人気ブログランキング |

申請のつもりが更新に・・・(12月16日追記あり)

このひと月ほど、もうすぐ期限が切れるイタリア滞在許可証の手続きのため動いていました。
これを機に PERMESSO DI SOGGIORNO から PERMESSO DI SOGGIORNO CE PER SOGGIORNANTI DI LUNGO PERIODO(旧 CARTA DI SOGGIORNO で、無期限の滞在許可証のこと。イタリアに5年以上滞在している人が取得できる。)に替える申請をするため、まずはネットで情報入手。そこでまずわかったことは、揃えなくてはならない書類が多いこと!私の拙いイタリア語ではその書類が何なのかを調べるだけでも一苦労。。そして、いつものことなのだけれど、書類集めから申請、受取までに2~3カ月はかかりそうだということ。うっかりしていて、期限切れまであとひと月というところで動き始めたので、かなり焦りました。

「うわぁ~、どうしよう~。しかも書類関係がメチャクチャ厄介!」とちょっとパニックになりかけていたとき、ふとお友達が去年 CARTA DI SOGGIORNO を取得したと話していたことを思いだし!早速電話して聞いてみると、Camera del Lavoro というところで手続きをひと通りお手伝いしてくれるということを教えてくれ、すぐにそちらに出向きました。
そこには"inca"というCGIL(イタリア労働総同盟)の支援団体のオフィスがあり、受付で問い合わせてみると予め用意されていた必要書類リストをくれてひと通り説明、そして手続きの予約もしてくれました。申請可能期間が有効期限の前後2か月(4か月間)あると聞きひと安心。イタリアでは珍しい感じの良いスタッフに、まだ始まってもいないのに既に報われた気持ちになりました(笑)

でもとにかく、揃えなければならない書類が色々あり、しかも2010年からイタリア語の試験を受け合格しなければ申請できないことになったらしく・・・さらには2012年1月30日から、この無期限滞在許可証申請に200ユーロという大金を払わなければならなくなったということで、その他諸々合わせるとざっと320ユーロの出費という計算になり、ヒェ~!!><

また落ち込んでしまった私だったのですが、今日その手続きの日で、集めた書類(入手に時間がかかるものもあり全ては揃わなかった)を持って Camera del Lavoro に行ってきました。
結論から言うと、実は私が持っていたものが既に CARTA DI SOGGIORNO であったと判明し(!)、この長~い名前の無期限滞在許可証の申請ではなく更新でOKということになりました!なのでラッキーなことに200ユーロは払わなくてOK!!ヤッター!

何故私の滞在許可証が既にCARTA DI SOGGIORNO だったのがわかったのかというと、証明書の PERMESSO DI SOGGIORNO と書いてある横に"CARTA SOGGIORNO FAMILIARI CITTADINI U.E."というスタンプが、バン!と押してあったから。私も勿論それには気が付いていて、「ここにCARTA・・・って書いてあるけど、でも有効期限も書いてある。それにこれはイタリア滞在2年の時作ったはず。これはどういうこと??」と思っていたのです。期限があるってことは更新しなければならないんだなと思い今回このような経緯となった訳で。今日の手続きの担当者は「この時はまだCARTA・・・に期限があった時だったのよ。」と言っていたので、この5年間に色々変更があったようです、イタリアではありがちですが。
今は滞在許可証はカードになっているし(私が今持っているのはA4サイズの紙で、「あら、まだこのタイプの許可証持ってたの?」と担当者に驚かれた)、ここ10日ほどの間にも無期限滞在許可証申請のために必要なイタリア語テストを受けるのは手続きと同時進行でOKだったのがまずは試験を通ってからでなければ手続きを始めてはならないことになったのだと今日聞きました。

初めは無期限滞在証明書申請のため動いていたのが、今日そうではなく更新でOKなのだとわかったので、無駄になってしまった書類がいくつかあったのですが、無事ひと通り必要なものが揃い担当者が全て封筒に入れてくれて Camera del Lavoro での手続きが終了。必要な収入印紙を購入し郵便局からローマのQuestura宛にその封筒を送りました。2週間ほどしたら管轄のQuesturaに行くことになっています。

今回の更新で必要だった書類、そして無期限滞在許可証 PERMESSO DI SOGGIORNO CE PER SOGGIORNANTI DI LUNGO PERIODO 取得に必要な書類とその入手方法などを、次回のブログ更新時に簡単に載せておこうと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は昨日(15日)の夜中、私がCamera del Lavoroでもらった PERMESSO DI SOGGIORNO CE PER SOGGIORNANTI DI LUNGO PERIODO申請のためのリストに必要書類の入手先なども簡単に加えて更新したのですが、Cameraでの手続き上の勘違いなどを指摘するコメントをいただきました。そのため混乱を招かないようその記事はすぐ非表示にしました。
Cameraのスタッフが勘違いしていたというのも問題ですが、まず私自身がCARTAに関する法律上の決まりなど調べることもなく無知なままCameraに行き、彼らに言われるがままお任せしてしまったこともよくなかったなと反省しています。事前に自らQuesturaに行って聞くべきでした。EU市民の家族の場合は必要書類も違ってくるし、イタリア語テストを受ける必要もないそうです。

今回の私のケースのように、CARTA SOGGIORNO FAMILIARI CITTADINI U.E.が5年で有効期限切れになり永久滞在許可証に更新する場合など、こちらのブログ
に法律上の情報も踏まえて詳しく分かりやすく書かれています。これからCARTAを申請・更新される方は是非読んでいただきたいです。

明日、手続きの流れでQuesturaに行くことになっています。勘違いのまま進んでしまったこの更新がどのような結果になるかちょっと心配ですが、頑張ってみます。




by momo_capricci | 2014-12-02 08:33 | イタリア生活