昨日は歯医者の予約が私とモモの2人分ありました。
数か月前に詰め物をしたところが取れてしまったようで穴が気になる、と言っていたモモ。日本帰国前に歯の検診の予約があったのですが、その日を待てないと言うので、昨日診てもらうことになりました。ところが診てもらったら、詰め物は取れておらず・・・その代りに新たな虫歯が発見され(泣)、急遽その治療をしてもらいました。よかった、診てもらえて!
そしてモモの治療が終わり、私の番。
ずっと歯医者に行ってなかったこともあって虫歯が複数あり、昨日が最後の一本の治療でした。
私を待つことになるのが分かっていたのでモモに本を一冊持って行っていたのですが、なんとずっと私の治療を傍で見ていました!口をポッカリ開け何も話せない私・・・モモは一部始終を先生への質問を交えつつ興味津々で見続けました。先生もその都度質問に答えてくれたりして(苦笑)その辺をうろうろして器具を見たりしていても何も言われず。なんて自由なんだ~!(笑)いい勉強になったかな??
こうして無事、私の歯の治療は終わりました。詰め物がちょっと雑な仕上がりで、歯医者を変えたいなと思っていたのですが、他のところに行ってもそこがいいとは限らないし・・・日本で歯医者に行ってきれいに仕上げてもらったり出来ればいいのだけれど、それだけのために行くのってどうなんだろう?
次回のモモの予約では、将来矯正をするにあたって歯の様子を診てもらう予定。歯並びがガタガタでスゴイことになってるので矯正は避けられない状況です。。イタリアは日本に比べると料金がかなり安いようですが、それでも大きな出費>< キツイけど、歯は大事だし・・・
ブツブツ・・・


土・日・月と3連休のイタリア。今日は朝から雷雨でした。
家に籠って日本行きのことをあれこれ考えたり、モモと日本の算数の教科書で勉強をしたり、来週辺りから忙しくなるので今のうちにパンやフォカッチャをたくさん焼いたり・・・
あっという間に一日が過ぎました。
色々なことで気持ちが落ち着かず・・・この連休でやれることやっておかないと~!




[PR]
うちにある、”いしゃがよい”という絵本。
このタイトルを見た時、「医者が良い??」と思ってしまった私。。ネットで絵本を探していた時、ごく簡単なあらすじを読み気に入って買った本なのですが、手元に届き実際読んでみてようやく「医者通い」だと分かりました(汗)昔から国語は苦手科目だったのだけど、それは大人になっても変わりません。。

この本とは全く関係ないのですが、今年の私はまさに”いしゃがよい”。
2~3年ぐらい前からポツポツと医者に行く回数が増えてきたのですが、今年は”通って”ます。
年明けの手を切るケガは、医者には行かず何とか治った(傷跡がヒドイけど・泣)けれど、次は突然歯が痛くなり夜眠れないほどだったので翌朝モモが通っている歯医者に電話。で、私の歯医者通いが始まりました。日本の歯医者に行きたいとずっと思っていたのだけれど、日本になかなか行けない時期があったし、行っても短期間だったりしたので、結局ずっと歯の治療をしていませんでした。さすがに酷いことになってましたよ。。
実は今さっきも行ってきたのですが、保険がきかないイタリアの歯医者。治療代がやっぱり厳しい。。回数が重なるとホント落ち込みます。稼いだ分のほとんどが治療代に消えそうです(泣)でもそう考えると、働いていたからこそ今歯医者に通えてる訳で、ありがたく思わなければ。で、これはとことん通って完治させよう、と思っていたのですが・・・今日の治療がかなり雑だったので、残りの治療は別の歯医者に行きたい・・・なんて思ってしまいました。はぁ。。
手を切ってちょうどひと月経過した頃、今度は豪快に滑って転び腕を強打。すぐ救急に行ってレントゲンを撮った時は骨折していなかったのに、半月以上たってヒビが入っていることが判明。痛みがなかなか引かないのでおかしいと思っていたら。その間も本当にうんざりするほど面倒なことや理不尽なことが色々あって、腕も痛いけど気持ちの方も相当イライラ、もやもや。これもまだ完治していないので通ってます。でも痛みはほとんどないし、ギブスもしていないので生活はほぼいつも通りです。
それから去年日本に帰った時のこと。コンタクトを作る際眼科へ行ったら左目に異常があることが分かり、イタリアに戻ってきてから眼科医のところに行きました。検査の結果、今のところ大丈夫だけど半年置きに検査が必要とのことで。半年って結構あっという間で、しかもやらなければならない3つの検査を受ける場所が全て別々だったりするので本当に面倒。この国は何に置いてもまずスムーズにいくことがありません。。

