カテゴリ:考えごとなど( 16 )

今朝、出かけようと外に出たら、自転車が盗まれていた。
怒りがこみ上げ、私たちは朝っぱらから嫌な気分でいっぱいになってしまった。やっと手に入れた自転車だったのに。買ってからまだ1年も経ってないのに。保育園の送り迎えに必要なのに。モモを初めて乗せた自転車で愛着があったのに。

うちはアパートの2階なので自転車を置いておける庭がなく、公共の駐輪スペースもないので鍵をかけてエントランスの前に置いていた。そこは誰でも入れるところなのだけれど、通りからは見えないところだったし、そのエントランスの前を通るのはこのアパートの住人か隣のビニールハウスで働く人たちぐらい。
私は、「バイクじゃなくて、自転車でよかった。買ったばかりのバイクが盗まれてローンだけ残ったらシャレにならなかった」と思うことにした。
アルビーは、「盗んだ人たちは、確実に貧しい人たちだ。自分たちも豊かとはいえないけど、必要なものはすべてある。」と思うことにした。
悔しいけれど、そう自分たちに言い聞かせた。

そして、私たちが次にしたこと。それは物件探し。
今までも半分趣味みたいな感じでネットで家探しをしていた。
朝の用事から戻って、私はすぐに不動産屋のサイトを検索した。そして私が昼食の支度をしている時、アルビーがネットをしていたので覗いてみたら、同じことをしている。夫婦って考えることが似てくるんだなと思って一人クスッと笑ってしまった。
今住んでるこの家も立地がいいし好きなんだけど結構不便なことがあるので、できれば安心してモモを遊ばせたり車や自転車が置ける、庭のある家に引っ越したい、と常々思っていた。
自転車を盗まれた怒りから、家探しの方へと思考が偏っていった。

年が明けてからついてないことばかり。モモがウィルスで入院し、冷蔵庫が壊れ予想外の痛い出費があり、そして自転車が盗まれる・・・もうたくさんです。
どうか、もう悪いことが起きませんように!

[PR]
3月末からこちらに滞在中の母が、明日帰国予定です。

ところが、皆さんもご存知だと思いますが、アイスランドの火山噴火の影響でヨーロッパ各国の空港が閉鎖しほとんどのフライトがキャンセルとなっています。
このニュースを知ってから、毎日何度も利用航空会社のHPと睨めっこ。日本のコールセンターは土日休みだったので、今朝(19日)やっと問い合わせできました。20回以上かけたうえ(国際電話だからかなかなか上手くいかない)に、繋がったと思ったら音声案内で更に15分以上待たされようやく!結局、その便が欠航になるかどうかはHPで確かめるようにとのことで、またHPと睨めっこ。でも全部英語なんです~(泣)。辞書片手に必死に訳していますが、難しい・・・。こういう大事なことを、何故日本のHPに和訳して載せてくれないのか!不親切!!

今現在の最新情報によると、母が乗る予定の便フィレンツェ→チューリッヒは欠航。でもチューリッヒ→成田は欠航とはなっていません。
明日(20日)の10時からフライトを再開させるとかで、母のチケットはちょうどその狭間にあるのです。。
欠航便の分はチケットを無料で再予約できるようだけど(←私のこの解釈合ってるか不安。。)、もし予定通り飛行機が飛ぶのに乗れない場合どうなるの???新たなチケットは自腹で購入??
きっと今再予約したい人がたくさんいるだろうから、チケット取るのも大変そう。取れたとしても、相当先になってしまうだろう・・・とか色々考えてしまいます。
「いつまでもこっちにいる訳にはいかない」と、不安&不満を口にしている母を横に、私も一日中このことが頭から離れません。

でも、空港で足止めされてしまった人たちもいるのだから、ここに居ることが出来る母は運がよかった、不幸中の幸いです。泊まる所や食事の心配がいらないし、ネットも電話も使いたい時に使える。空港やホテルでなかなか情報も得られず不安な時間を過ごしている人たちのことを思うと気の毒でなりません。

