タグ:成長記録 ( 67 ) タグの人気記事

c0161459_5353362.jpg


水曜日から幼稚園が始まりました。

月曜日に説明会があったので家族3人揃って行ってきたのですが、同じ保育園だった女の子2人も来ていて久々の再会にモモは大はしゃぎ。説明会の間3人で並んで座って小声でおしゃべりしたり、同じポーズを取って遊んだり。そのうち飽きて外に遊びに出てしまったので、アルビーに説明を聞いていてもらって私も外に出ました。
離れたところから見守っていたのですが、慣れない遊具のためモモがいきなり滑り台から落ちて泣き出してしまいました。ビックリして思わず走り寄ってしまったのですが、腕にちょっとミミズ腫れが出来たぐらいで大したことありませんでした。あ~、よかった。
説明会が終わってからもお友達と遊び続け、「帰るよ!」と言っても知らん顔。結局無理やり外に出させる感じになってしまい泣きながら幼稚園を後にしました。幼稚園にいた1時間ちょっとの間に3回も泣きました。。
この日初めて準備しなければならないもののリストを受け取り、お友達から聞いてはいたもののその多さに驚きました。ティッシュ、プラスチックのコップ、ハンドソープ、お絵かき用の紙、ペン、クレヨン、絵具など。これらはみんなで共同で使うもの。市から予算が下りてこないのでこういったものも親が用意して持って行くのです。もっと早く教えてくれていたら、セールの時に用意できたのに・・・。その他に、名前入りのスモック、タオル、前掛け、巾着袋。こちらは前もって買っておいて名前を刺繍しました(まだ全部出来ていないけど)。

そして初日。まだ持ち物の用意が出来ていなかったし、この日は1時間ぐらいで終わりと聞いていたのでモモに普段着を着せ何も持たずに(しかもカメラの事もすっかり忘れてたし・汗)お散歩気分で幼稚園への道を歩いていたら、スモックを着てリュックを背負っている子供たちが続々やってくるではありませんか!ご機嫌で歩いていたモモの表情が変わってしまいました・・・保育園ではスモックは食事や汚れるような遊びをする時以外来ていなかったので、家から着込んで行くなんて全く思ってもいませんでした。でもこれってイタリア人にとってはきっと、いちいち言うまでもない暗黙の了解みたいなものなのでしょうね。持ち物に”リュックサック”なんて一言も書いていなかったし!モモに可哀想なことしてしまいました。すぐに、「明日はグレンビューレ(スモック)とリュックサックで来ようね!」と約束しました。
それでも教室に入っておもちゃで遊びだしたら楽しくなってきたようで、笑顔が戻りホッとしました。


c0161459_535154.jpg

2日目の朝。用意しておいたグレンビューレとリュックを身に付けルンルンのモモ。私も張り切ってカメラを構えました。この写真は出発前。
1枚目の写真は幼稚園到着のとき。家からモモとゆっくり歩いても10分ちょっとなので楽ちんです。朝はまだ涼しいし、天気もいいし、清々しい気分。


c0161459_535518.jpg

ところが教室に入った途端、お友達がまだ来ていなかったので表情が曇りました。公園でも海でもすぐに子供たちの中に入っていくモモですが、やっぱり慣れない雰囲気にちょっと戸惑っていました。クラスには4才と5才子もいて、仲良しグループでかたまってお絵かきしていたりするのです。それでも一人で遊び始めたので私は出て行くことにしました。一旦家に戻り、1時間半後に迎えに行ったらすっかり馴染んで遊んでいました。
帰り際先生が、「Aくん(同じ保育園だった子)とずっと一緒に遊びたがっていたのですが、他の子たちとも遊べるように彼からちょっと離しました」と言っていました。まだ新しいお友達とはあまり遊んでいないよう。でもまだ2日目だからね。ゆっくりゆっくりね。