ほかにもまだあるのですが、もうこれぐらいにしておきます(苦笑)
歯もそうだけど、やっぱり定期的に検査を受けるのって大事なことだなと痛感しました。目のことは運よくたまたま発見することができて本当に良かったです。
ケガは、気を付けていても起こるときは起こってしまうのでどうしようもないけど、でももっと気を付けないといけないなと思いました。私の腕の骨折(ヒビ)の後、何と日本の弟も足を骨折していたらしく、そして先週はモモが公園で遊んでいたときに膝をおかしくして救急に行くという騒動もありました><幸い骨折はなく今ではもうほぼ痛みもないようで普通に歩いているのですが、日々何が起こるかわからない。。

2016年、こんな感じであっという間に3か月が過ぎました。この先医者にかかる回数が減っていくことを祈ります。




[PR]
by momo_capricci | 2016-04-05 20:17 | 日々 | Comments(4)
c0161459_05401174.jpg

昨日の午後、モモのお友達の誕生日会がありました。家に戻ってきたときはこんな笑顔もあったのですが、すぐに顔つきが変わり・・・熱が上がってしまいました。
木曜日から体調が悪かったモモ。土曜日には熱も下がっていて食欲もあり、日曜日の朝も元気に見えたのです。そのお友達とは仲良しですぐ近所に住んでいて、パーティーを自宅でするということだったので、そんなに暴れることもないだろうと(施設を貸し切ってのパーティーは汗だくになるぐらい暴れまくる)甘く見てました。まだ本調子じゃないのにはしゃいでしまったんだと思います。。
今日は熱が38度ちょっとあって、ほぼ一日中寝てました。ハァ~。母、反省。
学校の勉強のことを考えると早く行かせたいけど、少し良くなったからといって行かせてぶり返したら元も子もないので、しっかり治さないといけませんね。




[PR]
c0161459_05334532.jpg

木曜日の昨日、お昼前に小学校から電話が。モモが頭痛いと言って具合悪そうにしている、とのことですぐ迎えに行きました。帰ってきて熱を測ると37.4度。熱が上がり始めてるところって感じで、食欲もなし。
でもお昼ごはんの時間だったので、「何か食べたいものはない?」と聞くと「mela cotta」、つまり煮りんごということで、常備しているりんごを早速煮ました。りんごを適当に切って、ほんの少量の砂糖と一緒に10分ぐらい煮るだけ。
ニコが小さい頃、毎朝のようにこの煮りんごをヨーグルトにのせて蜂蜜をかけて、2人に食べさせていました。それが今では、モモが具合悪くなるとリクエストされる存在に。
気分だけでも上げられたらと思って、お皿で可愛いらしくしてみました。モモ、笑顔。



c0161459_05335749.jpg

私も便乗(笑)サツマイモも煮てあったので、煮りんごと合わせて食後のデザート。
ポルトガル産のこのサツマイモ、大きくて皮の色が赤紫で見た目は立派なのだけど、水っぽくて味が薄く甘みも少ないので、天ぷらにしたら美味しくなかった・・・お砂糖入れて煮ても、やっぱり美味しくない。水分飛ばしてケーキにするのがいいかな。