日本時間の9時にコールセンターが開くので、母のチケットがどうなるのか問い合わせてみようと思います。そうしないと気になって眠れそうもないので・・・。

[PR]
ここ数日は航空券のことばかり考えていてモヤモヤしていましたが、ようやく予約の電話をしました。

航空会社はJALに決めたのですが、出発日に最後まで悩んでいて・・・
去年は11月頭の帰国で飛行機には空きがあったからよかった(隣を開けてもらえた)けれど、冬本番を日本で迎えたので家の中にいることも多く(そのうちインフルエンザも流行ってくるし。。)最後のほうは私が結構うんざり気味。。なので今回はまだ気候がいいうちに帰国したいと思って9月中旬以降を考えていたんです。ところが9月下旬の日本は連休があったり、10月にはサーチャージが復活・・・ってことは9月は旅人多し?などと気になることがいくつかあって、ずっと考えていました(考えててもしょうがないんですけどね)。
で、今日、いつまでも悩んでいても仕方ないので、バシッと決めました。というか、「11月24日のジョヴァンナ(友人)の誕生日までに帰ってくるようにすれば?」とのアルビーの一言があって、じゃあ早めに行って予定してた日より早めに帰ってこよう、となった訳です。要は、何かきっかけが欲しかったんですね。9月半ばの出発に決定~。
ミラノには親切なJAL職員がいるそうなので、当日はその人に当りますように、そしてバシネットを貸してもらえますように(プラス隣も開けてもらえたら言うことナシ!笑)と祈るばかりです。

やっぱり困った時は経験者の皆さんに聞くのが一番ですね~。ありがとうございました。予約してとりあえず少し落ち着きました。

あとひと月半ぐらいで日本にいると思うと不思議な感じです。なんだか「日本=現実に戻る」みたいな気がまだしてしまいます。こっちに来て1年8か月ぐらい。まだここでの生活がちょっと夢のような感じです(笑)。のほほんとしすぎですね!

[PR]
9月中旬~10月頭出発で、里帰りを検討中。今航空券をあれこれ調べています。
去年もそうだったんですけど、小さな子供がいると色々なことを考慮しなければならなくて、料金・乗換空港・乗り換え時間・飛行機の中でのこと等々考えてると頭が痛くなります。。

うちの場合まず一番大事なのが料金で、それに伴ってモモの座席のことを考えなくてはならなくて・・・今見ている航空会社のバシネットは体重10kgまで。最近測ってないけれど、今現在恐らく11kgぐらいはあると思うのでやっぱりダメかな~。(誤魔化しがきくかしら?!笑)バシネットがあったところで、そこで寝てくれるかは怪しいんですけどね。どちらにしても座席一つではキビシイものがあります。。
おまけに普段から家でも常に歩き回ってるし、抱っこ嫌い、寝る時も添い寝orベビーベッドに放置。とにかく一人自由奔放にいるのが好きな子なので、飛行機の中で動き回ること間違いなしなのです(泣)。
経済的な理由でできればモモの座席は取りたくないのだけれど、もし満席だったりしたらそれこそ最悪・・・無理してでも座席取ったほうがいいのかしら。あぁ、どうしよう~!!

さっきアルビーに話してみたら、「自分は一日ぐらい寝なかったり何も食べなくても平気だけど、人それぞれだからね」って言われて、カチンときました。
それって、何が言いたいの?飛行機に乗ってる十数時間ぐらい我慢できるはず、と私に言いたいのかしら?一人でただ飛行機に乗ってるのと子連れとでは大違いなんですけど!(怒)

ってな感じで、頭から湯気が出気味です(苦笑)。

帰国時、モモは1歳5~6カ月。そのぐらいのときに子連れで帰国された方、活発な子供を連れてのフライトを経験された方などいらっしゃいましたら、是非意見をお聞かせください~!!aiuto~!