c0161459_536929.jpg

帰り道、「幼稚園楽しかった?」と聞いたら、迷わず「うん!」という答えが返ってきて安心しました。
3日目も教室に入った時は何となくモジモジしていましたが、迎えに行った時には元気よく先生に話しかけていました。
ちょっと気になるのは、最近人の言うことを聞かずに突っ走ってしまうこと。
私が教室に着いた時、先生が子供たちを整列させて外に連れ出すところだったのですが、小さい子から順に並んで2階から1階へと下りて行き建物の出入口近くまで来ると、モモが突然一人で庭の方へ走り出てしまいました。先に何か楽しいことがあると突っ走ってしまうんです。そんなモモを先生が見逃していたので、少しだけ心配な気持ちが過りました。

来週からは、12時半まで。10月からは給食が始まります。
幼稚園楽しいと言いつつも、大好きだった保育園の思い出のアルバムやDVDを未だ見続けているモモ。どんな気持ちで見ているんだろう・・・
3才ぐらいってとてもデリケートな時期なので、これからどうなっていくかと思うと親の私の方がドキドキです。

[PR]
c0161459_1105398.jpg


昨日6月30日は保育園の最終日で、先生たちがパーティーの用意をしてくれました。
保育園にはとても気持ちのよい木陰のある裏庭があって、そこにこんな風にパーティーのセッティングがされていました。
園児(1才以下の小さな子たちはいなかったような・・・)とその保護者が参加。お皿やカトラリー、飲み物、果物、ドルチェなどは分担して持ち寄り、食事は園で用意してくれました。

11時半、私たちが到着した時には既にたくさんの保護者の方たちも集まっていて、子供たちは音楽に合わせて踊ったり、乗り物で遊んだり、とても和やか。

間もなくパーティーが始まりました。


More
[PR]
早いもので、モモが生まれてもう3年です。
先週の日曜日、モモのおじさん・おばさんを呼んで誕生日パーティーをしました。

用意した料理はすべてアジアン。私の食べたいものばかり作りました(笑)。
やって来たアルビーの兄夫婦にとっては未知の味・・・普段は専ら肉食の二人ですが、野菜がたっぷり入った生春巻きを美味しいと言って食べていました。ちょっと意外。
年に1~2度こういう料理を食べるっていうのも新鮮でいいのではないかしら??
肝心のモモはというと、おじさんが持ってきたフォカッチャを食べてしまい、その後他の料理をちょこっとつまんだ程度で終了。。「何でこういう時にフォカッチャ持ってくるの?」って思ったけれど、時々モモにこうしてフォカッチャを持ってくるのが既に年金生活に入っている彼の楽しみ(まるで孫!)だから、仕方ない・・・

c0161459_5231147.jpg

いつも行くpasticceria(お菓子屋さん)で注文したケーキでtanti auguri♪しました。
ケーキの上に砂糖菓子でできたキティ柄のシートがのっています。色が毒々しくて私はちょっと引いてしまいましたが、それを外すと美味しそうなミルフィーユが出てきました。
サクサクのパイとシャンティリークリーム、いちごの組み合わせにモモも幸せそうでした。
いつもはこのおじさん・おばさんには人見知りして近づかないのに、この日はご機嫌で、本やおもちゃを持ってきては二人に見せていました。帰り際には自分から「バーチョ!」と走り寄っていったぐらい。これには二人(特におじさん)も頬が緩みっぱなしでした。


二人が帰って行ったあと、仕事の都合でお昼に来れなかったもう一人のおじさん夫婦が双子ちゃんと一緒にやってきました。

c0161459_5232798.jpg

そしてもう一度キティのシートを被せて(笑)、tanti auguri♪
勿論モモはもう一切れ!
あ、さっきもらったプレゼントのワンピースに着替えています。私はこういう色の服をあまり買わないのですが、今現在スカートやピンクに夢中のモモには大ヒット。フードまで被って、本当に嬉しそう。
その後双子ちゃんと、おもちゃの取り合いもしつつお部屋で楽しく遊んで、モモにとっては最高のお誕生日だったのではないでしょうか。