結局熱は夜38度ぐらいまで上がって、今朝はケロッとして何事もなかったかのように起きてきました。学校行かせたいぐらいだったけど、37度あったのでお休み。昼間は余裕でDVD観たりトランプしたり、食欲も結構出てきて。でも予想通り、夕方からまた熱が上がって夜は38度越え。よくあるパターン。
さっきアルビーが、「水曜日、(水泳教室の)プールに”コントロールのためいつもより水温が低くなってます”って貼り紙があったらしいけど、読んでなかったでしょ?モモが昨日の夜、プールの水が冷たかったんだって言ってたよ」と・・・そういえばレッスン終わってプールから上がった時珍しく「寒い~」って言ってて、でも水が冷たかったなんて言ってなかったし、貼り紙なんてよっぽど強調して書いてくれない限り私気が付かないし・・・一体どれぐらい冷たかったんだろう??そういえば更衣室でも「暖房ついてないわ!」って言ってるマンマがいた・・・服を着ていた私は寒いと感じず、バスタオル1枚体に巻いて髪を乾かしてたモモも何も言ってなかったけど、やっぱりいつもよりは室温低めだった気がするので、そういうのが重なって風邪に繋がったのかも。他の子たちもいつも通りだったので全然気が付かなかった。。っていうか、こんな真冬に水温低くても暖房効いてなくてもレッスン続行しちゃうってどうなんだろう?
この冬はモモもニコも風邪ひかず順調だったのにな・・・
本人あまり辛そうではないとは言え、油断しないよう土日で治さないと!




[PR]
by momo_capricci | 2016-01-23 06:29 | 日々 | Comments(2)
c0161459_23410848.jpg

今日はニコとデート・・・でもその前にお医者さんへ。
昨日の朝幼稚園から、ニコの目に涙がたまっていて結膜炎だと思うので迎えに来てください、と電話がありました。昨日はちょうど用事があり家を離れられなかったのですぐに小児科へ連れて行けず、今日朝イチで。

やっぱり今日も、先生の応対に不満がありました。きちんと診察せず、パッと見だけで判断。はっきりと「結膜炎です」とは言わず、点眼薬を処方してくれただけ。幼稚園に戻る前に再診したほうがいいか聞いたところ、症状がなくなっていれば私の判断で行かせて構わないとのこと。
昨日の夜ネットで見たら、結膜炎と言ってもウィルス性とアレルギー性、他にもプールでうつったりなど種類があるらしく、それによって処方する薬も変わってくるし、ウィルス性なら幼稚園に戻るのに医師の許可が必要になるのだとか・・・これは日本での話だけど、幼稚園からすぐ迎えに来るよう電話があったぐらいだからイタリアでも同じはず。こんな適当でいいのかな・・・
薬局で処方された目薬が抗生物質であることを確認し、それで「ニコは結膜炎なんだな」と自己判断することになりました。
ニコのお友達マンマにこのことを話したら、「なんで先生にはっきり聞かないの?!母親は医者じゃないんだからきちんと言ってもらわないとわからない。結膜炎なのかそうじゃないのかすぐに電話して聞きなよ!ニコのためにも。(結膜炎じゃなかったら幼稚園にもお友達の家にも行けるし)」とおもいっきり言われ・・・確かに彼女の言う通り。突っ込んで聞かなかった自分も良くなかった。
先生に電話して聞いてみると、やはり結膜炎とのこと。でも診てもいないのにどうしてそんな診断ができるのか、腑に落ちず。
こういうことが多すぎるので、今日はいい加減小児科医の変更を真剣に考えなければと思いました。
このことについては既に何度かアルビーと話をしていて、「もう少し様子をみよう」という彼の意見に留まっていたのだけど、いつまでもそんなこと言ってられない。
イタリアはホームドクター制で、小児科医も登録が必要。モモが小さい時通っていた先生も良くなくて、アルビーの友人の勧めだった今の先生に替えたのだけれど・・・次の先生にもあまり期待できない気がして気が重い。
普通にきちんと診てくれる先生、きっといるよね??

結局子供を守れるのは親である私たちだけ。
こういう先生だって分かっていたのにそれを踏まえて動けなかった自分に対し反省の一日でした。



[PR]
by momo_capricci | 2015-03-07 07:26 | 日々 | Comments(12)
昨日はモモの小学校の初めての個人面談の日でした。
朝から落ち着かず、洗濯・買い物・掃除・昼食夕食の支度・・・といつもの倍ぐらい家事をして、午後にはすっかりお疲れモード。2時頃ニコを迎えに行って、あとはモモのお迎えの時間までゆっくり家で遊んでいようと思っていました。

