タグ:フライト ( 4 ) タグの人気記事

日本に来てから早2週間!
友人・親戚と会ったり、小旅行、小児科、パスポート申請などなど毎日なんだかんだ予定が入っていて、一日中家にいたのは今日を含め2日間だけという、私にしてはかなりハードなスケジュール。日本を満喫しています。
でもさすがにみんな疲れ気味で、昨日モモは夕方から寝入ってしまい食事もせずに14時間爆睡!ニコも、こちらに来てからはほぼ毎晩、一晩中寝るようになりました。


心配していたフライトは、二人が同時に5時間ほど眠ってくれたこともあって、思っていたよりも大変ではありませんでした。
ただ飛行機の出発が、機材調整のため1時間半も遅れたので、そのせいで余計に疲れてしまった感じでした。
搭乗開始時刻30分前から並び始めた(子供がいても優先してくれたかった経験が何度もあったので)のに時刻になっても放ったらかし。職員も、機内からの情報が全く入ってこないので遅れの理由がわからずイライラ。だいぶ経ってからようやく出発時刻変更のアナウンスが入ったのだけれど、その時刻になっても一向に搭乗は始まらず(さすがアリタリア。もうアナウンスすらする気ナシの職員たち・・・)、結局離陸したのは予定の約1時間半後でした。待っている間、モモは「疲れた~」と地べたに座り始めるし、ニコはおなかすいて泣き始めるし。。
周りにいた日本人のおばさんたちや一人旅の若者と楽しくお喋りできたりして、それはそれで楽しかったけど・・・
でも、6時起床、3時間半の車での移動、チェックインしたあとのニコのお食事タイムやオムツ替え、セキュリティ(ベビーカーたたまなきゃならなかったり結構大変)などで既に体力を消耗していたのでこの遅れは結構辛かった(泣)
で、一歩飛行機に入ったら・・・
CAさんたちがとーーーっても親切&フレンドリーで、感動すらしてしまいました。こんなの初めて!イタリア人の子供好きは私もよく知っているけれど、CAさんのほうからいろいろ声をかけてくれたり、横を通るたび子供の様子を笑顔で見守ってくれたり。そういう方たちばかりだったので、本当に快適なフライトでした。飛行機降りるときこんなに気分がよかったこと今までなかった。しかも、私たち一番最後に降りたのでスーツケースの受け取りも一番最後だったのですが、ベビーカーとカートとで困っていた私を、仕事を終えて降りてきたCAさんが手伝ってくれました。本当にありがとう~!!アリタリアもやるねぇ!帰りも是非彼らにお願いしたいくらい~。

ということで、無事出口で両親と再会できました。


ニコはどこに行ってもご機嫌でおとなしく、よく食べよく寝て、とっても手のかからない子です。その代わりモモがより一層我儘になってしまいかなり手を焼いています。何かにつけて、わざと私の言うことと反対のことをするんです。あったまに来ちゃう!私以外みんな甘いからな~。


あっという間に滞在期間の半分近くが過ぎてしまいました。まだ予定は盛りだくさんなので、体壊さないよう楽しみたいと思います。
来週は待ちに待ったTDL!モモがどれだけ我儘っぷりを発揮するか、今から恐ろしいですが・・・
でも私も久々のTDL、かなり楽しみです。


そうそう、カメラの調子が悪く、たまに電源入らなかったりするんです~。
弟夫婦と行ったズーラシア、写真ナシ(泣)
でも翌日は電源入ったりして、一体どうなっているのやら。修理出したほうがいいのかなぁ。出すなら早くしないとね。。


日本滞在記、続きます。

[PR]
by momo_capricci | 2012-05-24 23:26 | 日本 | Comments(16)
3月末からこちらに滞在中の母が、明日帰国予定です。

ところが、皆さんもご存知だと思いますが、アイスランドの火山噴火の影響でヨーロッパ各国の空港が閉鎖しほとんどのフライトがキャンセルとなっています。
このニュースを知ってから、毎日何度も利用航空会社のHPと睨めっこ。日本のコールセンターは土日休みだったので、今朝(19日)やっと問い合わせできました。20回以上かけたうえ(国際電話だからかなかなか上手くいかない)に、繋がったと思ったら音声案内で更に15分以上待たされようやく!結局、その便が欠航になるかどうかはHPで確かめるようにとのことで、またHPと睨めっこ。でも全部英語なんです~(泣)。辞書片手に必死に訳していますが、難しい・・・。こういう大事なことを、何故日本のHPに和訳して載せてくれないのか!不親切!!