誕生日当日は、保育園にケーキとジュース(勿論100%!)を持って行き、お友達とお祝いしてもらいました。私たちは見れなかったけれど、本当に幸せいっぱいだったようです。大好きなみんなと楽しい時間を過ごしたようです。
この日私は体調がすごーく悪かったのですが、年に1度の大事な日なので、どうにかこうにかケーキを焼きました。ココアシフォンに挑戦・・・が、やっぱり失敗。全然膨らみませんでしたが、幸い空洞はできなかったので普通のスポンジケーキになりました(苦笑)。慣れないデコレーションをし、納得いくものにはなりませんでしたが、とにかく仕上げました。
そして友人と約束していたピッツェリアまでつぶれないよう大事に抱えて行きました。

c0161459_5234383.jpg

この日2回目のケーキにまた大喜びのモモでした。甘さ控えめ過ぎたからか、ケーキは残していましたが・・・
今年の誕生日はろうそくの火を何度消したでしょう??

『魔の2才児』なんて言って、結構大変なことも多かったこの1年でしたが、最近は色々なことを自分でできるようになり(おむつもようやく取れました!)、こちらの言うこともよく理解しているのでちょっと前より少し楽になったような気がします。
この秋からは幼稚園。あぁ、こうしてあっという間に大きくなっていくんだな・・・
今年もモモにとって健康で楽しく幸せな1年となりますように。

[PR]
c0161459_7344482.jpg
          オムライスガッツリ食べて大満足ー!の笑み。口の周りケチャップだらけですよ~。


先週1週間は、久々に保育園を休むこと・早退することなく過ごせました。と言っても鼻水、たまに咳・くしゃみあり。このまま元気になってほしい!

保育園での生活ですが、相変わらず毎日楽しくて仕方がないようで、毎晩ベッドに行く前バッボに「(Buona)Notte~!Domani Asilo!!(オヤスミ~!明日保育園ね!!)」と必ず言うし、土曜・日曜の朝も「アジーロ行くの!」と催促して、今日はお休みだよ、というと泣いてしまうぐらい大好きです。
たくさんのお友達の名前を覚えていて、「今日は○○ゴホンゴホンしてるからいなかった」とか「○○と一緒にボールで遊んだの~!」とか報告してくれます。
この前「モモ、カラメッラ(飴)好き~!」なんてことも言いだしました。牛乳に混ぜて飲ませているOrzo(”ミロ”みたいなもの)を見て「これチョッコラータ?(チョコレート)」って聞いてきたり・・・家ではカラメッラもチョッコラータもあげたことがないのでこれは完全に保育園で覚えてきたモノ。
実際私も現場を見ています。ある朝モモを連れて保育園に入っていくと、お友達の女の子が泣いていました。何を言っても泣きやまない様子。すると先生はポケットからおもむろにカラメッラを取り出しその子の口にポン。それを見ていたモモの口にもついでにポン!「ノー!モモにはカラメッラあげたくないんですー!!」と私が言うと、先生表情ひとつ変えず穏やかに「ほら、こんなに喜んでるわ。一つの飴をちぎって3~4人の子にあげてるんだから(これぐらい大丈夫よ)。」って・・・。そりゃー子供たちは喜ぶでしょうね、甘いもの大好きなんだから!みんなにこうしてあげているからモモにだけあげないってことは出来ないんでしょうけど、でもやめてほしい。。
きちんと歯磨きしてきたのに朝イチからカラメッラ、そしてチョコチップビスケット。11時過ぎにはお昼ごはんで、食後は歯磨きなしでお昼寝、起きたらまたビスケット・・・風邪ひいて家にいたときモモが一日中何か食べ物を欲しがっていたのは、きっとこのせいです。勿論虫歯も心配!変な習慣が身についてしまったものだ!(怒)
幸い家では欲しがらないので、保育園でだけのお楽しみ?!です。(日本ではありえないでしょー!!)
3才になったらチョコレート解禁にしようかと思っていたけど、保育園でこれだけ食べているのでわざわざ家で食べさせることもないかな、と思う今日この頃です。