[PR]
・・・それは、私のことです。

イタリア人は道端で友達と会えば次から次から会話が弾み、冗談も多々交えながら楽しそうにお喋りしています。街を歩いているとあっちでもこっちでもそんな光景。
アルビーとチェントロなんかを歩いていると、必ずと言っていいほど彼の友人に遭遇しお喋りが始まったりします。子供が生まれてからはその数も減りましたが(「チャオ!」だけで終わったり、モモが泣きだしてバイバイになったり)、以前は20~30分も立ち話することがあったので言葉のわからない私にとっては苦痛以外の何ものでもありませんでした。方言で話された時には完全にアウト。そういえば妊娠中も寒い中待たされたりしていたっけ。。
とにかく、皆お喋り好き&お喋り・冗談上手なのです。

昔から冗談の通じない私。変に真面目なので、バカにされてるような気持ちになってしまうんですね。うちは冗談言い合うような家庭ではなかったから慣れていないというか。。
で、そんな私がイタリアに住むことになり、しかも自分の勉強不足もあったりで未だ日常会話すら儘ならない状態。アルビーの言うことはだいたい解っているつもりだけれど、やっぱり理解できないことも多くて知らず知らずのうちに相当ストレスが蓄積されているようなのです。(以前はそのストレスを肌で感じていたけれどこの頃マヒしてる感じ)

そんな中、アルビーが言う冗談が、私の心に追い打ちをかけるときがあります。
一番頭に来るのが口にする冗談ではなく、物を投げたりする冗談。カチンときてしまうんです。
昨日もそういうことがあったので「no---!!」というと、「けっ、本当に冗談の通じないやつだ!」みたいなことを逆に言われてしまいって、眠れないイライラとか心のモヤモヤと重なってとうとう発狂してしまいました。
ベットに突っ伏して散々わめきました。子供がそばにいるのに。。
アルビー、本当は自分のしてしまったことを恥ずかしく思っていて気まずくなってあんな態度をとってしまったようで、あとで謝っていました。
もう、情けなくて、自分の幼稚さに、心の狭さに腹が立って仕方ありません。気持ちにもっと余裕があれば、こんなことにならずに「そういう冗談は嫌いだからやめて」、で済んだのに。

アルビーも日頃から彼の冗談に「no」と言い続ける私にウンザリだったのでしょう。
でも、やっていいことと悪いことってありますよね。

[PR]
昨日の夜出かけて帰りが遅く疲れていたので、昼食後ものすごく眠くなってしまいました。(夜モモがよく眠るので睡眠時間は十分なはずなのに毎晩のようにリアルな夢を見てしまって、いつも眠いのですが・・・。)そんな私を見て今日休みだったアルビーがモモを外に連れ出してくれました。なので少し昼寝をすることに。
二人が帰って来てもしばらく眠っていたようで、アルビーがベッドにやってきてモモを私の上にのせました。すると香水の匂いがプ~ン。「うわ、まただ!」私はこれがたまらなく嫌なのです。馴染みのバルに行ってコーヒーを一杯、その間そこの奥さんがモモを抱っこしていたのだと。アルビーと奥さんのことを言いたいのではなく、ただ単に、モモに香水の匂いがつくことが不愉快。特に私が一緒でないときは誰に抱かれたかわからないので、その匂いをかぐととても嫌な気分になります。元々私は鼻が利き、香水の香りには特に弱くてひどい時には吐き気がしてしまいます。
そんなこともあり、まだお風呂に入れていなかったので洗い流そうと思ってすぐに支度をしました。ところが念入りに洗ったのに、香水の匂いはなかなかとれません。
仕方がないと思いながらその後アルビーの友人宅へ。そしたらまたしてもそこの奥さん、香水プンプン(泣)。その場にいるだけで気持ち悪くなり、しかも彼女がずっと抱いていたのでモモにバッチリ匂いがついてしまいました。
みんなモモを可愛がってくれているのだし(まぁ、そうでなくても)、「抱かないで」とは言えませんよね。
まだモモが1~2か月のときは、香水に関係なく、他の人に抱かれるのが本当に嫌でした。(こういうお母さん、結構いらっしゃるのではないでしょうか)その馴染みのバルは彼の生まれ育った町にあり、そこに集まる人たちは皆素朴で分け隔てなく、彼にとっては親戚のような存在。モモのことを喜び当り前のように抱くのです。私自身が方言を喋る彼らに馴染めないでいるので余計に色々感じてしまうのかもしれませんが。。今はだいぶ慣れましたが、モモの手を触られたり顔にキスされたりするのは未だに気分が悪いです。「もうちょっと考えてよ!」と言いたい。

こんな感じで、今日はモモを抱く度に香水の匂いがしてうんざりでした。


ちょっと気分を変えて・・・
[PR]