安全な食材を手に入れることが難しい今の世の中。食品事情を知れば知るほど食べたいと思えるものが減っていき、献立にますます頭を悩ませる毎日・・・
ここしばらくはスーパーで豚肉を買っていません。以前から汁の滴る豚肉パックには抵抗があったのですが、アルビーも「スーパーの豚肉は食べたくない」とはっきり言い始めたので買うのを控えています。輸入物が多いそうで、ハムなんかは東欧などで途中まで加工された豚肉をイタリアに運んできて続きの工程をこちらで行いイタリア産として売り出されたりもしているようです。
そんなことがあり、うちがよく買うのは七面鳥とキアニーナというトスカーナのブランド牛。
でもたまには豚肉も食べたくて、今日はお肉屋さんに行ってきました。そこはこの近辺のセレブも通うというお店で、ご主人のこだわりがうかがえる精肉やハムなどの加工品、他にもオイルやワインなど色々な食材がちょこちょこと置かれています。

今日買ったものは・・・


c0161459_05342359.jpg

ロースト用の塊肉800g。骨付きでケースに置かれていて、注文するとその場でこの形に切ってくれます。15.00ユーロ/kg。



c0161459_05334339.jpg

自家製サルシッチャ(生ソーセージ)。ここで作られてるソーセージを食べてみたかったので試してみることに。明日カリフラワーと一緒にパスタソースにする予定。12.00ユーロ/kg。



c0161459_05340627.jpg

そして無添加のハム。「安心して子供にあげられるよ」と、ご主人。27.00ユーロ/kg。

今日の買い物、合計20ユーロちょっと。スーパーの倍ぐらいの値段です。
うちはセレブとは程遠い生活をしているのでこのお店には年に数回しかお世話になっていないのですが、お肉を食べる量や回数を少なくしてなるべくここで買うようにしていけたらいいなというのが目標。
メルカートなどではなるべく安くて体にいいイワシやアジを買って、野菜も多く摂るように。
魚や野菜のレパートリーをもっと増やしていきたいです。





[PR]
by momo_capricci | 2015-04-22 06:21 | 日々 | Comments(2)
アルビーがクリスマス前友人宅に挨拶に行った際、こんなにたくさんの粉類をお土産にいただいて帰ってきました。

c0161459_7534786.jpg


奥から、全粒粉・小麦粉・トウモロコシ粉(ポレンタ用)・栗の粉・ひよこ豆の粉。
全粒粉と小麦粉は膨張剤を使用できないものだそうで、ということはパスタ用ってことかしら??お菓子やフォカッチャは作れないんだ、残念。そして、ポレンタはうちではまだ1度しか作ったことがないし、ひよこ豆の粉の使い道はfarinataしか知らないし・・・唯一使いそうなのは栗の粉で、リコッタと混ぜたケーキやアルビーが好きなcastagnaccioというイタリアの素朴な焼き菓子をたくさん作れそうです。

せっかく頂いた自家製の粉を無駄にしたくはないので、まずはこの小麦粉でうどんでも打ってみようかな。
それから、この際手打ちパスタにも挑戦してみよう。いつか作ってみたいとは思っていたけれど、パスタマシーンもないし、何だか面倒そうで手を出せずにいたんですよね。
それにしても、膨張剤を使えない粉って、一体何が違うんだろう?イタリアの小麦粉の分類と使い道がよくわからなくて調べてみたりもするのですが、まだよくわかりません。

そうそう、先日Tammyさんからイタリアでのシフォンケーキ作りのポイントを教えていただいたので次回作るのが楽しみです。というのは、シフォンケーキを10回以上作って上手くいったのがたったの一度だけ(それも完璧ではなかった)、つい最近も念のためベーキングパウダーを入れて作ったのに大失敗してしまったので、どうしてそうなってしまうのか伺ってみたのです。やはり日本とイタリアの粉に違いがあるそうで、それぞれに合った作り方にアレンジしなければならないそうです。
粉ものも奥が深いんですね。

この粉で何か上手く作れたら、ブログにアップしようと思います!

[PR]
by momo_capricci | 2011-01-05 08:43 | 日々 | Comments(4)