風邪をひこうが吐こうがいつでも食欲旺盛なモモ(苦笑)ですが、嫌いなものもだいぶ減ってきたような気がします。最近は食べれる野菜もにんじん・いんげん・キャベツ・ブロッコリー・大根・かぼちゃ・じゃがいも・マッシュルームと増え、緑のものも少しずつ食べれるようになってきました。でも保育園でにんじんが出ると、みんなが残すからか、モモも食べないようです。「モモ、アジーロでにんじん食べないの。おいしくないから・・・」と言います。みんなが食べないから自分も、っていうのよくないなぁ。みんなが食べてるから自分も!を期待していたのに。
以前は嫌がっていたパサつきがちな鶏肉や歯ごたえのある牛肉なども食べるようになってきました。調理する方としても、あまり考えなくてもよくなったので楽になりました。
ただ、魚は前のように食べなくなってしまいました。骨には十分に気をつけているのだけれど、たまに残っていることがありそれが口に入るとその後はもう絶対に食べようとしません。これがきっかけで食べれなくなったら困るので、もっと気をつけないと。保育園でも魚を残すようなので、家ではもう少し工夫して食べれるようにしてあげようと思います。

そして、イタリア語はビックリするほどの速さで上達しています。こんなにおしゃべりだったの?!って思うぐらいバッボに話しかけていて、勿論私には日本語で話しかけてきます。その切り替えが素早くて、感心してしまうほど。でも残念なことに、私たち以外の人とは滅多に話しません(保育園を除いて)。人見知りして、「チャオ」の一言も口にしないんです。このぐらいの時期の子供にはよくあることかもしれませんけど、母親としては、せっかくお話しできるのに残念。。と思ってしまいます。
ちょっと前までモモが言っていた可愛くて笑える言葉がいくつか・・・秋に里帰りした時お魚のことを「あーたん」と言っていたのが、帰って来てからは「おさかん」に変わり、年が変わった頃には「おさかな」とちゃんと言えるようになりました。「ぎーさん」も「うさぎさん」と言えるように。
「あーたん」→「おさかん」→「おさかな」と変化していったのが面白い。
成長は嬉しいけど、そういう言葉が聞けなくなってしまい母はちょっと残念だったりします。
今は何故かテレビのことを「テレビリ」と言って笑わせてくれてます。

アルファベットに興味があって、だいぶ読めるようになりました。お散歩中に見つけたポスターや落書きを読みたがって立ち往生もしばしば。
この前お絵かきしていたときに名前の書き方を教えてみたら、『MOMO』と書けました。『M』はギザギザ、『O』は丸だから、書きやすいんですね。
日本語のあいうえおパズルはもうだいぶ前に全部一人で出来るようになりました。もう少ししたら字を書くことも教えることになると思うので、その時に役立つかな。
ハサミを使いたがるようになったので、先日一緒に持って切り方を教えました。一人でも切れるようになったのですが、モモはどうやら左利きのよう。「手が反対だよ」と言っても左手で持ちたがります。フォークやお箸も最近は左手で持つ割合が増えてきたので、左利き用のハサミを買おうかなと思い始めました。


まだつづきがあります~。


More
[PR]
今年の日本滞在のメインイベント、弟の結婚式と七五三。
イタリアに戻ってからなかなか更新する時間(とやる気)がないまま、とうとう年末になってしまいました!
もう3か月近く前の話ですけれど、年を越す前に更新しておこうと思います。



日本に到着してからの10日間、ゆっくりすることもなく結婚式の準備に落ち着かない日々でした。
ガーデンパーティーということで、天気予報と睨めっこの毎日。当日は晴れのち雨という微妙な予報でした。


c0161459_78164.jpgc0161459_781675.jpg
c0161459_783013.jpgc0161459_784471.jpg
c0161459_791368.jpgc0161459_792647.jpg


