抱っこしないで、とは言えない・・・

昨日の夜出かけて帰りが遅く疲れていたので、昼食後ものすごく眠くなってしまいました。(夜モモがよく眠るので睡眠時間は十分なはずなのに毎晩のようにリアルな夢を見てしまって、いつも眠いのですが・・・。)そんな私を見て今日休みだったアルビーがモモを外に連れ出してくれました。なので少し昼寝をすることに。
二人が帰って来てもしばらく眠っていたようで、アルビーがベッドにやってきてモモを私の上にのせました。すると香水の匂いがプ~ン。「うわ、まただ!」私はこれがたまらなく嫌なのです。馴染みのバルに行ってコーヒーを一杯、その間そこの奥さんがモモを抱っこしていたのだと。アルビーと奥さんのことを言いたいのではなく、ただ単に、モモに香水の匂いがつくことが不愉快。特に私が一緒でないときは誰に抱かれたかわからないので、その匂いをかぐととても嫌な気分になります。元々私は鼻が利き、香水の香りには特に弱くてひどい時には吐き気がしてしまいます。
そんなこともあり、まだお風呂に入れていなかったので洗い流そうと思ってすぐに支度をしました。ところが念入りに洗ったのに、香水の匂いはなかなかとれません。
仕方がないと思いながらその後アルビーの友人宅へ。そしたらまたしてもそこの奥さん、香水プンプン(泣)。その場にいるだけで気持ち悪くなり、しかも彼女がずっと抱いていたのでモモにバッチリ匂いがついてしまいました。
みんなモモを可愛がってくれているのだし(まぁ、そうでなくても)、「抱かないで」とは言えませんよね。
まだモモが1~2か月のときは、香水に関係なく、他の人に抱かれるのが本当に嫌でした。(こういうお母さん、結構いらっしゃるのではないでしょうか)その馴染みのバルは彼の生まれ育った町にあり、そこに集まる人たちは皆素朴で分け隔てなく、彼にとっては親戚のような存在。モモのことを喜び当り前のように抱くのです。私自身が方言を喋る彼らに馴染めないでいるので余計に色々感じてしまうのかもしれませんが。。今はだいぶ慣れましたが、モモの手を触られたり顔にキスされたりするのは未だに気分が悪いです。「もうちょっと考えてよ!」と言いたい。

こんな感じで、今日はモモを抱く度に香水の匂いがしてうんざりでした。






日の光が窓からだいぶ奥まで入るようになってきました。太陽が低くなってきましたね。
テラスに出て外を眺めていたら、抱いていたモモが下をじーっと見ていました。何かと思ったら、私たちの影。こんなことにも気がつくようになったんだ!と、嬉しくなっちゃいました。
そして一枚。

c0161459_6363695.jpg


まだまだ暑いけど、季節はどんどん秋に向かっています。

by momo_capricci | 2008-09-13 06:37 | 考えごとなど