c0161459_23173401.jpg

念願の自家製味噌を仕込みました。2月中にやりたかったのだけど材料がなかなか揃わなかったりで、とうとう3月も後半に突入・・・上手くいってるかはわからないけれど、一応無事終了。
初めてだったのでネットで調べてみたら、結構気軽な感じで作ってる人もいて、道具とか保存容器とか家にあるもので出来るんだな~ということで、気が楽になりました。BIOの大豆とシチリアの自然塩、日本から送ってもらった乾燥麹を使い、高山なおみさんのレシピで作りました。
写真は、茹でた大豆を潰し終わったところ。



c0161459_23174468.jpg

出来上がり2kg分。家にあったIKEAの保存容器を使ってみました。中に見える四角い物は真空パックの米(笑)重石代わりです。風通しがよい涼しいところに置く、とあるけれど、そんな場所うちにないな。どこに置こう・・・
カビが生えませんように!出来上がりが楽しみです。
暖かくなる前に、残った麹で甘酒を作ってみたいな。




[PR]
c0161459_05531872.jpg

今夜はお寿司!ちらし寿司ではなく、今日は張り切って巻き寿司を作りました。
子供用のハム&卵の細巻き以外にはなるべく野菜を多く入れて、エビフライ巻、レインボー巻、野菜巻きに。サーモンのカルパッチョ(薄切り)が残ったので2枚重ねにして、少しだけ余った酢飯で握りにしてみました。サーモンはここ数年ほぼ食卓に上らなくなった食品なのですが(アラスカ産スモークサーモンはたま~に)、今日は特別。あとキャベツのお味噌汁と余った野菜のサラダ。
時間があまりなくて盛り付けがいい加減だけど(いつもこのパターン・泣)、今日の酢飯は加減がちょうど良くて美味しくできました。
試してみたくて、今日初めて冷凍のエビフライを買いました。単品で食べるとぺちゃぺちゃで美味しくないけど(オーブンで加熱)こうして野菜と一緒に巻いたら結構いける。アルビーには前もって「今日はこのエビフライを試してみるけど、食べたくなかったら食べなくていいから」と念を押しときました(苦笑)でも食べていて、しかもこれが一番気に入ったのだと!野菜とフライのバランスがよかったのかも。
にんじん・大根(塩もみ)・ズッキーニを巻いた野菜巻きもなかなか良くて、他の野菜でも試してみたくなりました。モモにも好評。

本日の主役モモは、ニコが残したお寿司も食べて、とても満足そうでした。あ~よかった!
今夜は久しぶりにお腹いっぱいお寿司を食べて私も満足です^ ^




[PR]
c0161459_06460226.jpg

今日は嬉しいことに、yukoちゃんとPくんがうちに遊びに来てくれました!
妊娠も後期に入ったyukoちゃん。ここまで来てもらうのはちょっと心配だったけど、とても元気そうで、いつもの笑顔にひと安心。Pくんとは夏以来だったので、久しぶりの再会!すっかり少年っぽくなり、2歳直前ということで自己主張もしっかりするようになっていて、男の子らしく成長していました。でもやっぱり可愛い~。お気に入りのおもちゃをいつも傍に置いておく姿とか、プラレールの電車を見て「コワ・・・」と後ずさりしちゃうところとか、たまりません(笑)



c0161459_06461662.jpg

モモニコとも結構一緒に遊んでいて、こんな3人での姿がとても微笑ましかったです。Pくんが手に持っているのは小鳥のおもちゃ。相当気に入ったようで、ごはんを食べさせたりしてました^ ^



c0161459_06463227.jpg

実はこの前の帰国の際に重箱を買ってきていたので、今回yukoちゃんが遊びに来てくれるということで有り合わせのものでお節もどきを作ってみました。和弁当と呼んだ方がしっくりくるかも。やはり和食は作り慣れてないだけに数品作るだけでも時間ばかり過ぎてしまって、これでいっぱいいっぱいでした。なんとタイミングよく、yukoちゃんが昆布巻きとさつま揚げ(写真右下・美味♪)を作ってきてくれたので、私的には言うことなし!
モモがお重と中の盛り付けを見てすごく喜んでいて、やっぱり女の子だな~と思いました。ニコは、嬉しそうに誰よりも先に箸を延ばしていると思ったら、好物のゆかりおにぎりをせっせと自分のお皿に何個ものせていってたので笑えました。結局ニコがゆかりおにぎりをほぼ一人で食べきってました;
テーブルの向こうに見えるのはPくんの姿!初めはごはんより遊ぶほうに夢中だったけど、煮物やおにぎりを食べてもらえました♡自分の子供以外に手料理を食べてもらえるのって何だかすごく嬉しい。