お昼から始まった親族を迎えてのパーティーはお天気も良く和やかなムードで行われました。
モモが親戚からの視線に耐えられず終始おとなしくしていたので私は大助かりでしたが、弟が以前から望んでいた「大好きな姪っ子と一緒にチャペル入場」は、そんな人見知り真っ最中の2才児には無理なお話で、リハーサルは何とかうまくいったものの本番では何かを察したのかチャペルの外で弟の手をつなぐ前にもう泣きだしていました。仕方なく断念。。
それなのに食事は誰よりもしっかりをお腹に詰め込んでいたモモ。美味しそうなお子様ランチとプリン+大人用のケーキ(大きな一切れ!)をペロリと平らげ、それでもまだ食べたいと言っていました(汗)。パティシエ・辻口博啓監修というウェディングケーキは甘さ控えめ、ふわっふわで美味!モモがもっと欲しがるのも頷けました。
パーティーが終わりに近づくにつれ元気を取り戻したモモはその後公園内を暴走→爆睡。
雨が降り出したものの、とにかく式が無事に終わりホッとして家路につきました。
皆口々に「いい式だったね」と言っていた通り、素敵なガーデンパーティーでした。
二人とも、いつまでも幸せに!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



日本滞在最後の日曜日には、モモの七五三のお祝いをしました。
私の時にも行った地元の神社で七五三詣とカメラマンによる写真撮影のセットがあるというのでそれを申込んでおきました。


c0161459_7231128.jpgc0161459_7232975.jpg
c0161459_7234617.jpgc0161459_724280.jpg


着物は母がもう2年ぐらい前から用意しておいてくれたもの。ぶっつけ本番では絶対にうまくいかないと思ったので前々から着物を目に付くところに下げておき、たまに「着てみようか?」と本人の気持ちを伺いながら試着を試みていました。
「お着物きれいね~!」と言っておだてるとその気にはなるのだけれど、着るのは別問題らしく嫌がってばかり・・・そんな時ちょうど『おかあさんといっしょ』でお姉さんが着物姿でお姫様となって登場するコーナーがあり、それを見たモモは「おきものきる~!!」とその場で即着替え。大喜びで、その後脱がせるのが大変なぐらいでした。
当日の朝は、その録画を見せる作戦で大成功!神社に着くまでとてもいい子にしていました。
ところが写真撮影のカメラマンが全く子供慣れしておらず、「そこに入っちゃダメ!」と言って撮影前からモモを泣かせてしまうという最悪なおじさん(怒)
泣きっぱなしで私にしがみついていたので仕方なく一人での撮影は諦め(それでも何とか1枚だけ撮っていたけれど出来は酷いもの)、私が抱っこし椅子に座っての撮影になりました。それも全然笑わないし、顔を背けようとするので大変でした。
そのカメラマン、大きな子供に言うみたいに真顔で「はい、笑って~」って、「まずお前が笑え!」と言ってやりたかったです。3歳児が来るのわかってておもちゃの小道具一つも持って来てないし!母と私は怒りで爆発寸前でした。だって、この日をどれだけ楽しみにしてきたことか!それに料金だってバカにならない高さ。前払いしてから撮影、後日ネットで写真を選ぶというシステムは、いい写真がなくても選ばなければならないということなんですね。ネットで見ながら再び怒りがこみ上げてきました。激しく後悔。。
上の写真は私が撮ったもの。私には満面の笑みを見せてくれたのがせめてもの救いでした。
腹が立つこともあったけど、この日は曾おばあちゃんにもモモの晴れ姿を見せてあげられたのでよかったです。

