力が必要で、どちらも持ち合わせていない私にはソワソワと落ち着かない日々でした。
そして、いざパン作り、となっても、捏ねたり発酵を何時間も待ったりとこれまた気の長い作業なのです。天然酵母の発酵はとてもゆっくりなので、時間配分がつかめていない私にとっては、常にパンのことが頭の中にあることに窮屈さを感じたりも・・・
それでもようやくオーブンに入れるときが来て、10分ほど経過したところでいきなりプクーッと生地がすごい勢いで膨らみ始めたのを見たときは本当に嬉しくて一人感動していました。
形はどうあれ、私の記念すべき天然酵母パン第1号ブールは大成功!

クープの深さが足りなかったのか、膨らみが激しすぎたのか、変な亀裂がパックリ入ってしまいましたが、パン屋さんで買って味わったことのあるあのパンと同じ、独特の風味ともちもちの食感。再び感動・・・
生地に蜂蜜が入っているのでほんのり甘め。さらに蜂蜜やジャムを塗って食べたらとても美味しかったです!

今第2号を焼いているところ。今回はプレーンな全粒粉パンとレーズンパンで、今オーブンの中でムクムクと膨らんでいます。
次は元種ではなく酵母液をそのまま使ったストレート法であこがれのハイジの白ぱんを作ってみたいな~。

しばらくはパン作りにハマってしまうかも・・・
でも次回の電気代請求が怖いのでほどほどにしないと。

[PR]
c0161459_6191026.jpg

いつもの本から、雑穀&甘納豆のちぎりパンをアレンジ。
昔、くるみアンパンが好きな時期があって、それをイメージして作ってみました。
緑豆のあんこは冷凍しておいたもの。くるみもあんこも適当に目分量でポンポン入れて。
仕上げ発酵中ニコと遊んでいたら、すっかりパンの存在を忘れていて、膨らみすぎました。
せっかく切れ目を入れたのにくっ付いてる・・・


c0161459_6192528.jpg

ほんのり甘くてくるみが香ばしい。アルビーにはあんこが入ってるとは言わずに置いておいたら、ふた切れほど食べてありました。気に入ったよう。
farina tipo 1に全粒粉を混ぜたら、表面がパリッと、そして全体的にしっかりとした噛みごたえの生地に仕上がって私好みでした。
美味しかったのでまた仕込んでおきました。今度はくるみを亜麻の実に、きび砂糖を沖縄の黒糖に、そして緑豆あん増量。今冷蔵庫で低温発酵中です。
明日の焼き上がりが楽しみ。

[PR]
c0161459_4203653.jpg

日曜日、お友達を誘ってLunigianaの山へ。
お目当ては このパンと、アルビーの友人が切り盛りしている宿でのランチ。
晴天に恵まれて、気持ちの良い楽しい一日を過ごしました。


More
[PR]
c0161459_4511895.jpg

久しぶりに食パンを焼きました。モモの大好きなレーズン入り♪ 例の簡単レシピ本より。
このところ、ピッツァ、フォカッチャと続けていい感じに焼けて喜んでいたのですが、今回の食パンも今まで作った中では一番の出来。
↑出来立てホヤホヤを切ってしまったので、切り口がボロボロ・・・


c0161459_451502.jpg

写真を撮ろうと思ったら、自ら椅子によじ登り、「まだ熱いよ!」と言ってるのに手を出す人が(苦笑)


c0161459_452594.jpg

パン大好き星人は冷めるまで待てません!寄せる、掴む、突っつく・・・
「わかりました!切りますよ!」


c0161459_4521952.jpg

熱くて顔をしかめていたけど、そんなことにもめげずパクパク・・・
さっきおやつにビスケット食べたよね?

モモも一切れ。「もっと!」と催促されたけれど、ここまで~。
夕飯ちゃんと食べなくて喧嘩の毎日なんだから!

アツアツの焼き立てより、ちょっと落ち着いてしっとり馴染んだほうが美味しいだろうな。
明日の朝が楽しみです。

[PR]

c0161459_16192697.jpg

この本から、今日はバナナのカンパーニュを作りました。
簡単なのに美味しいので、「次はどれを作ろうかな♪」とついこの本を手に取ってしまいます。
レシピの分量だとあまりに少なくて(最近日本のレシピ本の分量の少なさをすごく感じる・・・)オーブンの電気代が勿体ないので2倍で。
バナナ中2本分ぐらい入っていて、砂糖は黒糖にしたので生地は少し茶色くなりました。


