人気ブログランキング |

長~いインゲン

c0161459_2033026.jpg


先日アルビーの同僚から頂いた野菜の中に、この長~いインゲンが入っていました。前にスーパーで見た記憶がうっすらあるのですが、その時はこれがインゲンだとは思わなかったし気にも留めていませんでした。
ある日裏の畑でも収穫されたようで、カゴの中にこのインゲンが束になって入っていました。そして、「コレもいる?」とおばあちゃんに聞かれた時は気が進まなくて断りました。だって、こんなに長いインゲン日本では見たことなかったし、何よりも私には美味しそうに見えなかった・・・(苦笑)。

でも貰ったからには有難く頂こうと思い、アルビーにどうやって食べるのか聞いてみました。
「普通のインゲンのようにヘタを取ってこのまま茹でるんだよ。お皿にも長いまま盛って、ナイフで切りながら食べるの。」
「え?なんで長いまま盛るの?切ってからのほうが食べやすいじゃん。」
「知らないけど、そういう風にするんだよ。」
「・・・」
納得いく返事はもらえませんでしたが(笑)、言われたとおりにやってみました。お酢とオリーブオイルと塩を軽くかけて、いただきます!
あまり期待していなかったのですが、これが予想以上に美味しくて、インゲン好きの私はすっかりハマってしまいました!普通のインゲンより細くて柔らかく、色はもっと濃い緑色。栄養ありそうです。柔らかいのでモモも食べやすいようです。

後日、裏の畑のカゴの中にまたこのインゲンが入っていたので、今度は迷わず買いました(笑)。ひと束と言っても結構量があるので3回ぐらいに分けて食べました。
この前スーパーで見てみたら『 fagiolini lunghi 』と書かれていました。『長インゲン』って感じかな。でもこの辺りでは『 i metri 』と呼ばれているそうです。metri は metro(メートル)の複数形、なのでそれぐらい長いってことを言いたいんでしょうね。

おばあちゃんのところで野菜を買うようになってから、スーパーで買う気が失せました。「ズッキーニが欲しかったのにもうなかった・・・」と言うときはスーパーで買うことになりますが、見てみるとやっぱり鮮度が全然違うし手が伸びません。。
「ノー」と言えない性格なので、おばあちゃんの口車に乗せられて(?)たまにすごい量の野菜を買うハメになることもありますが、その分美味しい野菜をたくさん食べれる訳で、頑張って何とか全部消費してます。
そろそろ夏野菜も終わり・・・冬はキャベツやカリフラワーなどを自分たちの分だけ作るそうですが、「あなたたちの分はあるから来なさいね」と言ってくれました。すごく嬉しかった。
この夏は畑のおじいちゃんとおばあちゃんと知り合い、モモのことも可愛がってもらったり、とてもいいお付き合いができました。まだまだ残暑も厳しく、農業はとても厳しい仕事だけど、どうか元気でいてほしいです。

by momo_capricci | 2009-08-29 21:50 | 食べもの