プラレールを一緒に組み立て終わって、さぁソファでゆっくりしようと思っていたら、何故かニコが私の横に来ていて・・・「ゴツン!!!」
ニコの頭が私の鼻に激突。これは鼻血が出る!と思いとっさに上を向き、ひたすら痛み耐えつつ鼻を押さえてしばらく固まっていました。私がふざけていると思ったニコが横で笑っているのが聞こえたのだけれど、痛すぎて何も反応できない!
少しして鼻の骨の部分を触ってみると少しずれているのがわかったので、上を向いたまま手探りで携帯を探しアルビーに電話しました。痛いのと自分の鼻の状態のこととで泣きながら。。

すぐに帰ってきてくれたアルビーに救急に連れて行ってもらい手続きしたあとはレントゲン待ち。その間アルビーはモモを迎えに学校へ行きまた病院にとんぼ返り。すごく心配してくれていたようで、モモは泣き顔でした。
でもその頃には痛みは引いていて、普通に話すこともできたので、安心した様子。

レントゲンの結果、骨折。
別棟の耳鼻咽喉科に行くよう言われ、家族揃って大移動(苦笑)
思っていた通り、手でグイグイっと骨を元の位置に戻され(激痛!!)テープとプラスチックのカバーで鼻を固定され、鼻の中も診察され終了。
合計2時間半ほどで終わりました。家に着いたのは6時ちょっと前でした。

勿論面談には行けなかったのですが、骨折のわりに痛みはすっかり治まり生活に大きな支障もないので、これぐらいで済んでよかったな、といった感じです。金曜日耳鼻咽喉科で再診してもらって大丈夫そうならこのまま自然治癒を待つことになります。

本当に突然の出来事。ニコの石アタマには前から泣かされることがあったので(家族もお友達も)、「これはいつか怪我するかもしれない」と思ったこともあり、それが現実となりました。。モモとかお友達じゃなくてホントよかった。

そんなこんなで昨日はすっかり疲れ切ってしまったので早めにベッドに入ったのですが、今度はニコが夜中から嘔吐。下痢もあって、今日は幼稚園お休みしてます。
しばらく家族みんな元気にしていたんだけど、こういうことって重なって起きるんだな~。
小児科医には電話で相談したのですが、私の件でもホームドクターのところへ行かなくてはならなくて。雨だし、ニコは寝てるし、午後アルビーが帰ってくるまでは身動きが取れません。
早く治るといいなぁ・・・ニコも私も。



[PR]
by momo_capricci | 2015-01-21 21:34 | 日々 | Comments(8)
滞在許可証の話の続きを更新したいところなのだけれど、このところあまりにも色々なことが起こるので頭がパニック寸前です。
先ほど
例の件でニコを小児科に連れて行き、その後郵便局に寄ってきたのですが、その両方で「もう、何なの!!」と言うことが起こり・・・ちょっとここで発散!

先月、ニコの左耳の近くにある先天性耳瘻孔が炎症を起こしかさぶたができていて本人も痛がっていたので小児科に連れて行きました。ところが「今の状態では診れないから、この炎症が治って普段の状態になったら診せに来て」と言われてしまい、その時は3歳児検診だけしてもらって先天性耳瘻孔には消毒すらしてもらえずノータッチで帰ってきました。
その翌日にはかさぶたが取れ1週間ほどで完治してしまったのですが、「完治にはひと月ぐらいかかる」と言っていた先生の手前、ちょっと間を開けることにして、今日行ってきました。
で、「耳の穴を診せに来ました」と言ったのですが先生全く覚えてなく・・・いきなり耳の中を見始めました;「それではなくて、ここの穴です!」と見せたら、「あ~、これは外科に診せないと。それに今は何ともなってないから。もし炎症を起こしたりしたら消毒をすればいいよ。」ですって!治ってからじゃないと診れないと言っていたくせに!!ビックリです。「もし今度炎症が起きたらまずは私のところに
診せに来て。必要なら塗り薬を処方するから」とか言っちゃって。。この前そうしたんですけどね。
イタリアはホームドクター、そして小児科医も決めなければならないのですが、モモが赤ちゃんの時診てもらっていた先生はやる気なさげなうえ診療時間があまりにも短かったので、アルビーの友人から聞いて今の先生に替えたのです。でもね、う~ん。。今更また替えてもしょうがない気もしたり。
とにかく、ひどい症状が出た場合はピサ大学病院に連れて行くことになりそうなので、そこまで大事に至らないよう普段から更に気を付けていこうと思いました。