子供たちがよく遊んでくれてたのでyukoちゃんともゆっくりお喋りができて、とてもいい時間でした。
子供と親と両方気が合って楽しく過ごせることってなかなか難しかったりするので、私にとっては大切な存在。頻繁には会えないけれど、こうしてお互いに行き来したり、中間地点でお茶をしたり。そんな友達をこのイタリアで作ることができて、感謝です。




[PR]
by momo_capricci | 2016-01-05 08:03 | 日々 | Comments(2)
c0161459_20223691.jpg


土曜日アルビーの昔からの友人Cに、お寿司のプライベートレッスンをしました。仕事ではないです!
だいぶ前から「教えて~!」と言われていたのだけど、忙しい彼女。やっと時間ができ実現しました。
彼女自身お寿司が大好きで割と頻繁に食べに行ったりスーパーで買ったりしているそうなのですが、最近は中学生の息子Mも好きになりよくおねだりされるそう。だから自分で作りたい熱も急上昇!張り切ってやってきました。

食材を調達しに行った日、「Mが好きなお寿司には茶色のパラパラしたものがトッピングされているんだけど、アレ何?」と聞かれました。
「???」
後日そのお寿司を売っているスーパーにチェックしに行ったら、揚げた玉ねぎでした。。そこは実演販売していて、お寿司も他のスーパーに比べると美味しいのだそう。(私は買ったことないけど、見た感じもまあまあ美味しそうにできてる)そういうこともあってそこのスタッフが日本人だと思っているイタリア人が結構いるのです。初めはアルビーでさえ「日本人だよ」なんて言っていたんだけど、私からすればどうみても中国人。この揚げ玉ねぎもそうだけど、のり巻きの天ぷらなんてやってるお店もあるらしく、やたら揚げ物にしたがる人たち・・・それを美味しいと言って食べるイタリア人・・・複雑な気持ちです(苦笑)


c0161459_20225344.jpg

意外とせっかちなCにお米の研ぎ方、炊き方、寿司酢の混ぜ方、エビの下準備など細かい作業を教えるのは気が引けるところも正直あったのだけれど、「とにかくお米の炊き加減が一番大事!!」ということはよく伝わったようです。のり巻きを上手に巻けたときの彼女の喜びようと言ったら、私も心から嬉しくなりました。にぎりも楽しそうに。Bravissima!!

夕食にはお互いの家族+友人一人の計8人が集まり賑やかな楽しいひと時でした。
この日は朝獲れたばかりのコウイカがあり、それもにぎりに~♪何年ぶりかの生イカ、メチャクチャ美味しかった~!!エビや魚の天ぷら、野菜かき揚げ、イワシの南蛮漬けも喜んでもらえました。
上の写真を見ると、にぎりや天ぷらの盛り付け方がイタリア人だな~と思わずクスッとしてしまう。
皆に美味しく食べてもらえたことも勿論嬉しかったけれど、Cのストレートな感情表現に私自身が一番幸せな気分にさせてもらえたような気がします。
とても充実した一日でした。



[PR]
c0161459_06301381.jpg

今日は、昨日豆乳と共にできたおからを煮ました。たまに日本から送ってもらうおからパウダーで手軽に作っていたので、生のおからと作り方の違いがあるのかな?と思い一応レシピ検索。それで、久々に『卯の花』という文字を見てハッとしました。こういう呼び方をするってこと、すっかり忘れてた!最近この手のことが多く、自分の記憶力のなさと日本との距離を思い知らされます。。
大豆を撹拌するのにミキサーではなくハンドブレンダーでやってみたのですが、ちゃんとおからになっていました。撹拌する時間は少しかかるけど、ミキサーより手軽にできるところが◎。
野菜とひじきで具だくさんの卯の花がたくさん、嬉しいな~♪子供の頃は嫌いだったのにいつからか大好物になりました。
モモにもこの美味しさがわかる日が来るのかな。
そんな日を夢見て、これからも和食のレパートリー増やしていきたいです。