[PR]
by momo_capricci | 2010-12-24 07:56 | 日本 | Comments(6)
c0161459_228478.jpg


今月からモモが保育園に通い始めました。

人見知りもせず(と言っても最近は初対面の人、久しぶりに会う人などには初めの5分ぐらいするけれど)他の子供たちと遊ぶのが大好きなモモを、保育園に通わせたい、と去年から思っていました。
普段モモが接するのは私たち夫婦と、たまに義理兄夫婦やアルビーの友人などで、公園に行く以外は子供と遊ぶ機会がありません。アルベルトの両親は亡くなっているので、どんな時も私かアルビーと一緒。それにもう2歳半だし、同年代の子と遊ぶ時間を作ってあげたいと思っていました。
それから、モモの言葉の発達がゆっくりペースなので、そろそろお友達の中に入ってイタリア語を覚えさせてあげたほうがいいかなと思ったのです。私もアルビーも、あまり喋らない性格だからでしょうか・・・日本語もイタリア語も理解はしているけれど言葉としてはなかなか出てこないようです。

そんなこんなで、モモの保育園生活が始まりました。通園や先生・お母さんたちとの会話など、私にとっても新しいことばかりです。

月曜日、モモの通園第1日目・・・


More
[PR]
c0161459_19404932.jpg


ある日白いご飯を目の前に、「おはしで食べたい!」と騒がれたので試しに持たせてみたら、上手に食べ始めました。上手、と言っても、持ち方は間違っているし大人用のお箸しかないのですごく食べにくそうなのですが。
↑鼻に指が入ってるようにみえる、っていうか入ってる??

c0161459_19402823.jpg


それ以来、ごはんのときはお箸で。ゆで大豆なんかも一粒ずつ器用に口に運んでいきます。これにはびっくり。アルビーなんて、以前一度だけ試してみたとき上手くいかなくてそれっきりやる気ナシ。モモにはやっぱり日本人の血が流れているのね~。
もう少ししたらきちんとしたお箸の持ち方を教えたほうがいいのかなと思うのですが、実は私自身のお箸の持ち方が正しくなくて。。子供の時に直しておけばよかったな。いまさらもう無理。秋の里帰り時に母に頼もうと思います。

[PR]
c0161459_22474837.jpg


モモが2歳になった4月に知り合いからプレゼントされた20ピースパズル。
とても気に入ったようで、それからというもの毎日欠かさず3食後(自分の食事が終わると同時に「パズル~!」とせがまれる)+1~2回は遊んでいました。
初めこそは勿論全く理解できず私やアルビーがやって見せて喜ぶ程度でしたが、ひと月・ふた月・・・と日課のように繰り返すうち少しずつ自分でもやってみるようになり、絵を見て考えられるようになり、3か月半たった今では5分ほどで全て一人で完成させられるようになりました。
1ピースはめては「じょうずね~っ!」と自分で自分を褒め、そして横で感心して眺めている私をチラッと見て「どうよ」とでも言いたげな表情でニヤッ・・・その様子が面白いです。
4歳から、と書いてあるけれどこれだけ毎日やってれば2歳児でもできようになるんですね。


c0161459_22511448.jpg



初めてモモと里帰りした時に弟からもらった『ミッフィーかたちパズル あいうえお』も、「まだ7カ月なのにできるわけないじゃん。それに5歳からって書いてあるし!」なんて思ってしばらくはしまっておいたのですが、1歳過ぎて私と一緒に遊ぶようになってからどんどん覚えて1歳代後半には全部覚えてしまいました。例えば『り』のピースを手にとったら、「りーんーご!」っと言いながらきちんとりんごの絵のところにはめられます。
思わず「うちの子スゴイかも?!」なんて思ってしまいましたが、きっと毎日やってれば誰でもできるようになるのでしょう。親バカです(笑)。