そして、郵便局での話。なんでイタリアって、郵便局でも、役所でも、人によって言うことがこんなにも違うんでしょう。ホントいい加減にしてほしい。
日本の親戚や友人宛にクリスマスカードを送ろうと思い行った訳です。封筒入りのカードを普通郵便で送るだけ。ここ何年か手紙はいつも1通2ユーロだったので、「15通分だから30ユーロだな、高いけど仕方ないか・・・」なんて思いながら、シールタイプの切手15通分がプリンタから出てくるのを待っていたとき、ふと「1通分いくらですか?」と聞いてみたのです。そしたらなんと4ユーロ!!えっ?!
「普通に手紙を出すのに1通4ユーロなんて高すぎるでしょ?!それに今まで2ユーロだったのに!」と言っても、お兄さんシラーッとして「料金が変わって日本へはハガキも手紙も20gまで一律4ユーロになったんです」って。信じられない額だったので「書留じゃないですよね?」「日本からは1ユーロもかからないのに!」と色々言ってみたのだけれど、そんなの興味なし。「そんなに高いんじゃ送れません、2ユーロだと思ってきたのだから」とやめにしようと思ったら、「もう9枚スタンプされていて、その分は払い戻しできません」と言われてしまい、仕方なく36ユーロ払いましたよ。あー、信じられない。
実はつい先日、市内の別の郵便局で日本に1通手紙を出していて、その時は確か80セントと言われ、いつもは2ユーロなのに何なのこの違いは??と思っていたところで。本当にいい加減!
今日は頭に来て、領収書を切ってもらいました。それでさっきPosteitaliane(イタリア郵便)
HPで確認したら、確かに2014年12月1日から値上がりしたようなのですが、日本への普通郵便は20gまで2.30ユーロとなっています。だから、30セントの値上げってことです。
明日アルビーが郵便局に聞きに行ってくれることになったのですが、さぁどうなるか。向こうの間違いだけど、払い戻しなんてしないんだろうな。
なんで普通に手紙出すだけでこんな憤りを感じなければならないのか。。出す前にいくらか聞かなかった私が悪い??本当にアホらしくなります。

いい気分でお歌なんか歌っちゃってるニコを後ろに「ホント、信じられないわ!」「いい加減にも程がある!」「もうこんな国イヤだ!」と毒づきながら自転車こぎこぎ家に帰ってきたのでした。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事の翌日(昨日)アルビーが郵便局に行ってきてくれたのだと思っていたのですが、そうではありませんでした。酷い落ち込みようだったので、相当揉めてきたのだと私が思い込んでいました。あまりにも混雑していたのでやめたそうです。
で、今日行ったら、やはり郵便局のコンピュータには4ユーロと出てきたらしく・・・「他の局では2.30ユーロだった。場所によって金額が違うのか?!HPにも2.30ユーロと書いてあったぞ!」と抗議したら、そこのお偉いさんが出てきて、コンピュータ上のミス(更新か何かをしなければならなかったらしい)だったことがわかり、間違いを認めたことは認めたらしいのですが「その日のうちでないと払い戻しなどの手続きはできない」と言われたのだそう。しかも「彼(私に1通4ユーロで払わせた青年局員)は15日前に入ってきたばかりで・・・」とか言い訳を始めたらしい(怒)そんなのこっちが知ることか!
で、その日送らなかった残りの封筒、結局は送るのに切手代を払わされたということです。。
もう、何も言う気になれない・・・

これからカードなど送る人は、今回の様な間違えもあるので前もって金額を聞いたほうがいいです。
日本への20g以内の普通郵便は2014年12月1日現在、2.30ユーロです。