[PR]
c0161459_06430778.jpg

最後に日本に帰ったのは2年半ほど前。日本欠乏症になってます。。
たまに和食も作るけど、あまり美味しいと感じません。一人暮らしをしてたとき自炊していたとはいえきちんとした和食ってほとんど作ることがなかったし、やっぱり外国で完璧な和食を作るのはなかなか難しい。。
でもこのところちょっとやる気があって、今日は豆乳作りに初挑戦してみました。
思っていたより簡単で、こんなの事ならもっと早くやってみればよかった!
前もって大豆を水に浸けておけば、豆乳とおからが30~40分ぐらいでできてしまいます。
豆乳は水が多すぎて薄くなってしまったので、次回への課題に。


c0161459_06434179.jpg

数日前に白菜を手に入れてから、どうしても食べたくなってしまった豆乳鍋。せっかくだから美味しいものを作りたくて、昆布とかつおでいつもよりしっかりめの出汁をとり、手羽先も加えました。おかげで美味しいスープになりました!


c0161459_06435413.jpg

パスタ皿じゃ味気ないけど・・・誰も食べてくれない手羽先、私がたくさんいただきました。美味しいのにね。子供にはうどんを入れて。あ~、出汁がうまい♪



c0161459_06432554.jpg

豆乳が薄すぎて上手くいかなかった出来そこないざる豆腐。豆腐の食感ではなかったな。固まらないのでにがりをどんどん加えていったら苦みが残ってしまった。。

たまに豆乳を買うことがあるのですが、薄いうえに香料が入っていたりするので好きになれません。1カップの大豆からこんなに豆乳とおからができるなら、これからはどんどん豆乳作りしていきたいです。




[PR]
c0161459_685613.jpg

今日の夕飯は、白いごはんに明太子と野沢菜~~~!!!

日本から戻ってきたばかりのお友達の家にお願いしていたものを受け取りに行ったら、色々なお土産をいただいてしまいました!しかも、私たちが日頃飢えている↑生ものまで~!
「明太子持って行って~!」って言われた時は一瞬気を失うかと思いました(笑)最後に食べたのいつだっけ?!
モモは今日明太子デビューしました。辛いの弱いからダメかな~と思ったのですが味見させてみたら「好き♪」と!言わなきゃよかったな~(苦笑)
子供には作っておいた青菜ふりかけに、これまたいただいたしらすを混ぜて食べさせました。二人とも気がついてないっぽいけど・・・いい食べっぷりでした!

貴重なものを、本当に本当にありがとう!!
まだ数日は楽しめそうなので、至福のひと時続きます。


More
[PR]
c0161459_5545798.jpg

この方のブログを読んで無性に食べたくなった天ぷら。
今日はお昼から気合い入れてせっせと揚げました!
有り合わせの野菜で。ペペロンチーニ・ドルチ(しし唐のようなもの)、ズッキーニ&紫玉ねぎ、ズッキーニ&大豆、紫蘇。
ズッキーニ&大豆は、玉ねぎやペペロンチーノを嫌がるモモのために初めて作ってみたのですが、とても美味しかったのでもっと作ればよかった~!と後悔しました。

つゆはこちらが簡単で美味しくて気に入っています。日持ちするのも嬉しい。今日はみりんがなかったのでその分酒を増やし砂糖を加えましたがそれでも十分美味しかったです。

衣はこちら。さっくり混ぜるのではなく、滑らかになるまでしっかりと混ぜる、というこの衣。軽くサクッと揚がって、紫蘇も初めてカラッと揚げることができました。

実家ではざるそばやそうめんを大きめのざるに家族全員分盛って各自じか箸で取りながら食べていました。うちもそのやり方で。
アルビーもモモも、蕎麦が大好き。3人で300g+天ぷらでかなりのボリュームだと思っていたのですが、争うように蕎麦も天ぷらも見る間になくなりました。
あ~、美味しかった!満足。
頑張って天ぷら揚げてよかった。

[PR]
c0161459_582144.jpg

今日はメルカートで新鮮なアジを1kg買ってきました。全部で8尾。この量で5ユーロは家計に優しい!
前から、魚を上手にさばけるようになりたい、と思っていました。でもいつも手抜きして、鮭の切り身や鯛の丸ごとをワインで蒸すだけ、という料理(と言えるのか・・・)ばかり。
最近は意識して魚料理を増やし、さばく練習をしています。今のところ試したのはアジ、サバ、鯛。この中ではやはりアジが扱いやすいですね。
出刃包丁を使っていたのですが、あまり上手くいかず・・・YouTubeで色々見ているうちに、アジなら普通の包丁でもいけると知り、今日はいつもの包丁で。いくつかのさばき方を試してみて自分にあったものを見つけました。前回よりも断然上手くいった!だいぶコツをつかんできたみたい。まだまだ出来にむらがあるけど、一連の流れも身についてきた感じ。


