人気ブログランキング |

鴨料理

c0161459_16443609.jpg

最近アルビーがハマっているのが、鴨肉。
先月のある日、スーパーで真空パックになっているものを買ってきました。自分でレシピをいくつか見てちょっとだけ研究したようで、フライパンで表面を焼いてからオーブンでじっくり焼く、という方法で作ってくれました。荒塩と大量の乾燥ハーブ(タイム)が表面に塗ってあって・・・アルビー、普段自分で調理するとき塩を一切使わないので、香りづけにハーブをこれでもかと入れるのです。”適量”という言葉を知らない。。ハーブの味が突出しすぎ。。
それから後日もう一度スーパーの鴨でバルサミコを使う料理を今度は私が作り、私はとても美味しく思えたのだけど、アルビーはあまりお気に召さず。。というもの、フライパンでバルサミコの水分で蒸し焼き状態にするため、皮がパリッとせずちょっとゴムっぽくなるのが、元々皮の部分を好まないアルビーには許せないらしい。
そして今回は肉屋で注文。真空パックでもそこそこの値段なので、だったら肉屋で買った方が安心だし絶対に美味しいはずだと思ったのです。胸肉を注文したら、2枚(1羽分)で約780g、18ユーロほど。やはりちょっと高めだったけど、2人分×2食と思えばたま~にならOKかな。
鴨肉は初回の方法でアルビーに焼いてもらい、私は付け合せに玉ねぎのバルサミコ炒めとマッシュポテトを用意しました(写真上)。またしてもタイムたっぷりだったのだけど、それが気にならないほどお肉自体がすっごくジューシーで柔らかくて美味しかった!!やっぱり全然違うわ!前回より薄めに切ってもらったのも正解。鴨とこの付け合せって合うな~、最高♪
事情があってワインを飲めなかったのが残念でならないので、また近いうちに残り半分も!
盛り付けももう少し頑張りたいな。

以前に比べるとお肉を食べる回数は減っているけど、イノシシとかうさぎとか鴨とかお肉の選択肢が増えたので私にとっては目新しいものが多く肉料理の記事をアップする回数は増えてるような気がします。
なるべく安全で良質なものを、と思うけど出費の方もかなり気を付けないと、最近食費が増加傾向。。食べ物は大切。でもこればかりに重点を置いてもいられない。その辺のバランス、難しいな~。




by momo_capricci | 2016-02-02 17:54 | ある日の食卓