今現在の最新情報によると、母が乗る予定の便フィレンツェ→チューリッヒは欠航。でもチューリッヒ→成田は欠航とはなっていません。
明日(20日)の10時からフライトを再開させるとかで、母のチケットはちょうどその狭間にあるのです。。
欠航便の分はチケットを無料で再予約できるようだけど(←私のこの解釈合ってるか不安。。)、もし予定通り飛行機が飛ぶのに乗れない場合どうなるの???新たなチケットは自腹で購入??
きっと今再予約したい人がたくさんいるだろうから、チケット取るのも大変そう。取れたとしても、相当先になってしまうだろう・・・とか色々考えてしまいます。
「いつまでもこっちにいる訳にはいかない」と、不安&不満を口にしている母を横に、私も一日中このことが頭から離れません。

でも、空港で足止めされてしまった人たちもいるのだから、ここに居ることが出来る母は運がよかった、不幸中の幸いです。泊まる所や食事の心配がいらないし、ネットも電話も使いたい時に使える。空港やホテルでなかなか情報も得られず不安な時間を過ごしている人たちのことを思うと気の毒でなりません。

日本時間の9時にコールセンターが開くので、母のチケットがどうなるのか問い合わせてみようと思います。そうしないと気になって眠れそうもないので・・・。

[PR]
お久しぶりです。やっと更新する時間ができました~!

17日の夕方無事日本に到着しました。ところがその後1週間は疲れを癒す間もなくモモが午前2時前後に目を覚まし朝まで遊び続ける日々に悩まされていたんです。。去年は2~3時間遊んだら寝てくれたのに今年はひどい時なんて朝の10時まで遊んでから寝入ることもあり、一人で遊ばせておくわけにもいかないし私も母もフラフラになりながら付き合っていました。ちょうど1週間でやっと一晩中眠るようになり、ようやく生活のリズムが少し戻りました。でもイタリアでは毎日お昼寝を3時間していたのに、こちらでは1~2時間すればいいほう。ほとんどしない日もあって、睡眠不足がちょっと心配です。
でも幸い、出発ギリギリまで体調不良が続いていたとは思えないほど元気で食欲もあり、母も「具合が悪かったなんて信じられない!」と言っています。元気になってくれて本当によかった・・・またぶり返していたら、帰国したこと後悔してしまうもの。


今日はイタリア出発から日本到着までを振り返ってみようと思います。



                    無題


午後2時に車でマッサを出発、ミラノ・マルペンサ空港には休憩・給油時間を入れて3時間半ほどで着きました。モモは1時間ぐらい眠りその後退屈で泣きまくり。給油で並んでいる間外に連れ出して気を紛らわせたりしてもチャイルドシートに乗せるとまた大泣き・・・
空港には予想以上に早く到着。チェックインが既に始まっていたので早速手続きに。お友達から聞いていた、親切なJAL職員Iさんと思われる男性が上手な日本&笑顔で応対してくれてバシネットOK!隣の席も確保しておいてくれて、一番の心配ごとが解消されました。