c0161459_16194270.jpg

先日キッチン用品のお店にクープを探しに行きました。カンパーニュ用のコルプ型があったのでクープもあるかなと思いナイフコーナーを見ていたのですが、ない。
お店の女性に聞いてみると「これで十分いけるわよ」と言ってこの赤い柄の小型ナイフを見せてくれました。
スイス製、3ユーロ。野菜の皮をむいたりするのに使う、いわゆる普段使いのナイフ。
このお店では店内で料理教室も行っていて、パン講座のときにこれで切り込みを入れて問題なかったということでした。
値段がお手頃だし、こういうのが一つあると便利そうなので買うことにしました。次は是非コルプ型を!
本に、「刃を少し寝かせて切るのがコツ」と書いてあったのにすっかり忘れていて、まっすぐ立てて浅く切り込みを入れてしまいました。もっとパックリ開いたほうがかっこいいのかな。
次回はこのコツ+「よりパリッと焼くテクニック」も忘れずに作ってみよう。
今日はお迎えの時間が迫ってしまって最後の方バタバタしてしまいました。パンは時間と気持ちの余裕がないとうまく焼けませんね。


c0161459_1620191.jpg

お迎えから帰ってきたらすぐにおやつタイム。
外はパリッとまではいかなかったけど、中はしっとりふんわりしていました。
最初の一切れは蜂蜜をつけて。もう一切れは何もつけずに。熟したバナナがたっぷり入っているおかげでそのままでも甘くて美味しい!
パンを食べていると透かさずやってくるニコにもあげましたよ。甘くて美味しかったんでしょうね、いつも以上の食いつきでした。
あとは明日の朝のお楽しみです。もう一つはいつかのお楽しみのために冷凍庫へ。

ナイフも買ったことだし、次はバゲットだな。

[PR]
c0161459_22312258.jpg

フォカッチャを作った時に飲んだギネスのあまりを入れて作ったパン。
本では小さめの四角いパンにクープで切り込みを入れていますが、2倍の量で2等分してこんな風にシンプルに丸めて焼いてみました。これはこれでいい感じ。
夜、モモニコが寝静まってから焼きました。部屋にいい香りが充満~。
焼き立てを食べたかったけど、朝まで我慢・・・


c0161459_22314239.jpg

翌朝、早速切って写真を。ほんのりギネスの香りが漂ってきます。

この日は珍しくアルビーのいない休日でした。天気はまずまず。私一人だったら家にいても全然OKだけど、二人のために公園ぐらいは行こうかな・・・なんて朝から考えていました。
で、「パニーノだけ持っていつもの公園で外ランチするのはどうかな・・・うん、そうしよう!」と決めたのがam.11:30。モモに言ったら大賛成だったので、急いで準備をしました。
冷蔵庫にあったモルタデッラとトマトを常備しているパンに挟み、薄くスライスした黒ビールのパンには蜂蜜と、私の分には大豆バターを塗って。
それから急いで子供二人の身支度と着替えなどの準備、自分の身支度。結局家を出発したのは12:30になってしまいました。
目的地までは徒歩30分ほど。しかもベビーカー+モモがいたので着いた時には1時を過ぎていました。
一生懸命歩いていたモモ、「おなかすいたー」と何度言ったことか。


c0161459_2231568.jpg

この公園、そこらへんにイスやらテーブルやら置いてあって、みんな適当に持ってきて使っています。
なので私たちもイスを二つ持ってきて、ベンチをテーブル代わりにランチを広げました。


c0161459_22321858.jpg

早速、「いただきまーす!」


c0161459_22323345.jpg

まずはニコに離乳食をあげないと!いつもはもっと早い時間に食べるのに・・・ごめんね~。
食後はこの笑顔。


c0161459_232670.jpg

モモは食べ終わると一瞬も休まずに遊び始めます。
ニコも、ベンチでちょっと休憩しつつ遊びました。


c0161459_22325057.jpg

ブランコでツーショット。
まだ少ししか遊んでないけれど雲行きが怪しくなってきたので、スーパーに寄って帰りました。

往復1時間以上+スーパーでの買い物・・・疲れましたー。
でも、こんな風にちょっとしたパニーノだけでも、外で食べると楽しいものです。

[PR]
by momo_capricci | 2012-10-15 23:15 | 日々 | Comments(6)
c0161459_16562115.jpg

昨日の夜は、具を挟んだフォカッチャ、focaccia farcita でした。
水曜日の夜はピッツェリアに行くか、テイクアウトして家で食べるか、が多い我が家です。
アルビーが「夜はピッツァ買ってこようか」と言っていたのですが、先日この本を見て作ったフォカッチャがとても美味しかったので、いつもテイクアウトするフォカッチャを真似して作ってみることにしました。

具はこんな感じ↓


More
[PR]