[PR]
先天性耳瘻孔(せんてんせいじろうこう)って、一般的に知られているのでしょうか。
ニコには生まれつき、耳の付け根部分前方(もみあげの横)に小さな穴があります。それが、先天性耳瘻孔。
私がその穴の存在を初めて認識したのは小学生の頃。クラスメイトの耳の横に穴があるのを見て、一体これは何なんだろう?と不思議に思っていた記憶があります。でも以降それが何なのか追及することもなくときは過ぎて行きました。
そしてニコが生まれた時、左耳のわきにそれと同じ穴があることに気が付いたのです。その時は特に気にはしていなかったのですが、確か2年ほど前、ニコがまだ赤ちゃんの時にある方のブログでそれがどういうものかということを知りちょっとした衝撃を受けました。というのも、娘さんがその穴、つまり先天性耳瘻孔を摘出する手術を受けたという内容だったからです。*もう一度読み返してみたら、摘出手術ではなく、切開&洗浄のための手術でした。何度も炎症などを繰り返す場合などには取り除く手術をするそうです。
名前の読み方すらわからなかった私は、とにかくネットで調べてみました。そこには、その穴から膿が出たり腫れたりすることがあるが(その場合の治療法は、針などで膿を出す、抗生物質の投与など)普段何もない時は気にすることはないと書いてありました。だから、もし膿が出たりしたら小児科で診てもらおう、と思っていました。
で、先週半ば。ニコの入浴中、耳の周りを拭いていたら「痛い」というのです。その時は耳の中が痛いと言っているのかと思い、様子を見ていました。そして金曜日、入浴中に耳を見たら、穴のところにかさぶたのようなものができていて腫れていました。軽く押すと中から膿が出てきて痛そうにしているので、月曜日先生に診てもらおうと思いました。
その前にもう一度ネットで先天性耳瘻孔のことを読み返し、イタリア語では何て言うのかを調べ(fistola congenita dell'orecchioと言うらしい)、こちらではどのような扱いをされているのか知りたくてイタリア語で検索しました。が、思うような内容のものを見つけられず・・・
それで今日、ニコを小児科に連れて行きました。
先生に、「耳の横に穴があって、そこが腫れているんです。」というと、意外な返事が。「このかさぶたが取れて普段の状態になってからでないと診れないから、これが治ったらもう一度診せに来て」とのこと。抗生物質でも処方されるのかと思っていたので「えっ?」って感じでした。今はこのまま放っておいていいってこと??
おまけに、私がこの穴の存在をニコが生まれた時から気が付いていたと言うと、「何か気が付いたことがあったら私に言わないと、私がすべてのことに気が付けるわけじゃないんだから。」と伝えていなかったことに気を悪くした様子。今まで何も起こらなかったし、普段は気にすることないと書いてあったので、そこまで重要性を感じていなかったのです。それでもあまり穴に触れないように意識していたし、清潔にしておこうと日頃から気をつけていたわけで・・・
なんか責められた気分になってすごく嫌な気持ちになってしまいました。アルビーなんて、今の今までニコの耳に穴があるなんて気が付いてなかったのに。
結局今日は診てもらえなかったので、来週3歳を迎えるということで健診だけしてもらって帰ってきました。
なんだかな~。ちょっと納得いかない気持ちが拭えません。何もない時はただの穴なのに、何を診るのかな。これから先、手術のことを考えたりしなければならないのかな。どうなるんでしょう・・・




[PR]
by momo_capricci | 2014-11-18 06:33 | 日々 | Comments(4)
c0161459_7142081.jpg

昨日はメルカートの日。いつもの八百屋さんで葉付きニンジンなど色々野菜を買ってきました。
こんなにきれいな葉なので捨てるのはもったいない!ってことで、洗って干して、さらにオーブンでカリカリに乾燥させてふりかけを作りました。こんなにあっても乾燥させてパラパラにするとほんの少しに。瓶に入れて白ごまと塩を合わせて出来上がり。すごくシンプル。


c0161459_7144826.jpg

今晩はごはんを炊いて、たっぷりかけました。
独特の強い香りは和らいでいて、白ごまの香ばしさが引き立って美味しい。
そしてニンジンの方も、瑞々しくて、生で食べると甘くて美味。
また葉付きニンジン買ってこようっと。


c0161459_7151051.jpg

魚屋さんではプリプリの鯵を。3枚におろして骨とって・・・という作業に時間がかかるので、大きめのものがあるときで、さらに私のやる気があるときじゃないと買わないのですが、この頃はモモニコが美味しいと言って食べてくれるので頑張っています。
身は昨日の晩に香草パン粉焼きにして、残った骨は取っておいて今日のお昼に低温でじっくり揚げて、鯵の骨チップス(?)に。揚げたてに塩をぱらっとかけて、熱いうちにポリポリ。美味しい!!
「え~~~っ、魚の骨?!」と顔をしかめていたモモも一口食べてみて気に入ったようです。揚げると何でも美味しくなるよね~。
美味しくて、ごみも減らせて、カルシウム補給にもなって、いいことばかり♪