c0161459_583619.jpg

今晩のメニューは、なめろうとアジフライ。とりあえずすべて三枚におろし、小ぶりのものは叩いてねぎと味噌を混ぜて(生姜が冷蔵庫で干からびてた・泣)、大ぶりのものはフライにしました。
アジフライなんて、日本にいたときは好んで食べなかったけど、前にお友達が「新鮮なアジを見つけたからフライにしたんだ。美味しかった~!」と言っていたのがずっと頭にあって。自分で作ったのは初めてです。アルビーにも突っ込まれたんだけど、揚げ時間が長すぎてアジが痩せてパサついてしまったのが残念でした。新鮮だからささっと揚げるだけでよかったんだ。
でも最近魚を食べなくなってしまったモモが、「私、このお魚好きよ」と言って一つ食べていたので、それは大収穫!やっぱり、工夫したり手間をかけたりすると食べるんだな。わかっていてもなかなかできない。。
ニコは今のところ肉でも魚でも何でも来い!なので、「早くくれ!」とすっごい催促をしつつパクパク食べていました。
そうそう、イタリアでは生で食べる魚は菌を殺すために一度冷凍しなければならないという決まりがあるそうです。解凍した魚はもちろん水っぽく、味も落ちる。。日本人の感覚からすると、そんなことするぐらいなら生で食べなくていいよね、と思ってしまう。
そういうことがあって、例え新鮮でもアルビーは生を食べたがらないのだけれど、今日のなめろうは食べていました。

和食って手間がかかるなと改めて実感。朝ごはんに子供や旦那さんのお弁当、そしてお昼、夕食と全部手作りしている日本のお母さんたち、尊敬します。
魚料理のレパートリー増やせるように、ぼちぼち頑張ろう。

[PR]
昨日はなんとかやる気を奮い起こして和食を用意しました。
お正月の料理と言って私が一番に思い出すのは母の煮物。子供の時からおせち料理ってあまり魅力を感じなくて、楽しみと言ったら母がたくさん作る煮物とお雑煮ぐらいだったかな。
こちらでは年に数回しか作らない煮物ですが、やっぱりこの時期食べたくなるものです。
先日、日本の食材を買いに行くお店にいつもより新鮮な里芋があったので買っておきました。人参やいんげんなどの野菜と、冷蔵庫にあった七面鳥の肉(うちは鶏肉よりこちらを買うことが多い)を入れて久々に作りました。
この里芋、粘りが強くてとても美味しいんです。ニコに初めて食べさせてみたら、まぁ食べること!混ぜごはんと煮物の人参・大根と、大きいお芋一つ分は食べました。それでもまだ催促されたぐらい大好きなようです。
昨日はこのほかに、ほぐした鯛と cime di rapa を刻んだもの、白ごまを混ぜたごはん、ブロッコリーの味噌マヨ和えでした。全然大晦日っぽくなく普通のごはんでしたが満足。

そして今日の夕飯はこんな感じ。

c0161459_793789.jpg

またまた普通の晩ごはん(笑)
昨日の煮物と、紅白なます、鮭の味噌漬け、菜めし。
モモも煮物が気に入ったようなのでこれからはもっと頻繁に作ろう。
紅白なますは、常備している寿司酢を混ぜただけ。こういうもの、子供の時は嫌いだったけど、今は大好き。モモが「これ好きよ!シャキシャキしてて」と言って食べていたのが意外だった。
鮭の味噌漬けは有元葉子さんのレシピで、味噌とメープルシロップを混ぜて鮭に塗り一晩おいたものを、クッキングシートを敷いたフライパンで焼いたもの。これがとっても美味で、日本の味~♪と、ごはんが進みました。最近魚を嫌がるモモにも大好評。

ということで、今日はモモ、珍しく完食でした!このところ好き嫌いが激しく毎晩のように喧嘩なので、全部食べてくれると本当に嬉しい。
毎日自分で料理をして家族に食べさせているけれど、例えばこの鮭のように、ひと手間かけて作ったものは美味しいって子供にもわかるんだな。
「私、お味噌汁も欲しかった~」なんて言われてしまったので、これからもう少しお料理頑張ろうと思います。

手料理の大切さを感じた元旦の食卓でした。

明日はアルビーの誕生日。和食が続いたし、やっぱりイタリアンだよなぁ・・・まだメニューは決まってないけれど、久しぶりにシフォンケーキ作ってみようかと思ってます。

[PR]