                    無題


空港ではモモが大はしゃぎでもう大変!走り回るは何でもかんでも触りまくるはで、アルビーも私も汗だくでした。セキュリティチェックの前でアルビーとお別れ。涙もろいアルビーはやっぱり泣いてしまい私ももらい泣き。モモはベビーカーに乗せられたことが不満で機嫌悪くバッボにバイバイもしませんでした。
ずらりと並ぶ列でギャーギャー騒いでいるのを見兼ねて職員がやってきて先に通るよう言ってくれました。やれやれ・・・。去年チューリッヒで乗り換えた時は騒いでなくても子連れは優先してくれたのにな。
ぐずぐず言うので仕方なくおもちゃを買いゲートへ。そこでもおとなしくしているはずもなく、しかも搭乗時間が遅れたりして私はもう既にクタクタでした。子連れを優先して一番に搭乗させてくれたものの席でもまた大騒ぎ。離陸時ももちろんじっとしていられなくて私の膝でもがき叫ぶ。私たちの席の周りは中国人ばかりだったので挨拶をしなかったけれど、迷惑がっている様子もなかったので安心しました。
間もなく食事が始まり、予約しておいたベビーミールをモモにあげてみるとお気に召さない様子。味見してみると驚くほど味が濃く、おいしくなかったので、付いていたビスケット(イタリアのパヴェジーニ)だけあげました。出発前に食事をさせておいてよかった!私も一応チキンカレーをもらったけど今まで食べた機内食の中で一番まずかったかも。。SWISSは出発直後にスナックと飲み物、食事の合間にアイスクリームが出たし、おもちゃも言わなくても数種類持ってきてくれて(しかも可愛い!)サービスよかったので、それと比べるとかなりお粗末な感じでした。初めてのJALに結構期待していたのでガッカリ。
モモが寝るかどうか、これもかなり心配だったのですが、夜便にして正解!イタリア時間の深夜0時になるとさすがにもう我慢できなくなったようで、バシネットを用意してもらったころには私の膝の上で寝ていました。何回か泣いたり目を開けたりしたけれど結局私が到着1時間前に起こすまで8時間以上バシネットの中にいました。狭くて寝返りもできないほどだったのにこんなに寝てくれるなんて!
着陸前機長から「18個あるタイヤのうちの一つに不具合が見つかったので地上の整備士が目視で確認するため低空飛行します。その後OKが出たら着陸体勢に入ります。」とアナウンスが入り、18個のうちのひとつぐらいなくても平気じゃないの?なんて思っていたら、CAさんが「私たちはこういうときのために日頃から訓練を積んでいるので心配しないでください」と力説、それを聞いていたら逆に心配になってしまいました。抱っこを嫌がるモモを必死で抑えつけているうちに確認も終わりOKサインが出たようで無事着陸、長い長いフライトが終わりました。
スーツケースを取るのに悪戦苦闘し、やっと出口で両親と再会。あぁ~~、やっと終わった!


                    無題


ノンナ(おばあちゃん)に抱っこされてちょっと照れくさそうなモモ。人見知りもせずすぐに馴染んでいました。
実家に着いて、さぁゆっくりしよう!って訳にもいかないのが悲しいところ。眠れない日が続くんですね~。
それはまた次回の記事で・・・

[PR]
by momo_capricci | 2009-09-29 01:03 | 日本 | Comments(26)
c0161459_620349.jpg


モモと母と3人で成田を発ち、また長旅が始まりました。
祝日だったこの日、飛行機はガラ空き。運よく私たちは1列を独占させてもらえました。
2か月ちょっとでモモはさらに大きく成長し、予約しておいたバシネットはギリギリといった感じ。動き回りたくてしょうがないモモをシートに座らせたり、床で遊ばせたり(途中、危険なので、と注意されました。。)、バシネットに乗せてみたりとこちらはもう休む間もないほどでしたが、行きに比べたら雲泥の差。4~5回眠ってくれたし、自分がトイレや食事をしたい時には母が見てくれていたので、心にゆとりを持ったまま過ごせました。
でも、12時間以上のフライトはやっぱり疲れますね、ホントに。
乗り換えのチューリッヒでは移動・歯磨き・オムツ替えを交代でしているうちに時間が過ぎ、あっという間に搭乗時間。
-4℃という寒さの中バスに乗り込み、飛行機の元に着いたと思ったら皆すごい勢いで我先にと中に入ってしまい、ベビーカーをたたんでいた私は放置されたまま一人ポツン。。その上バックパック、旅行カバンにもう一つバックを持っていたのに、CAさんすら降りて来てくれません。「誰か手伝おうって気はないわけ?!(怒)」どうしてよいかわからずにいると、バスの運転手さんが見かねて手伝ってくれました。行きもそうだったけど、意外と皆さん冷たいものです。。
フィレンツェ行きの飛行機は満員。皆乗り込んでさぁ出発と思ったら、機体に霜が降りたとか何とかで40分の遅れ。モモは大泣きするし、人の熱気で機内はサウナ状態だし、もうウンザリ!
それでも無事少しの遅れでフィレンツェに到着、荷物も全部出てきたのでホッとしました。
空港にはアルビーと知人がお出迎えに来てくれていましたが、モモはベビーカーで死んだように頭をがっくりと下に倒して爆睡でした。
そんな状態だったにも関わらずアルビー、モモを見て「全て変わった!」と。こんなに爆睡してるのに何でわかるの??
3つのスーツケースとバックパック、旅行カバン、ベビーカーなど車に何とか詰め家路に着きました。
実家出発から22時間、長い長い子連れ旅が終りました・・・


More
[PR]
by momo_capricci | 2009-01-21 07:35 | 日々 | Comments(0)