これもますますメルカート通いが重要なお勤めとなりそうです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日の夜から熱を出し始めたニコ、今朝も39度以上あって、変な咳まで出てきました。
その咳が、クループの咳(オットセイの声の様な咳などと言われている)ではないかと思われるようなものなので、ちょっと心配になっています。でも以前も同じような咳の仕方をしていたことがあるので、もしかしたらニコの咳はこういう咳なのかな、とも思ったり・・・それに、激しく咳き込むわけではなくてたまに出るぐらいだからきっと大丈夫・・・でもオットセイのような咳を聞くとドキッとしてしまう。
今日は午後になっても高熱が引かないので3時にタキピリーナ(解熱剤)の座薬を入れました。なるべくなら薬は使いたくないのだけれど、ぐったりしているが心配で。5時ぐらいになると熱がだいぶ引いてきて、それと同時に食欲オン!そしてあんなにぐったりしていたのに、いつものように遊び始める。わかりやすいな~(笑)
それでもまだ37.8度はあったので、まだまだ油断できません。
早く治ってね~!



[PR]
なかなかスッキリと回復しないモモ。嘔吐は治まったものの、今度は週末に発熱、そして咳も出てきて、今はまだたまにゲホゲホしています。やはり疲れやすい感じで、幼稚園でも外遊びの時間に元気なく座っていたらしく先生が心配していたので給食後帰宅させて昼寝をさせたり、夜早めに寝かせたりしています。
ずっと元気だったニコも火曜日突然発熱し、翌日には何事もなかったかのように回復。そして今晩また発熱。いつも通り動きはあったのだけれど、表情に微妙な変化があり何となく疲れているような様子だったのでおでこを触ってみたら、やっぱり熱かった。アルビーは全く気が付いてなくて驚いていたけれど。
で、私は、モモのウィルスがうつったのか、週末胃腸がおかしくて、でも吐くほどではなくて、何とも嫌な気分だったのでベッドにいさせてもらいました。気持ち悪いのに吐けないって辛い・・・お腹もモヤモヤしていたのに下痢になるわけでもなく・・・それが3日間ほど続き、今度は咳とくしゃみ鼻水。風邪とアレルギーが一緒にやってきたみたい。
あ~、早くスッキリしたいです。
一人ピンピンしているアルビーは、相変わらず短パンにハイソックス、長袖Tシャツ1枚でいても風邪ひとつひきません!
ここ1週間ほど、上の階の広いテラスを掃除してくれているのですが、その格好で夕方日が暮れるころから始めて、水じゃーじゃー流しながら床をこすったり、工具を出してきて何やら騒がしく作業したり、1時間以上そんなことやってても熱も出さない。昼間はだいぶ暖かいけどその時間の外はまだ結構寒いのに。
冬の間も仕事のあと職場でシャワーを浴びて髪の毛濡れたまま帰って来てても全然平気だったし(車とは言え寒いでしょう!)、ホントどんな体してるんだか!感心を通り越して呆れる・・・苦笑
この前モモのお風呂をアルビーに頼んだとき、髪をちゃんと乾かしてあげてなくて、インナーのTシャツも首の後ろが濡れてるのそのままで、モモが「寒い~」と言ってるのに「ちょっと濡れてるだけだよ」とか言ってて(結局私がシャツを着替えさせてドライヤーかけ直した)、案の定翌日モモが熱出しちゃって。自分がそんなことでは熱出したりしないのでわからないようです。
まぁ、健康体なのはいいことなのでそのことに文句はないのですが、周りも同じだとは思わないでほしいです。

もしかしてモモも私も免疫力が低下しているのではないかと思って、料理にニンニクたっぷり使ったり、粘膜を強くするニンジンや緑黄色野菜をなるべく摂るようにしています。
あと、私の体が欲している、甘いもの。気持ち悪かった日、食欲はないのになぜか甘いものを口に入れたくてしょうがなく、ケーキを焼いていた・・・でも本当は、お店の美味しいケーキ(日本のね!)が食べたい。

この週末は天気が崩れるようだし、ゆっくり休もうと思います。

[PR]
by momo_capricci | 2014-03-22 07:10 | 日々 | Comments(4)