まだ早いかなと思っていても何度も繰り返すことでできるようになってしまうので、危険なものでなければ早くからやらせてみるのもいいかもしれない。子供の可能性ってホント計り知れないものがあるな、と日々感じています。
9月から保育園に通えることになったモモ。周りのお友達から刺激を受けてどんどんできることが増えていくのかな。イタリア語もあっという間に覚えてしまうんだろうな。
できれば習い事なども、興味のあるものはできる限りやらせてあげたい。
私は子供の時ずっとピアノに憧れていたのだけれど、親に「やってみたい」と言ったことがなかった。きっと「ダメ」と言われるだろうと何となく思っていたので。
そういうことにならないように、子供のことをよく見ていてあげられる親になりたいです。

だいぶ話がそれましたが・・・このパズルも強引なやり方のせいでヨレヨレになってきたので新しいものを買ってあげようか考え中。ついでにパズル片付け用に丈夫な箱も調達しなければ。元々入っていた箱はすぐに破壊されてしまい、その後も箱を替えるたびあっという間にベコベコ。子供って箱ものが好きですよね~。
あちこちに散らばって片付けが面倒なのがたまにキズです。。

[PR]
空豆をさやから出していたら、モモが興味津津でやってきました。豆をつかんで遊ぼうとするので、ちょっと手伝わせてみることにしました。

c0161459_6455533.jpg


モモが豆を取り易いようにさやを開いてから渡します。
この真剣な表情。
取りだしたら豆はちゃんとザルに入れてくれました。
たまにつまみ食いしてみたり・・・やめさせましたけど。(私たちはサラダに入れて生で食べるんですけど、さすがに2歳児にはね。。)
すぐに飽きちゃうかと思ったらそうでもなく、最後まで付き合ってくれました。
終わってザルに集まった豆を、鷲づかみにして持ってかれそうになりましたが(苦笑)、初めての共同作業、二人で楽しくできました~。
後日グリンピースも一緒にむきむきしました。
それ以来スーパーや家のキッチンで見ると「あーめしゃん(お豆さん)!」と嬉しそうに言います。グリンピースは食べるのも大好き。

今年はもうフレッシュな空豆とグリンピースはほとんど終わり。もっと食べておきたかったなぁと、去年も思っていたような・・・
でもこれから色んな野菜が美味しくなる季節。
裏の畑に買いに行くのが楽しみだぁ~♪

[PR]
先日モモの2歳の誕生日を迎えました。
今年は誕生日に合わせて母が来てくれたので、当日の夜4人で小さなパーティーをしました。

c0161459_558578.jpg

自分の誕生日だとわかっているのか、終始ご機嫌のモモ。
音楽に合わせて踊っているところ♪


c0161459_5591573.jpg

前日が連休でスーパーがお休みだったので当日の朝急いでお買いもの!いちごやブルーベリーを使って、前から作ってみたかった『いちごのティラミス』を作りました。
でも、ティラミスって、卵に火を通さないんですよね。モモに食べさせるにはちょっとまだ早いかな??と、作った後に気がつきました(汗)。なのでモモにはフルーツと、ほんの少しだけビスケットとクリームの部分を食べさせることにしました。


c0161459_5593098.jpg

このティラミス、あまりにも美味しくてビックリ!!上等なショートケーキを食べているような感覚に陥りました。母も大絶賛!勿論モモも興奮して食べていました。
絶対にまた作りたい!これから毎年、春の楽しみになりそう♪


c0161459_5594938.jpg

日本の曾おばあちゃんからのプレゼント、たくさんの曲が入ったピアノ絵本。大好きな、トトロの『さんぽ』が入っていて大喜び。


c0161459_60548.jpg

去年みたいに大勢の人に囲まれてのパーティーもいいけれど、やっぱり家族水入らずのゆったりとしたひとときのほうが、私は好きだなぁ・・・
家族の笑顔が見れて、幸せな気持ちになれた夜でした。

↑ 自分のおでこにリボンを付けてドアのガラスに映して見てるところ(笑)



そして翌日の晩は、親しい人たちを呼んで、ピッツェリアで食事をしました。
誕生日パーティー第2弾です(笑)


More
[PR]